タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (90)
食べ飲みした店 (884)
東京都千代田区 (17)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (6)
東京都新宿区 (20)
東京都台東区 (18)
東京都墨田区 (3)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (8)
東京都北区 (10)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (45)
大阪市都島区 (11)
大阪市福島区 (9)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (37)
大阪市西区 (5)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (18)
大阪市淀川区 (16)
大阪市東淀川区 (3)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (199)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

店内エリアも客層もゾーニングされてて面白い酒屋で角打ち「丸允酒店 」福岡市東区箱崎

箱崎の「業務スーパー」に買い物に行った際、近くに角打ちできる酒屋が二軒あると確認し、うち一軒「上滝酒店」に立ち寄って飲んだ。
もう一軒は、次の楽しみにとっておこうと思って、次の週に立ち寄った。

丸允酒店


それがこちら、「丸允酒店 」。
うっかり“まるみつ”かなって思っちゃったけど“まるよし”ね。

丸允酒店丸允酒店

角打ちできるって、しっかりアピールされてるから入りやすくて助かるわ。
そして、入り口が二つあるのが見て取れて、なるほど小売りのスペースと角打ちエリアが分かれているんだな。
店の前に立って左手が角打ちの入り口、右手が小売りか。

丸允酒店

小売りの入り口のほうもチラリと覗いてみたが、こっち側でも飲んでそうに見えるが? とは思いつつ、素直に左手の入り口から入ってみた。

丸允酒店丸允酒店

正しく角打ちだなぁという店内。
カウンターに立つと“お燗マシーン”が堂々と設置されている様子が楽しい。
店内のテレビでは競艇のレース中継……これは東区の角打ちできる酒屋のデフォルトなのか(「上滝酒店」でも、そうだった)。

丸允酒店

まず、缶ビール。
角打ちエリアと小売りのスペースは店内で繋がっているので、冷蔵ショーケースを覗きに行ってセレクト。
会計は都度払いでなく後でまとめて。

けっこう歳を召しておいでのオイサンが、キビキビと角打ちを仕切る。
ここは乾きものだけでなく調理したアテがあるので、それらの注文に応えたり皿を洗ったり酒を出したりと忙しい。
なんか冷奴でももらおうかなと思ったが、おでん鍋が目にはいった。
もう季節的に、おでん食いたい気分でもないが……なんだか美味しそうに見えたんだなぁ。

丸允酒店

大根、厚揚げ。
しっかりした味のある、それでいて煮込まれて過ぎてなんかいない、良いおでんだった。
うん、おでんをアテにポン酒いっとこう。

丸允酒店

売り場にビールを選びに行った際に確認したが、そちらにも簡易テーブルと椅子で飲んでる客があった。
角打ちエリアの客は、おそらく皆が配送業か港湾労働者かなと思われ、そして全員が顔見知りのようだった。
小売りスペースの客は、スーツを着たサラリーマンたちだった。
ゾーニングされてて面白いなと思ったな、空間と客層が、それぞれ隔てられてて。

俺はどっちかというとブルーカラーのほうにシンパシーを感じるが、かといってやってる仕事はホワイトカラー寄りではあるし、さりとてサラリーマンではない。
どっちのゾーンにも入れないような社会的立ち位置である自分も、まぁ面白いのかもしれない。

角打ちできあるのは17時から。
昼間も飲めればいいのになぁと思うけど、しかしなんだか良い店だった。

↓「食べログ」での店舗情報

丸允酒店立ち飲み居酒屋・バー / 箱崎駅箱崎宮前駅箱崎九大前駅

福岡【飲み屋・居酒屋】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

オッチャンたちの駄菓子屋ってな空気を感じつつ角打ち「上滝酒店」福岡市東区箱崎

箱崎の「業務スーパー」に買い物に行った際に、そういえばこの辺りに角打ちできる酒屋があるんじゃなかったっけと思い出した。
以前、角打ちできそうな県内の酒屋を、ネットで拾った断片情報をもとにリストアップしたことがある。
箱崎駅から歩いてすぐに、確かあったよな。

