タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (77)
食べ飲みした店 (573)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (9)
福岡市博多区 (77)
福岡市中央区 (131)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (8)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

養巴コープの2階にあるバー「黒巣」はなかなかの異空間だったよ福岡市大名

養巴コープというのは、福岡市中央区大名にある古いアパートで何軒かの飲食店が入居している。
古いアパートをリノベーションしてテナントを入れて、という穴場飲食店好きにはソソる物件なわけよ。

物件の読みは“ようはこーぷ”で、養巴って馴染みがないなと思ったんだけど、ある日たまたま電柱に“養巴町通り(ようはのちょうどおり)”って表記を見かけて、ああ古くからの地名なんだと思った。
昔から住んでる人には馴染み深いんだろうね。

物件には1階から3階までテナントが入っているそうで、1階の「PiNON BAR」で飲んだときに2階にオススメのバーがあると紹介された。
その日のうちにハシゴ酒。

黒巣

案内に導かれて階段を登る。

黒巣

あとちょっと、ってカワイイね。

黒巣

で、着きました、2階のどん詰まりにある「黒巣」というバー。
ああ、アパートの共用部分だなって感じでいて、ドアは潜り戸になってて和風なんだな。
ガラっと戸をくぐって店に入ると、目の前に大きな黒い木製のカウンターがあってインパクト大。
足元は古い日本家屋のようで、土間があって段差があって板の間ですみたいな造り。

俺は飲食店に入るのに靴を脱ぐのがメンドくさくて嫌いなんだが、このときは“アパートの中に、和の空間が!?”というインパクトでもって靴を脱ぐ面倒さを気にかけなかったな。
ちなみに段差が十分にあるので、女性でブーツを脱ぎ履きしなきゃいけないケースでも不自由はないと思う。

カウンターは掘り炬燵状になっており楽に座れる。
天板は一枚板ではないが、重厚で古くて立派な家具のような誂えだ。
カウンター上には花が飾られ、入り口からずっと和風な造り込みの見事さに圧倒されている。

黒巣

料亭のような和風テイストではないよ。
田舎の古民家みたいな感じなんだな、それが福岡市の大名に忽然と姿を顕しているのでインパクトが大きい。
また養巴コープ自体も古いアパートだが推定鉄骨造で昭和モダンな空気もあるので、ディープに古民家風であるので意表をつかれたという面もある。

そして、店内にはカウンターだけでなく、小上がりもある。

黒巣

すごく小さい卓袱台があって、壁には着物が飾られていた。

ああ、異空間だ。
大名にあって古いアパートってのも異空間なら、その中にあるこのバーは更に異空間だ。

さて、空間を楽しむだけじゃなく酒も楽しもう。
この店は、チャージ1,000円だとの説明がマスターからあった。
えー、チャージに1,000円も払うの〜? チャージはないに越したことはないよぅ、というのが俺の基本スタンスだから正直なところテンションが下がった。
が、その1,000円で提供されるお通しを見たら、テンションは持ち直した。

黒巣

なにこれ、これで何杯でも飲めそうやんけ。
冷奴風クリームチーズ、大蒜の醤油漬け、塩辛、ナッツ。

うん豪華だねと思ったが、しかしこれは、なにを飲むべきか少し迷ったね。
考えて、まずハイボールでナッツとクリームチーズ少しと大蒜少し、次にポン酒でクリームチーズと大蒜と塩辛、そういうプランで飲もうと決めた。

まずハイボール。

黒巣

すごくたっぷりだ、とマスターに感想を言うと、炭酸一瓶を使ってますとのこと。

マスターは若く、つっても40ちょい前くらいだったかな、気さくで話し好きな感じ。
たまたま俺のほかノーゲストだったんで、いろいろ会話しつつサービスでハワイで買ってきたというヒマワリの種ももらって齧りつつハイボールを飲んだ。
こんな和風の店をやっててハワイ? というのは意外だったがマスターはバイク好きでもあった。
俺はバイク乗りではないがバイクのことをいろいろ話しつつ、楽しく飲んだ。

久しぶりに、バーってのは日常からフラっと足を踏み入れられる異空間だよなぁというのを楽しんだ。
また訪れたいなと思ったね。
ただ、俺は平常時は安い酒をノーチャージでサラっと立ち飲み屋とかで飲みたい質なんで、なんかいつもと違う飲み方をしたいなという気分のときに立ち寄りたいなと思った。
そして可能なら女の子を連れて訪れて、わぁ〜こんな素敵なとこ知っててスゴいスゴ〜い!と言われたい。

……言われてみたい。

俺と飲みたい女の子募集中。

「黒巣」 福岡県福岡市中央区大名1−8−5 養巴コープ201号

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【バー】

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/573-73370968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)