タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (90)
食べ飲みした店 (885)
東京都千代田区 (17)
東京都中央区 (3)
東京都港区 (6)
東京都新宿区 (20)
東京都台東区 (18)
東京都墨田区 (3)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
東京都杉並区 (1)
東京都豊島区 (8)
東京都北区 (10)
東京都葛飾区 (3)
東京都江戸川区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市北区 (46)
大阪市都島区 (11)
大阪市福島区 (9)
大阪市此花区 (1)
大阪市中央区 (37)
大阪市西区 (5)
大阪市天王寺区 (7)
大阪市浪速区 (18)
大阪市淀川区 (16)
大阪市東淀川区 (3)
大阪市東成区 (3)
大阪市旭区 (1)
大阪市西成区 (14)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
兵庫県尼崎市 (5)
山口県下関市 (1)
北九州市門司区 (2)
北九州市小倉北区 (18)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (119)
福岡市中央区 (199)
福岡市南区 (7)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (21)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (7)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

ホテルのカフェで500円ランチ「cafe & Restaurant ADUSTAM」 大阪市中央区西心斎橋

<追記:2019年05月10日>
先日たまたま通りすがったら、もうランチ500円ではなくなっていた。
オープニング特別価格期間は終わったんだなぁ。

cafe & Restaurant ADUSTAM


<初回投稿2019年04月13日>
昼メシを求めて歩いていたら、立派な身なりの男性にランチいかがですかと声をかけられた。

cafe & Restaurant ADUSTAM

ホテルのランチ、500円、安いな。
なるほどホテルの従業員なのでキチンとした服装だったのか、なるほど「ニューオオサカホテル心斎橋」か、立派なホテルで500円のメシが食えるのか。

cafe & Restaurant ADUSTAM

メニューは5種類、それぞれ20食のみのようだが、声をかけられたんだからまだリミットに達してないんだろう。
ぜひ食べてみようと、店へ。

cafe & Restaurant ADUSTAMcafe & Restaurant ADUSTAM

天井の高いエントランスの奥に「cafe & Restaurant ADUSTAM」。
なんだか高級そうでドレスコードとかあるのかしらと一瞬思ったが、500円のランチを提供するんだから正装は必要あるまいとズカズカ入っていった。

cafe & Restaurant ADUSTAM

お洒落でゴージャスな店内だ。
スタッフもキチンとした服装で迎えてくれた。

でも、ここから先は庶民的だ。
食券を係に手渡して、半券をもってウォーターサーバから水を注ぎ、席で待つ。
番号を呼ばれて食事を受け取る。
ショッピングモールのフードコートみたいなシステムだ。
そもそも、店に入る前にホテル前で声かけをしていたスタッフから食券を買ってたしね。

cafe & Restaurant ADUSTAMcafe & Restaurant ADUSTAM

海軍カレイライス、サラダ付き。
なんで心斎橋で海軍カレーなんだと思いつつも、これで500円ってやっぱり安いな。
カレーは見た目よりスパイシーで、具材はゴロゴロでニンジンが目立つが肉もゴロゴロ。

提供のシステムがフードコートみたいだったので食べ終わったらセルフで食器を下げるのかなとカウンターに持って行ったら、そのまま席に残してて良かったらしい。

高級感のあるホテルで庶民的システムで安いランチ、とチグハグな感じなのが面白い。
面白いのはどうあれ、とにかく安く昼メシが食えるのは嬉しい。

ホテルとしては施設の昼の稼働率を上げてみようという試験的な試みなんだろうか、意欲的だと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

アダスタムスペイン料理 / 心斎橋駅四ツ橋駅西大橋駅

大阪【カフェ】

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

酒と一手間の料理と「日本酒と和み料理 あoい」大阪市中央区東心斎橋

心斎橋で飲んでいて、その店の人に2軒目にどうですかと紹介されて。

日本酒と和み料理 あoい日本酒と和み料理 あoい

東心斎橋の「日本酒と和み料理 あoい」という店で、そんなに目立つ感じではないから通りすがりにフラっと寄ったりはしないのかもしれない。
コンパクトな店でカウンター席主体で。

日本酒と和み料理 あoい

フロアの冷蔵ショーケースに日本酒が何種類かあって、それは店主のセレクトのようであった。
伝説の◯◯とか激レアの◯◯とかじゃなく、そのときどきで店主が“いいな”と思った酒がセレクトされているよう。