上滝酒店

あった、「上滝酒店」。
駅から300m(GoogleMaps調べ)、「業務スーパー」から歩いてすぐ。

上滝酒店

何時から開いてて何曜に休かといった情報は拾えてなかったのだが、土曜の16時台、営業中の模様。
こういう酒屋については基本的な店舗情報がネット上で得られないことが珍しくなく、行ってみたら廃業してたり業態を変えてたりすることも少なくないので、開いてて良かった。

店に入ると、既に何人ものオッチャンがいて盛況だった。
年季の入った角打ちカウンター前にたむろして、何かの話題で盛り上がっているようだった。
カウンターの端に立ち、キリンラガー缶を飲む。

上滝酒店

お歳を召した女将さんに都度払いですかと訊くと、後でいいとのこと。
カウンターの向こうにレースのカーテンが下がっいて、その奥は住居なんだろうか。

上滝酒店

しかし、オッチャンたちは、一様にカーテンの奥に視線を向けていた。
なんでだろ、と思ってそちらを覗いてみると、テレビが置いてあってケーブルテレビだかCSだかの競艇のレース中継が流れていた。
なるほど、競艇で盛り上がってたわけか。

上滝酒店

角打ちカウンターは逆L字形で、そこそこの人数が立ち並べそうだったが、テレビが見えないサイドに立つ人はいなかった。
一方、店の奥にはテーブル席もあった。

上滝酒店

そこでは、かなりキャリアの長い常連と思われるオッチャン数人が牢名主のように飲んだくれていた。
が、競艇がメインレースになったようでテレビを見てた客に声をかけられて、一斉にカウンターのほうへ移動した。
上の画像は移動のあと。

ここまで読んでもらうと、競艇クレイジーのオッチャンがたむろする無法の世界をイメージしちゃうかもしれないね。
でも意外と、オッチャンたちはフレンドリーだった。
店に足を踏み入れてまず、ここって角打ちできるんですねと手近なオッチャンに声をかけると、笑顔で応えてくれた。
他のオッチャンも軽く会釈をすると返してくれたし、タバコが喫えるか訊くと灰皿の置いてある場所を示してくれた。

なんというか、暗さがない。
ギャンブル狂いの飲んだくれの世界とは違う……そうだな駄菓子屋にたむろする子供がテレビマンガに熱中するかのように、酒を飲みながら競艇の中継を楽しんでたって感じだな。

上滝酒店

ちなみに店内に獣がウロチョロしていた。
賑やかで、獣も嬉しかろう。

↓「食べログ」での店舗情報

上滝酒店その他 / 箱崎駅箱崎九大前駅箱崎宮前駅

福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

企業系チェーン店だけど俺はけっこう好きだよ「や台ずし 箱崎駅前」福岡市東区箱崎

チェーン展開の企業系だが、俺は庶民寿司屋として評価してるよ。
居酒屋業態「ニパチ」って“なんでも280円”を売りにしてる店は、お通しも280円かよ! しかも280円つっても税別かよ! って少しも評価してないんだが、その「ニパチ」などを運営する「株式会社ヨシックス」の寿司業態「や台すし」は、けっこう好きだよ。

や台ずし 箱崎駅前

「や台ずし 箱崎駅前」へ。
福岡市に9軒の店舗があるようで、その中で駅から近そうなのが、この店だった。
実際、JR箱崎駅を出てスグってロケーションだから、行きやすいね。

16時の開店から19時まではタイムサービスで酒が半額だから、その時間帯に行くという選択しかない。
ジャスト16時に訪ねたら、すでに先客があったのでなんだか笑っちゃうね。

や台ずし 箱崎駅前や台ずし 箱崎駅前

さっそく浅ましく半額で飲める酒のチェック。
ビールはファッキンスーパードライなのが残念だが、まぁ半額なら飲んでやらんこともない。
どうせすぐ、アテを楽しむためポン酒にシフトする。
だからまず、ポン酒に合いそうなアテを注文。

