タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (707)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (7)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市浪速区 (7)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (103)
福岡市中央区 (179)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (18)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

じっくり腰を落ち着けない良さがあるんだね上野「肉の大山」

うっかり深夜に栃木県まで行っちゃって、なんとか始発まで頑張って酒を飲んで過ごしました。

宇都宮駅

ところで栃木のほうの電車って、自分でドアを開けて降りるのですね。
こんなの初めて。

宇都宮駅

そんなこんなで上野のホテルに朝6時台に辿り着いて、寝た。
連泊だと妙な時間帯に寝れるから助かる。

さて14時過ぎに活動開始、「肉の大山」へ。

肉の大山:外観

肉屋さんがやっていて店頭で揚げものの小売りもやっているが、買ったものをアテに酒も飲めるよという店。
この店のことは知っていて、でもそれほど行くつもりはなかったんだけど、御徒町の角打ちできる酒屋「上野萬屋酒舗」の常連さんがオススメしてくれていたので行ってみようと思ったのです。

肉の大山:外観

まー、並んでるわ。
この様子に、やっぱ帰ろうかなと思ってしまった堪え性のない俺。
しかし並んでる先に、揚げものたちが陳列されてるショーケースが垣間見えて、うまそうだなと俺もちょっと我慢して並んでみた。

肉の大山:外観

列の先で注文する人たちの様子を窺っていると、やみつきメンチというものが人気のようだった。
また、揚げものオーダーと同時に飲みものも注文しないと飲みものにありつけないようだ、と判った。
そしてまた行列の右手に立ち飲みカウンターがあるが狭く、さらに奥にも立ち飲みスペースがあるっぽいのだが、行列の脇を擦り抜けて奥まで行くのは大変そうだし奥から出てくるのも大変そうに思えた。
そんなことを思っていたら、すぐに俺の順番がきて、そんなに待たずに注文できた。

肉の大山:酒

やみつきメンチ120円也と、ハイボール。
品物を受け取って、店先のオープンエアな立ち飲みスペースに場所を確保できた。

うん、メンチカツうめぇー。
サクサク感、ジュワっと感、適度に酒に合う味付け。

肉の大山:料理

ボケボケの画像で恐縮だが、メンチカツは良い具合の大きさ、ちょうどハイボール1杯飲み干す頃に食い終わる。
メンチかじってハイボールごくごく、フラリと買い食いって程度の短い時間の楽しさ。

うん、いいよね。
こういうの、ちょっと道草ってな感じの楽しさがある。
まぁ俺は飲み始めるとハシゴかけちゃうダメな酒飲みだからアレだけど、ほんのちょっとひっかけるくらいでも満足できる人には、この店だけで充分に楽しいだろうね。
ま、ハシゴ酒の初っ端にエンジンに火を入れるためにもいいだろうし、ハシゴ酒の途中のインターミッションにもいいかもしれないし、ハシゴ酒の最後の〆にも……いやまぁ、どう楽しんでもいいわな。
立ち寄ってみて、やっぱ良かったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

肉の大山コロッケ・フライ / 京成上野駅上野御徒町駅御徒町駅

東京【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【立ち飲み】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

御徒町駅すぐそば「まきしま酒店」で角打ちの風情を味わった

台東区上野、駅でいうと御徒町辺り。
ここらは角打ちできる酒屋が密集してるようなので、酒屋巡りをしに訪れたのです。
最初に新御徒町に近い「上野萬屋酒舗」、次に「兼古酒店」と巡り、さらに蔵前の方へ流れたかったのだが新橋で旧知の友人にお会いする約束がこの後あるので、移動を考慮して御徒町駅のほうへ戻った。

御徒町駅至近の「まきしま酒店」。

まきしま酒店:外観

素っ気なくも、渋い看板だね。
パッと見、角打ちできそうだという判断はつかない外観とも感じる。

まきしま酒店:外観

だが入り口に地酒が飲めるよって貼紙があるので、ああ飲めるんだなと安心して店内へ。
俺が立ち寄ったのは金曜の17時時になろうかとする時間帯、先客はなく店内は静かだった。

