タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (531)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (4)
福岡市博多区 (73)
福岡市中央区 (107)
福岡市南区 (3)
福岡市城南区 (2)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

いつか機会があれば行くかもねと思っていた「ゆで太郎」に福岡で初めて行くことになるとは思っていなかったのです「ゆで太郎 赤坂大正通り店」

俺は「富士そば」が好きでさぁ、ってのは何度か書いたわ。
東京には安いチェーン展開そば屋がいくつかあって、見かけると興味をひかれるんだけど“いや、どうせなら「富士そば」に”と思ってしまうので、なかなか他のチェーンそば屋を利用する機会がないのよね。
ゆで太郎」も、そういったチェーンのひとつなわけよ。
株式会社ゆで太郎システム」が東京都を中心に主に関東に展開してて、東京で飲み屋巡りをするとしばしば店舗を目にするんだわ。

そんな「ゆで太郎」を、福岡で見かけるとは思っていなかった。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:外観

そしてまた、俺としては“どうせなら東京で行きたいなぁ”と思って、利用することはないだろうなぁとも思った。
だがしかし、この辺で仕事をする案件が発生して、昼メシに利用する流れになった。
場所は大正通り、赤坂のハローワークのすぐそば。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:店内

店に入ってすぐ自販機があり、そこで食券を買うシステム。
店内は広く、天井が高くて妙にオサレなログハウスっぽい意匠があり、そして客はまばらだった。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:店内ゆで太郎 赤坂大正通り店:店内

店のオッチャンが“食券はこちらにお願いします”と商品受け渡しカウンターの前で呼びかけてきたのだが、オッチャンが客の席まで来て食券を受け取ってくれてもいいんじゃないかと思った。
ヒマそうだったし。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:料理

注文したのはミニかきあげ丼セット500円也。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:料理

しまった、そばにワカメが乗ってる。
俺はワカメがあんまり好きではない。
しかし「富士そば」でもデフォルトでワカメはついてくるので、ここでもそうかもしれないと予期してワカメ抜きで注文するべきだった。
好きじゃない食べものは早期に処理する派なので、先にワカメをサッサと食った。

さて、そばは意外と、イケる味だった。
あー、そばだなぁ、と納得できるもので、そばを名乗ってはいるがほとんど小麦粉だろってものとは一線を画しているという感じで満足できる。

ところで、クーポンが配布されたんだよ。
だいたいクーポンなんてものは、それほどお得感がなくて使うのがメンドくさいと俺は思っちゃうんだが、ここのクーポンは違った。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:クーポン

トッピング4種、単品60〜150円のアイテムそれぞれ2回使えるクーポンで、これはけっこう太っ腹だと思った。
かけそば注文してクーポンでトッピングすれば、安価でいろいろなそばが食えるじゃないか。
これは釣られるわ。

で、釣られてまた利用した。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:料理

コロッケそば。
かけそば単品は320円で、前回の丼セットの場合とは違って単品かけそばにはワカメはついてこない。
クーポンで追加したコロッケは、クーポンアイテムの中では最も安い(単品60円)ものだが(最も高いのは海老天150円)、俺はコロッケそばが好きなんだ。
費用対効果のみを考えて海老天を選ぶというのは俺の主義に反する。
バカのひとつ覚えみたいにコスパコスパと唱えるような奴は嫌いだ。
(ちなみにコストパフォーマンスをコスパと略すのも嫌いだ)

さてクーポンで安くコロッケそば食えて満足したのですが。
またクーポンが配布されました。

ゆで太郎 赤坂大正通り店:クーポン

クーポンを使いにきたのにクーポンが増えた。
これはもしかして、無限にクーポンが増え続けるパターンか?

また別の日にクーポンを使いに。
またクーポンが増えました。
これはもしかして、無限にクーポンが増え続け……いや配布期間に期限はあると思うけどね。

ま、クーポンがなくっても安く食えていいと思うよ「ゆで太郎」。
かけそば単品価格は「富士そば」より20円高いけど、関東に行かなきゃ「富士そば」利用できないが「ゆで太郎」は生活圏で気軽に使えるので良い。

ただ、あんまり賑わってる感じがないので、ある日いきなり撤退してしまうのではという不安が少しある。
そうならないように、微力ながら利用し続けたいと思う。
まだクーポンあるし。

↓「食べログ」での店舗情報

ゆで太郎 赤坂大正通り店そば(蕎麦) / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事
福岡【そば・うどん】

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/535-4ad38474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)