タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (77)
食べ飲みした店 (573)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (9)
福岡市博多区 (77)
福岡市中央区 (131)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (8)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

トマトコーポレーションのマイルドタイカレー イエローの香りは本格エスニック

いなばのタイカレーによって開拓された缶詰カレー界に、ひょっこり現れた感のあるトマトコーポレーションのマイルドタイカレーシリーズ。
今ではすっかり俺の生活に根づいております。

安い(いなば比)、量が多い(いなば比)、パッケージかわいい、と優れた商品だと思うんだよ。
かつ、いなばタイカレーほどには周知されてないようなので、もっと世に広めたいなぁと思っているのです。

そんなこんなで、マイルドタイカレー イエローをレビューしてみる。
レッドのレビューはこちら

トマトコーポレーションマイルドタイカレーイエロー:パッケージ

あざやかなイエローに、ピンクの像さんが映える。
さて中身はこんな感じです。

トマトコーポレーションマイルドタイカレーイエロー:中身

レッドもそうなんだけど、具が入っているという感じはないんです。
カレーというもの自体を味わうという商品なんだよね。
で、カレー的にはたっぷりな内容量160グラムです。

…などという感想を抱くよりも先に、開缶と同時に鮮烈な香り。
レッドも同じだが、日本のレトルトカレーとは一線を画するエスニックな香りが、大きな魅力のひとつです。
それは、いなばタイカレーシリーズも同様なんだけどね、トマトコーポレーションのほうが、その辺がガチな感じなんだよね。
“本場タイのカレーを日本風にアレンジしました”って缶に書いてあるんだけど、いやいやガチでタイっぽいでしょ! って感じる。
それは香りで、まず感じる。

で、同シリーズ内で較べると、レッドよりイエローのほうが、マジ本格的エスニックな香りなんだよね。
原材料に記載されているレモングラス、これがすごく効いてる。
缶を開けたと同時に、つまりまだ暖める前の低い温度でも強く香る。
ここがイエローの最大の特徴であり魅力かもしれない。
開けたら一気にエスニック。

と同時に、ここが好みの分かれどころかもしれない、とも思う。
エスニックな香りが苦手な人っていると思うんだけど、たとえばパクチーすなわちコリアンダーの香りが好きじゃないタイプの人には、このイエローは敬遠されるかもしれない。
日本のレトルトカレーこそ大好きという人には、香りでパスしたくなるかもしれない。
目に見える具材が少ないという点と併せて、低い評価になるポイントかもしれない。

が、好きな人にはたまらん風味ですよ。
まー、あれだ、自由な経済の世界なんで、いろんな商品が世の中にあって、好き勝手に選べばいいのよ(経済的な意味での枷というのは、人それぞれにあるけど)。
俺としては、こういうの好きそうな人に、この商品を知ってもらって試してもらいたいのよね。

ゴハンとともに盛ったのが、こちらになります。

トマトコーポレーションマイルドタイカレーイエロー:できあがり

ぶっちゃけ、ほぼスープのみですねっていうルックスになります。
で、まぁ自分でゴハンにかけといてアレなんだけど、ゴハンにはあんまり合わん!

普通に炊いた日本の白いゴハンには合わん、と言い直すべきなのかな。
ナシゴレン…はタイじゃないな、カオ・パットっぽく炒めたゴハンに合うかもしれん…その際には水は少なめで炊いたほうが良いのだろう。
あるいはスパイスふってソテーした鶏ムネ肉なんかと合う気もする。
あるいはフォー(タイじゃないな…)とかビーフン(タイじゃないな…)とあわせて食べるのも、うまそうだ。
もしくは、なんらかの主食とあわせるのではなく、野菜をゴロゴロ煮たものとあわせてスープとしてというのもアリか。

要は、日本式カレーライスにしようと思わないほうが美味しく食べられると思う。
とはいえ!
俺は缶詰は、冷凍食品もそうなんだけど、手軽であるというのが美点だと思ってるから、一手間というのを加えたくないんだよね。
なんもしたくないから缶詰、冷凍食品だ、と思っている。
そういうスタンスからすれば、暖めてゴハンにかけて終了、ではいまひとつなこの商品はダメじゃんということになるのだが。

この商品の捉え方を、変える。
これは、ホールトマト缶のようなもの、料理に使う素材缶だと思ってみる。
そうすると、これ一缶で簡単に本格エスニックな香りの料理ができるのよね。
そう考えると、実売100円ほどなんで、気楽に使える素材缶なんだよ。

素材として考えて、じゃあ手のこんだ料理にするかっていうと、そうする必要もない。
ちょっと野菜など浮かべて、余った肉なんかあったら浮かべて、スープとして食べる。
がっつり主食を食べたいほど空腹でないとき、手軽に小腹と気持ちを満たしたいようなときに。

そんなマイルドタイカレー イエローです。
備蓄しておくと、なんだか安心な感じ。

【広告】Advertisement
LOHACOなら最短当日お届け


関連記事
トマトコーポレーションマイルドタイカレー【カレー】

テーマ:好きな食べもの - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/89-51c49946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)