や台ずし 箱崎駅前や台ずし 箱崎駅前

クリームチーズやっこ風219円(+Tax)、鰆西京焼き499円(+Tax)。
居酒屋メニューがそこそこ揃って、アイテムに見合った価格設定がされている。
クリームチーズやっこ風が280円(+Tax)だったら納得できないし、鰆西京焼き499円(+Tax)は高いと思わないってことだよ、だから「ニパチ」の方針を見直したらどうなんだ株式会社ヨシックス。

や台ずし 箱崎駅前

値段を忘れたが、キビナゴの天ぷらも良かったな。

や台ずし 箱崎駅前

広めのカウンター席のほか、いい感じに囲われたテーブルもそこそこ席数があって、ちらほらと寛げる密度で客が入っている。
まだ明るい時間帯に、混みすぎず閑古鳥でもないという店内で酒を飲むのは、和む。

いい具合にポン酒を何度かおかわりして、締めに寿司つまもう。

や台ずし 箱崎駅前

うめしそ159円(+Tax)、うなきゅう円199(+Tax)など、細巻き(+100円)で。
俺は寿司屋の細巻きが好きで、たとえ手巻きより高くなろうと細巻きを食う。
素人にも作れそうな手巻きだと、寿司屋って気分が削がれるので嫌いなんだ。

お手軽に飲み食いして満足した。
やはり俺は「や台すし」好きだな。
低価格居酒屋の空気でも、ちゃんと寿司屋って気分はあるのがいいな。

福岡市内の他の店舗にも行ってみたくなるね。

↓「食べログ」での店舗情報

や台ずし 箱崎駅前寿司 / 箱崎駅箱崎九大前駅箱崎宮前駅

福岡【飲み屋・居酒屋】【寿司】

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

異色だが角打ちのできる酒屋には違いないし面白いよ「あんくるふじや香椎店」福岡市東区香椎

酒のディスカウントストアの店内で飲めるよって店が香椎にあると、知ってはいたがなかなか香椎に足を運ぶ機会がなかったんだけど、ようやく立ち寄ることができた。

あんくるふじや香椎店あんくるふじや香椎店

西鉄香椎駅のすぐそば、「あんくるふじや香椎店」。
ディスカウントストアって郊外とかにしかない印象だが、ここは駅から近くて助かるよ、わざわざ行ってみようと思っちゃう俺みたいな奴にとって。

あんくるふじや香椎店

それにしても「あんくるふじや」って、ぜんぜん馴染みがないんで個人経営なのかしらと思ったが、ググったら西鉄の系列で、そこそこ店舗数もあるんだねぇ。
俺は今まで福岡で3回転居してるが、どこでも見かけたことも聞いたこともなかったよ。

あんくるふじや香椎店

店頭は普通にディスカウントストアとかスーパーみたいだが、立ち飲みカウンターの存在が見てとれる。
なんか妙にワクワクする。

店に入って3秒で角打ちコーナーって感じだ。
カウンター周りは立ち飲みで、そこを本島として周囲に小島のように立ち飲み席があり、本島の奥に座って飲めるエリアもある。

あんくるふじや香椎店

カウンターでビールを注文、こちらは生ビールが何種類か選べるんだな。
角打ちなら瓶ビールか缶ビールを選ぶところだが、せっかくなのでレーベンブロイの生250円也。

あんくるふじや香椎店

ところで、店舗はそこそこ広い。
角打ちコーナーはその一角に過ぎず、他の面積は小売のスペースだ。

あんくるふじや香椎店

ざっくり、「やまや」みたいな感じ、って伝わるかな。
今になって思えば、売り場でいろいろ物色してから酒のアテにすれば良かった。
でも入り口から立ち飲みカウンターが見えちゃった時点で、もう飲むことしか頭になかったのよね。