日本酒と和み料理 あoい

これは日本酒を飲む店だな、と思った。
酒に合うアテもある。
店を一人で切り盛りする女性店主は、料理はそれほどでもないと謙遜していたが、どれも“一手間”を感じて良かった。

日本酒と和み料理 あoい

一手間というのは皿へのの盛り付けだったりするし、客の要望を叶えることだったり。

日本酒と和み料理 あoい

また一手間というのは料理の出来上がりを彩るための具材の選び方だったりか。

だいたい何を注文しても美味しかったし、酒に合った。
そういう意味でも、いい感じにコンパクトな店であることもタバコを喫えることも良かった。

良い店だなと思った、店主が魅力的だったしね。

↓「食べログ」での店舗情報

日本酒と和み料理 あoい居酒屋 / 長堀橋駅日本橋駅近鉄日本橋駅

大阪【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

【移転】歩いていたら素敵な看板に惹かれて巡り合った飲み屋「RETRO BAR レト」大阪市中央区東心斎橋

<追記:2019年05月02日>
移転していた。

RETRO BAR レト

初めて訪れて以降、この店には何度か行ってたんだが、あるときから開いてないことが多いなと感じていた。
やがて移転したんだということを、たまたま知った。

RETRO BAR レトRETRO BAR レト

元の場所から遠くない、ビルの2階になった。
スナックなどが入る雑居ビルかな、ちょっとロケーション的に以前のように、通りすがりに気になってという感じではなくなったね。

RETRO BAR レトRETRO BAR レト

店内はスナック居抜きという様子。
とにあくビールを一本。
瓶ビールへのこだわりがアピールされていて、良い。

さて移転しても「レト」は「レト」だが、女性店主は不在だ。
事情により、現在はたまにしか店に出ない状態となっている。

RETRO BAR レト

また、事情により禁煙となっている。
納得できる事情により、許容できるし、店主不在のときは喫える。

店を閉めたのではなく、移転でよかった。

<初回投稿:2018年01月20日>
友人の最近のお気に入りの場所であり、静かに人気スポットになりつつあるらしい空掘商店街を歩いてみた。
大阪で商店街といえば天満のアーケードだが、あんなに長くて賑やかにケイオスなものではなくコンパクトで地味な印象の商店街だ。
昭和の時代から変わらない個人経営の文具屋とか道具屋などが並ぶ味わいのある通り……なんだけど、夜はそういう店は閉まっているから風情は十分には味わえなかったのではある。

空堀商店街で立ち寄りたい飲み屋があったが満席で諦めたり、立ち寄りたいカレー屋があったが閉店時刻間際で諦めたり、そうしてなにか面白そうな店はないかと眺めて廻るうちに東心斎橋あたりまで来てしまった。

RETRO BAR レト

惹きつける看板に目が止まった。
鮮やかな赤を配色した、昭和劇画調の女性のイラストが描かれた看板の「レト」という店。
その看板だけでもう、入ってみようと思った。

RETRO BAR レト

さらに、駄目押しに、店先にはプリンスのポスターが貼ってあり“安全地帯とプリンスが大好き”なんてメッセージも掲げられている。
なんだそりゃ、安全地帯とプリンスってどういう組み合わせだよ……それに新宿ゴールデン街で見かけるような看板と、いろいろな要素が相互に融和することなく闇鍋のようにブチ込まれていて……楽しそう。

これはもうどんなクセの強い店主がやってる店だろうかと、心の準備をしてからドアを開いた。
迎えてくれたのは、穏やかに明るい女性だった。

RETRO BAR レト

まずはバス・ペールエール、チャームに乾きもの。
昭和を引きずったオッサンが店主かと予想したら、予想外に店の人は女性だったのでマスターが来るまで一人で店を開けてるスタッフです、かと思ったが女性が店主だった。
俺みたいな歳のオッサンからしたら、女の子って頃の女性。

看板のイラストのことを言うと、上村一夫タッチで書いてもらったものだとのことで、なるほど「同棲時代」などで有名な昭和の劇画家(独特の美人画テイストで人気)の筆致が思い浮かぶ。
プリンス好きとのことだったが、店内のBGMは昭和の邦楽だったが、お願いしてプリンスの曲をかけてもらった。