壁に作り付けられた木製の棚に酒がずらっと陳列されている店内は、昔からやってる酒屋だなぁって感じに時の流れが沁み入っている様子。
女将さんが、静かに迎えてくれた。

表の貼紙に地酒が飲めると書いてあったから、やはりポン酒を飲みたいところだ。
新潟県の「菊水酒造」の、秋冬限定という「にごり酒 五郎八」を勧めてくれて、それを一杯。

まきしま酒店:酒まきしま酒店:酒

うまい。
まぁ俺もミーハーなもので、限定とかって、殊更にうまいって感じるってのもあるが。
いやうまかったよ。

じっくりと風情を味わいつつ他にも一杯くらいポン酒を味わいたい、と思ったが、移動の時間が迫っていた。
残念ながら、ちょっと立ち寄った程度で、おいとま。
ま、角打ちだからねぇ、そんなに長居せんでもいいんだよ。
とはいえ、もうちょっと居たかったなと思いつつ、撤収。

またの機会に、ふらっと立ち寄りたいなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

まきしま酒店立ち飲み居酒屋・バー / 御徒町駅仲御徒町駅上野御徒町駅

東京【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【立ち飲み】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

新御徒町駅最寄り「兼古酒店」は地域の人の生活と繋がった酒屋と感じた

御徒町酒屋巡り、その2軒目。
新御徒町駅の至近ながら落ち着いた通りに、ひっそりと「兼古酒店」。

兼古酒店:外観

角打ちができるようだと事前に情報を拾っていたわけだが、それがなければ外観からは飲めるかどうか判らないな。
と思ったが、店先から中を窺うとカウンターが見えた。

兼古酒店:外観

事前情報がなくっても、カウンターが誂えてあれば飲めそうな判断基準になるので、そう躊躇せず入れるのよね。
常連さんらしき、というか近所の常連に違いないという何人かが先客として角打っていた。
安心して俺もカウンターの空いたスペースにお邪魔し、先客の会話を小耳に挟んでみる。
あら、赤霧島がどうの、という話題で、九州の乙類焼酎って本当に全国区で好まれてるのねって実感する。
ほんの10数年前は、関東の人間は甲類焼酎に胡瓜をいれて飲む人々だと認識してたんだけどね。
ま、どっちにしろ俺は焼酎には興味はないんだけどね。

兼古酒店:店内

上品で愛想の良い女将さんに、関東の日本酒は飲めますかと訊いてみた。
関東ではなく北陸、新潟県の「極上吉乃川」をお勧めしてるんですとのことで、ではそれを。

兼古酒店:酒兼古酒店:酒

一杯350円、美味しくいただきました。

先客の常連諸氏はサラリーマンという風ではなく、それは俺が立ち寄ったのが16時台で仕事帰りに一杯って時間帯じゃなかっただろうが、ご近所の人たちのようだった。
そして、角打ちをしに来たというのもあるだろうけど、酒の小売店として買いに来たついで、という感じ。
身近な個人商店を利用する、地域の繋がりみたいなものが垣間見えたな。
酒を買って、誰々さんに贈っといてという配送込みの注文とかしてたなぁ。
日常の中にある酒屋という感じで、良いなぁと感じた。
もっとも、家で飲む酒はディスカウントストアなどで買う俺には、良いなぁと感じる資格はないかもしれないんだが。

しばらくして店主が店に出て、ちょっとアウェイ感を感じてしまった。
女将さんや常連さんとは会話してたんだが、店主はちょっと会話できない余所よそしさを感じた……のだが、ただシャイなだけだったかもね。
ただ単に、怪しいオッサンだなスルーしとこ、と思われただけかもしれないけどね。

地域の生活に繋がってる酒屋って感じ、そういうのは、田舎よりむしろ都会で感じるものなんだなぁと思った。
田舎ほど、ショッピングモールでしか買い物しない風潮がある、ような気がする。
いや違うか、それは、中途半端な地方都市のケースかな。
都会と田舎じゃ、個人商店は生活の中にあるんだよね。

「兼古酒店」東京都台東区台東4-20-9

東京【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【立ち飲み】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)