タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (639)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (17)
大阪市中央区 (8)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (4)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (10)
福岡市博多区 (95)
福岡市中央区 (162)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (11)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (19)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

素っ気ないようでいて気をつかってくれる大牟田の酒屋の角打ち「井ノ口酒店」

<追記:2016年06月26日>
角打ちを辞めるという情報を寄せてくれた方がいたので、気になって行ってみた。

結論から先に書くと、角打ちの形態は辞める。
もっと居酒屋風にする、ということだった。

25日土曜に行ってみると、常連らしき先客が一人。
乾きものではなく、いくつかの小鉢をアテに飲んでいた。
なるほど既に、脱角打ちは進行しているようだ。

井ノ口酒店

とりあえず俺は、ギネスの缶をいただきました。
独り飲みがデフォルトの俺には珍しく、この日は同行者があった。
我々のために先客常連氏が折りたたみ椅子をすすめてくれて、女将が小鉢を出してくれた。

井ノ口酒店

同行のお嬢さん方は、ポン酒をたしなんで。

井ノ口酒店

この店にはテーブル席が2つあり、どちらも予約客のためのセッティングがなされていた。

井ノ口酒店

予約とは別に、3人連れの一見らしい客が飛び込んできたり。

ああ、客がなくて辞めちゃうんじゃないんだなぁ。
そう思えて、安堵したね。
店頭で小売をしてても売り上げは芳しくないから、いっそ角打ちを拡大しようという基本方針での、角打ち廃止ということなんだろう。
それで、立ち飲みやか居酒屋に改装しちゃうってことなんだな。

まぁ、酒屋の角打ちが好きな俺としては、角打ちじゃなくなるのは残念ではある。
しかし、酒屋さんが商売を廃業せずに業態を転換して続けていけるのは、それは幸いなことだ。

昼間に酒の配送は続けるだろうから酒屋であることは変わらないと思う。
酒屋の角打ちが酒屋経営の飲み屋になるんだね。
業態が変わっても地元の人が支持してくれるだろうと、この日の盛況の様子で思った。

角打ちを楽しんでおきたい方は、2016年06月末までに「井ノ口酒店」へ。
角打ちは17時から。

<追記:2016年06月12日>
弊ブログを読んでくださっている方が情報を寄せてくださいました。
この2016年6月末で、角打ちと店頭販売を辞められるそうです、とのこと。
それは残念です、と言うのは無責任な感想ではありますが、残念です。

<初回投稿:2015年06月15日>
大牟田で角打ち。
駅から近いからってこともあり大牟田では年金通りで飲むことが多かったが、やっぱ視野を広げないとな。

大牟田駅前の大きな道路沿いに、ひっそりと酒屋がある。
ゆめタウンへ右折する辺りかな、もうだいぶ大牟田駅より西鉄新栄駅のほうに近いな。

井ノ口酒店:外観

ちょっと注意していないと見落としそうな地味な外観。
古びたテントに屋号が記してあり「井口酒店」ではなく「井ノ口酒店」なんだなと判る。
入り口ドアに“角打ちは5時から”という張り紙あり。

俺が立ち寄ったのは17時ちょっと過ぎ、店に入って左手のカウンターには常連らしきオジイサンが一人、先客として酔っぱらっていた。
カウンター向こうの棚には焼酎、日本酒、ウイスキーが売り物として並んでいる。
右手は大きなガラス天板のテーブルがあり、ガラスの下には木箱にワインが陳列されている。
おお、大きなワインセラーもあるな。

ふーむワインに注力してるみたいね、と思いつつもビールを飲む。

井ノ口酒店:ビール

キリンラガー瓶があって嬉しい。
駄菓子も売ってるので、アテにベビースターのラーメンおつまみピーナツ入り。

井ノ口酒店:アテ

ベビースターを手に取ると開封のためハサミを貸してくれようとしたり、皿を出してくれたり、箱ティッシュをスッと差し出してくれたりと男性店主がいろいろ気をつかってくださる。
にこやかで話好き、というのでは全然ない感じの店主は、だけど優しい人のようだ。

井ノ口酒店:店内

仕切りの向こうの店舗奥は事務スペースのようで、PCのメール着信を知らせる音が何度か聞こえてきたので飲食店からの注文に対応しているのかなと思う。
そちらのスペースでは大女将だろうか、が寛いでいらっしゃった。

カウンター天板は10センチほど厚みがあって頑丈で、立ち飲みで肘をつき安心して体重を預けることができる。
折り畳み椅子が傍に用意されていて、先客のオジイサンは座って飲んでたが俺は立ってるほうが好きだ。
オジイサンは酔って椅子から転げてたので、立ってたほうがいいぜ。