店舗のリストを見ると、あちこちにあるんだなぁという印象。
だが角打ちできるのは、どうやら香椎だけらしい。

異色の、角打ちできる酒屋って感じだね。
面白いね。
こういう業態、もっと増えたら楽しいね。

↓「食べログ」での店舗情報

あんくるふじや 香椎店その他 / 西鉄香椎駅香椎駅香椎宮前駅

福岡【角打ち】【立ち飲み】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

屋号に“酒店”とあるが酒屋じゃないよラーメン居酒屋だよ「吉村酒店」福岡市東区馬出

吉塚駅っていうJRの駅は博多駅の隣なので、なんとなく博多区かなって思ってた。
東区なんだねぇ(地理的認識能力が低いなぁ俺)。

吉塚駅を出たところに気になる飲み屋がある、という情報を友人から得ていた。
なんか、ラーメン居酒屋のようで、センベロセットなるものがあり、なかなかいいかも、といった情報だった。
なるほど、気になる。

吉村酒店

ああ、あれだな。
西口を出て少し歩くと、大きな通りの向こうに目的の店であろうものが見えた。

吉村酒店

「吉村酒店」という店だ。
屋号に“酒店”とあるが酒屋ではぜんぜんなくて、住居の一階を店舗にしたような居酒屋のようなラーメン屋のような……なんかよくわからんような立て看板やノボリやら提灯やら写真やら無駄に情報量が多いけど結局なんだかよくわからんような店だ。

とにかくセンベロセットなるものは確かに存在するようなので店に入る。
さっそくセットの概要を店員さんに訊く。

吉村酒店

ドリンク3杯+おつまみ3品で1,000円税込。
税込って偉い。
さらに詳しい説明としてドリンクの選択肢は角ハイボール・チューハイ・焼酎・日本酒、生ビールはプラス200円/1杯、おつまみの選択権はなく、入店から1時間のリミットを超えたら追加注文が課せられる、とのこと。
ふむふむ、と諸々了解してセットを注文した。

吉村酒店

酒は角ハイボールにした。
普通においしいです。

吉村酒店

第1のおつまみ。
これは、お通しだね。
そういう説明も事前にあったのである、お通し含めてトータル3品のおつまみを出すと。
よし、では第2のおつまみは。
第2のおつまみは……あれ?
しばらく、来なかった。
土曜の17時台、俺のあとに何組か客があって注文が集中したかもしれないが、しばらく待ったなぁ。

吉村酒店

第2のおつまみは、えのきバターだった。
最初の角ハイボールを撮った写真のタイムスタンプを見ると17:17、えのきバターは17:35、その差18分。
体感では20分以上、次が来ねぇなぁと待ったという印象が残っている。

おつまみの選択権は客になく店のおまかせなんだから、もっとチャチャっと出せるものを出せばいいんじゃ? と思った。
と言うか、チャチャっと料理を出してしまってササっと食っちゃって物足りなくなって追加注文をしたくなる、みたいな流れを作るほうが商売的に良いんじゃない? って思った。

次々におつまみが来るからグビグビ飲んじゃって、もう規定の3杯を超えるがドリンク追加注文すっか、つまみも追加すっか、よし飲んだし食ったしラーメン居酒屋みただしラーメンで締めるか、みたいな流れを作ったほうが良くない?

第3のおつまみはメンチカツだった。

吉村酒店

タイムスタンプ18:01、えのきバターから26分。
こういうペースだから、角ハイボールをおかわりするペースも鈍ってしまう、次の料理が来るまでチビチビ舐めて間を持たせようと思ってしまう……あ? もしかして、料理の提供を遅くすることでドリンクの超過注文を誘ってるわけ?
もしそうだとしたら、逆効果だと俺は思うけどなぁ。
次々に料理が出るほうがグビグビと酒を飲んじゃって調子にのって追加オーダーして調子にのってラーメンまで食っちゃうと思うんだけど。

それはそれとして、えのきバターはうまかったけど、メンチカツはおいしくなかった。
なんか、食感はねっとりして味は眠かった。
揚げ物がおいしくないって、あんまりないことだと思うわ。

とまぁ、そんなこんなで、これはちょっと残念な店だったなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

吉村酒店居酒屋 / 吉塚駅馬出九大病院前駅千代県庁口駅

福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement