タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (80)
食べ飲みした店 (597)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (10)
福岡市博多区 (83)
福岡市中央区 (143)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (11)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (19)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

昭和のメシ屋って外観が魅惑の福岡市中央区大名「御食事処 るみ」では魚を食うのが良いようだ

何の変哲もない町のメシ屋でメシ食いたい。
不意に、そういう気分になった。

とりあえず部屋を出てみたが、日曜の夜のことだったから休業の店も多いだろうし前途多難な予感。
もともと“何の変哲もない町のメシ屋”なんてものは、今の時代は見つけるのがなかなか難しい。
あてもなく歩くうちに、福岡市中央区大名に。

大名は若者向けのオサレな店ばっかりと思いがちだが、意外と古くから続く店も残っている。
古本屋とか印刷屋とか、饅頭屋さんとかね。
メシ屋なら、それこそ「一膳めし 青木堂」へ行けば今の気分にピッタリのメシが食えるだろうが、日曜は休みだ。

御食事処 るみ

あ、ここがあったわ。
いい感じに昭和のうらぶれた空気を漂わせる「御食事処 るみ」。
昼から角打ちが楽しめる「小谷酒舗」のある通り、「プラザホテル天神」向かいにひっそり佇んでいる。

御食事処 るみ

日曜の夜もやってるんだね、助かる。
サッポロ生ビールのノボリがあって、それも救われた気がする。
これがもしアサヒファッキンスーパードライのノボリであったら、それだけで入ってみようかって気持ちが五割がた失せてしまう。
もっとも今は酒じゃなくメシを求めているのだが。

御食事処 るみ

店先に食品サンプルが飾ってあるが、情報量が少ないね。
お好み焼きと麺類しかないのかしらん?
そう思いつつも、以前から機会があれば利用してみようと思っていたし、今がその機だ。

ガラガラと店に入ると、コの字カウンターのみの小さな店内に先客が何人かあった。
初老のご夫婦で切り盛りしている店のようだ。
カウンターの奥は厨房で、それに相対する面のカウンター席に着く。
目の前には予想外にネタケースがあって、ああ魚が美味しそうだなと思った。

御食事処 るみ

メニューを眺めると、町のメシ屋さん的な料理が、品数は多くないが一通りあるって感じ。
おや、玉子丼はあってカツ丼はない、揚げ物はしない店なのかな。
さて、なに食おう。
ネタケースの魚を見ちゃったから、魚かなぁ。
部屋を出る前はカツ丼とかトンカツとか食いたいかもって気分だったのに、もう気持ちが変わったみたい。
焼き魚はなにができるか訊き、汐鯖をお願いした。

御食事処 るみ

その前に、まずビール。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

目の前にテレビが掛かってて、世界の衝撃映像的な番組が流れていた。
大将が奥で調理をしているようで、女将さんは椅子に腰掛けてこちらを見ていた。
こちら、というか俺の背後の壁を見ているようだった。
気になって振り返ってみると、壁には鏡があって、そこに映るテレビの映像を見てるんだとわかった。

御食事処 るみ

やがて鯖が焼きあがった。
うわっ、うまそう。
焼け目も良いが、身がプリっとしてそうに焼けてる。
食ってみたら間違いなく美味しかった。

鯖でビールがすすむがポン酒にも良い、そしてなにより鯖はゴハンに最高に合う。
めし大150円と豚汁250円を頼んで定食みたいにしてガツガツ食おうか、いやこのままビールでやっつけようか。
葛藤してしまった。
ここは、ビールで鯖、と決断した。

めし、豚汁を頼まなかったのは、メニューに特製牛丼600円とあったのが気になったからだ。
玉子丼400円、焼めし450円に比べて突出した価格設定、これはなんかスゴいものかもしれない気がした。
というわけで特製牛丼を注文。
わざわざ特製牛丼とコールしたが、大将は“牛丼ね”とあっさりしたレスポンス。

御食事処 るみ

現れた特製牛丼は、その器も特製さを醸し出しているようだった。
味噌汁が付き、お得感あり。

御食事処 るみ

飯碗のフタを開けると、あらあらこれは。
んー、期待したのと違う玉子とじ牛丼的なものだったわ。
そんで、まぁ正直な感想を述べると、特製ってほど肉は使われてないし味付けが薄い。
添えられたタクワンと、えらい塩辛い味噌汁の力を借りて残さずゴハンを食うことができた、という味の薄さ。
んー、肩透かしだったなこれは。

後から来た客が、刺身を注文していた。
ああネタケースあるしね、刺身もできるのよね。
うん、そうか鯖が美味しかったし、この店では魚で酒を飲むのがいいんだな。
酒300円と安いしな。

よし、今度は酒を飲みに立ち寄ろう。
特製牛丼にはションボリしたが、そんなの気にしないくらい魅力があるんだな、不思議と。
昭和な雰囲気も好きだし、肩の力が抜けた和やかさを感じる。
また行こう。

【広告】Advertisement
  

↓「食べログ」での店舗情報

るみ定食・食堂 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:食堂 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/629-8157a8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)