ビールを飲み終え、冷蔵ショーケースを覗き、缶ハイボールを飲むことにした。

井ノ口酒店:ハイボール

缶のままでも良かったが、店主がグラスを出してくれた。
ちなみに都度払いでなく後でまとめての支払いでオーケィ、店主の手元に寝かして置いてあるホワイトボードにマーカーで客ごとの注文したアイテムを記入していくのが見えて、明朗会計ですな。

先客のオジイサンが、黒糖焼酎の四合瓶を1本買った。
量り売りに用意された酒を一杯ずつ注文するのでなく、売ってるアイテムを買って、その場で飲みきれなくてもキープしておいてくれるシステムのようだ。

そんなに話好きではない様子の店主は、訊けばいろいろ答えてくれる。
大牟田に他にも角打ちやってる酒屋はないか訊いたが、ないんじゃないかとのこと。

地元のジイチャンが集って和気あいあいタイプではない、やや素っ気ない感じもある角打ちだが、こういう雰囲気のところが一日の疲れをそっと癒せるって気もするね。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

井口酒店立ち飲み居酒屋・バー / 新栄町駅大牟田駅

大牟田【立ち飲み】【角打ち】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ついに大牟田のソウルフード「イカタル」を食うことができた〜

何年か前に大牟田の女の子に“大牟田といえばイカタルっすよ!”と薦められていたのです。
それから何人もの大牟田ピープルから薦められていて、ああ大牟田の人はマジで好きなんだなと。
これは、作為的にブームにしようとしているソウルフードではなく、マジもんだなと。
それは食ってみたいなぁと思っていたが、なかなか機会がなかった。

店に食いにいくのなら行けるが、弁当なんだよね。
大牟田に住んでいるわけじゃない俺は、弁当を買っても何処で食えばいいんだという問題があったわけです。
買って自宅まで待ち帰れば冷めちゃうしねぇ、公園で食うってのも考えたが辺りに公園は見当たらなかったし、大牟田に宿泊することでもあればホテルで食えるなって思ったが泊まる機会はなかった。

だが、ようやくソリューションを得たのです。
そんなわけで颯爽と「イカタル」を買いに。

イカタル弁当:店舗

大正町2丁目交差点にある「ショッピングいしい」。
小規模食品スーパーのようなコンビニのような店で、この店舗内の「マイ・キッチン」で弁当と惣菜を売っていて、「イカタル」はそこの人気商品ってわけなのよ。

イカタル弁当:店舗

さっそく注文だ。
コンビニやスーパーの弁当のように既にできているものではなく、ホモ弁のように注文後に作ってくれるのだ。
注文時に知ったんだが、通称は「イカタル」なんだけど商品名は「イカ弁当(タル付)」なんだね。
売り場に飾ってあった大牟田の地域ブランド認定証にも「イカ弁当(タル付)」って書いてあるわ。

イカタル弁当:店舗

できあがるまで店内を眺める。
うむ、フツーに食品スーパーな感じだね。

イカタル弁当:店舗

できましたよと店員のオバチャンに呼ばれて、ついに「イカタル」ゲットだぜ!

イカタル弁当

さあ、420円也のできたて「イカタル」を携えて年金通りの「ともみ」に向かうぜ。
「ショッピングいしい」から近くて昼から開いてる飲み屋「ともみ」に持ち込んで食う、それが俺のソリューションなわけですよ。

イカタル弁当

まだ暖かいよ〜、ほぼできたてだよ〜。
では開封しましょう。

イカタル弁当

はい、これが「イカ弁当(タル付)」でございます!
うーん、いいね、いい感じにジャンクなルックスだね、揚げたて芳ばしい香りもいいね。
そして、ここで瓶ビール注文ですよ。

イカタル弁当

「イカタル」部分をアテにビールを飲むわけだ。
これがやりたかった。
だってなぁ、こんなジャンクな揚げもの、ビールに合わないわけないじゃんか。

丼もののアタマだけで酒を飲むっていうノリでね。
期待通りにビールがグビグビすすむ味でした。
「ともみ」店主とシェアしながらだけど、ビール2本いっちゃいましたわい。
添えられた竹輪、佃煮もアクセントになっていいねぇ。

で、アタマを食っちゃって残ったゴハン部分も頑張って食いましたよ。
味が染みた海苔がゴハンに敷いてあったし、タクワンもあるしで残さずいただきました。

うん、満足した。
ようやくイカタルを食えたという達成感も得られた。
いいよね、イカタル。
行政だか商工会が大牟田B級グルメとしてアピールしてる洋風カツ丼はピンとこなかったが、イカタルはいいね。
大牟田の近代化産業遺産が世界遺産登録されたので観光客が増えるかもねって思うが、大牟田市民は世界遺産同様にイカタルも誇るべきだよねって思いました。

↓「食べログ」での店舗情報

マイキッチン 大正町店弁当 / 大牟田駅新栄町駅

大牟田イカタル

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

大牟田の魚市場にある食堂「りき屋」で朝酒なのですが

大牟田駅は海に近く、魚市場があるんだなと地図を眺めていてわかったのです。
市場があるんなら市場内の食堂があって、きっと朝から刺身をアテに酒が飲めるに違いないと思ったのです。
ネットでざっくり情報を漁ると、確かに一軒の食堂があるようだ。

そんなわけで、駅から北西の西新町にある市場まで行ってみた。
歩いて行ったらけっこう遠かったねぇ、体感30分くらい。
この日は小雨がちな天気だったんで暑くなくて助かった。

りき屋:外観

つーか市場、なんか寂しい光景なんですけど。
看板に赤い字で“地方卸売市場”とあるが、よく見ると“福岡県魚市場株式会社”とも表記してある。
民間が運営してるんだ?
長浜の魚市場は福岡市が開設してるから、市場ってのは行政が運営するもんだと思ってたよ。
築地は東京都がやってる公設だしさぁ。

りき屋:外観

市場外周を道沿いにまわってみると店があるのがわかった。
「りき屋」という食堂。

入り口のほうへまわると看板などがなく、ちょっと飲食店とは見えない外観だ。

りき屋:外観

それはそうと、ネットで一軒の食堂が存在すると確認していたが、実際に行ってみれば他にも飲食店があるんじゃないかと予想してたが、なかった。
長浜の市場会館ほどの規模はないにしろ、もうちょい賑やかかと想像してたのでちょっと肩すかし。

さて、市場関係者以外は入っちゃいけないよ的な雰囲気ではあるが、気にせず店内へ。

りき屋:店内りき屋:店内

土間にテーブル席がそこそこあって、小上がりもある。
いい感じの食堂の風情だなぁ。
いくつかのテーブルを寄せて広い作業スペースを作り、弁当の盛り付けを女将さんと思われる女性が行っていた。
けっこうな数の弁当で、どこかで昼に市場関係者の寄り合いがあるのだろうか。

俺が立ち寄ったのは平日の10時ちょい過ぎで、先客はなかった。
市場で働く人たちは、とっくに朝の仕事を終えてメシも済んだって時間帯だろうね。
窓際のテーブル席に着き、まずはメニューを眺める。

りき屋:メニューりき屋:メニュー

定食、めん類、ごはん類と、食事メニューがいろいろあるね。
そして一品料理と瓶ビールと清酒があるから、これは酒が飲めるってもんだ。
だがしかし、市場なんだからその日の新鮮な刺身で酒が飲めると期待していたんだけど、それは叶わなかった。
刺身的なものって、クジラ刺身とネギトロしかない。

うーむ……と思いつつネギトロと瓶ビールを注文。

りき屋:酒

うーむ……好きじゃない銘柄のビールしかなかった。
ちびちび飲んでるとネギトロがやってきました。

りき屋:料理

うわっ、多っ! というのが第一印象。
いやいやこんなにいりませんからww って感じ。

そして、大部分が凍っていた。
あー、ね。
クジラも冷凍だよね、冷凍保存のものしかないってわけだね。

自然解凍されるのを待ちつつ、ちびちびつまんだ。
ちびちびつまむ間にビールは飲んでしまったのでポン酒を注文した。
ちびちび途中で飽きてきたのでレモンを絞りかけてみた、レモンが添えられていて良かった。

やがて窓の外は雨模様に。
会計をお願いする頃には大降りに。

店を出ると市場内の休憩所みたいなスペースがあって、机の上に灰皿があって椅子もあったから雨宿り休憩を。
自販機もあったので茶を飲みながらタバコを喫いながら雨が小降りになるのを待った。
けっこう待ったが一向に雨の勢いは衰えず、タクシーを呼びました。
新栄町駅まで800円でした、ご参考まで。

タクシーが来てくれた頃には早めの昼メシを食うためか、次々に車で訪れる客が。
地元で人気の昼メシスポットなんだろうねと判った。
きっとみんな定食とかカツ丼とか食うんだろうなと想像しつつタクシーで運ばれました。

↓「食べログ」での店舗情報

りき屋定食・食堂 / 大牟田駅新栄町駅

大牟田【食堂】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)