RETRO BAR レト

なんやかやと話の相手をしてもらいながらジェムソンを2杯ほど飲んだか。
良いなと思ったのは、この店の昭和風味が作為的なもので終わらず、マッチがおいてあることだ。

RETRO BAR レト

飲み屋にマッチがあるというのは、飛行機で訪れた街ではとても助かる。
というのは、俺はZippoのオイルライターを常用しているのだが、それの補充用オイルは手荷物で機内に持ち込めないから他の街に持っていけないのだ。
だから滞在が長いときライターのオイルが切れるのが不安になるから、行った先でマッチがあるのは有難いのだ……いやそれは100円ライターとかでもいいのだけど。
マッチというのは、格別だ。

RETRO BAR レトRETRO BAR レト

空堀商店街にある、彼女オススメのお好み焼き屋なんか教えてもらったな。
そこの屋号を聞いて、ああ確かに通りすがりにあったなと思い出し、今度はそこに立ち寄ってみようと思った。

そんなこんなで、いろいろな面で素敵な飲み屋だった。
店主も素敵だった。
許可を得て写真を撮ったが、酔いのせいか残念ながらボケボケだ。

RETRO BAR レト

マッチだが、カウンターに誰でも使えるものが用意されていて、それとは別に店のマッチが誂えてある。
店オリジナルのマッチを作るって、今どき珍しくって素敵だな。

RETRO BAR レトRETRO BAR レト

この店には、きっとまた立ち寄ろうと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

レトロバー レト和食(その他) / 長堀橋駅心斎橋駅日本橋駅

大阪【飲み屋・居酒屋】【バー】

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

久しぶりのロッテリア「ロッテリア クリスタ長堀店」大阪市中央区南船場

リブサンドポークが気になって「ロッテリア クリスタ長堀店」。

ロッテリア クリスタ長堀店ロッテリア クリスタ長堀店

懐かしいなぁ、また復活してたのかぁ、そしてまた消えるのかぁ。
このリブサンドポークって、引退しては復帰してまた引退を繰り返す某プロレスラーみたいだなぁ。

ロッテリア クリスタ長堀店

ところでこちらの店舗、喫煙席があるんだね。
ファストフードの店ってどこも今は完全禁煙かと思ってたが、「ロッテリア」には喫煙可の店舗があるってことか。
俺にとっては有り難いことだ。

ロッテリア クリスタ長堀店

ポテトとドリンクが付くセットを注文。
プラじゃなく、ちゃんと陶器のマグでコーヒーが提供されるのは嬉しい。

ロッテリア クリスタ長堀店

久しぶりのリブサンドポークは、こんなもんだっけ、という感想。
昔はもっと美味しく感じた気がするが、気のせいかもしれないね。
とかいいつつ、数年後にまた見かけたら気になるかもしれない。

↓「食べログ」での店舗情報

ロッテリア クリスタ長堀店ハンバーガー / 四ツ橋駅心斎橋駅西大橋駅

大阪【ファストフード】

テーマ:ファーストフード - ジャンル:グルメ

同じ系列なのにちょっとコーヒー高い「caffè clever なんばウォーク店」大阪市中央区難波2丁目虹のまち

心斎橋で仕事、帰りがけにちょっと作業をしたくてカフェを求めて「なんばウォーク」まで。

caffè clever なんばウォーク店caffè clever なんばウォーク店

あぁ、カフェがあるなと目にとまったのが「caffè clever なんばウォーク店」。
喫煙席があるから有り難いなと、ここに立ち寄ることに決めた。
喫煙できるカフェは良いカフェだ。

caffè clever なんばウォーク店

店先に掲示してあるメニューでもコーヒー280円と安いし、嬉しいな。
そう思っていた。

caffè clever なんばウォーク店

タバコを喫いながらコーヒーが飲めて、作業も片付けたし目的が果たせた。
ちょっとテーブルが狭いな、とか感じたんだけどコーヒー280円の低価格店なので文句はない。

そう思っていたが……あとで気づいたんだけど、梅田で先日立ち寄った「CLEVER COFFEE 1953 ディアモール大阪店」同じ系列じゃん。
あちらはコーヒー250円、こちらは30円高い。
なんで同じ系列で値段が違うんだろう難波の土地代が高いからか、いや梅田だって高いだろう。

しかしまぁ、とにかくこの系列は喫煙者に優しくて良いなと思い直した。

↓「食べログ」での店舗情報

カフェ・クレバー なんばウォーク店カフェ / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

大阪【カフェ】

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement