タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (529)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (4)
福岡市博多区 (72)
福岡市中央区 (107)
福岡市南区 (3)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

歴史を感じる風情がありつつユルく角打ちできるし猫にも会える博多区上呉服町「吉武商店」

<追記:2016年08月22日>
たまに立ち寄ってる「吉武商店」。
古き良き雑然とした個人商店という存在感が、あいかわらず素敵だ。

吉武商店

ところで、最近まで知らなかったが、ここって喫煙できるのね。
いや喫えますかって訊くまでもなく、勝手に禁煙だと思い込んでたよ。
角打ちのできる酒屋って、売り場も兼ねてるわけだから禁煙であることは珍しくない。
おまけに「吉武商店」は時の流れが刻まれた古い木造の建屋だから、火気厳禁だよねって気がしてたんだ。

が、ある日、灰皿の存在に気付いた。
喫っていいのか訊くと、あっさり許可された。

吉武商店

角打ちは滞在時間が短いから禁煙でも我慢できるが、喫えればそれは嬉しい。

吉武商店

あいかわらず猫が出入りしている。
ただ、猫メンバーには変動があるようだ。
どっか行っちゃった猫もいたり、フラっと現れる猫もあるとのこと。

タバコを喫いながら、猫を眺めながら角打ちできる「吉武商店」、素敵な店だ。

<初回投稿:2015年10月24日>
角打ちできる酒屋って、福岡県では北九州市がメッカだって印象があるよね。
でも、福岡市にもそこそこあるんだよ。

また角打ちできる酒屋は、工場だとか港湾だとか交代制勤務で働く人が多いエリアに多い印象もある。
それとか交通量の多い駅の近くとか、またはオフィス街の片隅って感じかなぁ。
そういう印象をもっている俺にとっては、意外なロケーションにある酒屋を訪ねてきたよ。
博多区上呉服町にある「吉武商店」。

吉武商店:外観

趣きのある外観でございます。
そんでまたロケーションがね、寺が多い辺りで静かなところでね、店舗の住所的には上呉服町なんだけど御供所町辺りって感じ。
割と最近「ブラタモリ」のロケが行われて、すぐ近くの寺が番組に登場したね。

吉武商店:外観

俺が立ち寄ったのは平日の16時ちょい前、近所の常連と思われる先客1名あり。
まずは、ビールを。

吉武商店:酒

キリンラガーがあって嬉しい。
店内を見渡すと、すごく雑然としていて、そして古い。

吉武商店:店内吉武商店:店内

コンクリートの土間で、いくつもの木製の棚に様々な商品が並び、その様子は商品のラインナップは別として昭和の頃から変わってないのだろうっていうかもしかしたら大正頃から変わってないのかも?

吉武商店:店内

純然たる酒を小売りする店であって飲食店じゃないよみたいな断り書きにあるように、調理したアテはないようだ、椅子はあったけども。
乾きものや缶詰などが売られていて、あと九州で言うところの“天ぷら”すなわち揚げられた練り物が、紙の上に並べて用意されていた。
紙ってのが、角打ちの風情でいいね。

店のオバチャンは、なかなか話好きで。
博多の角打ち事情とか他県ではどうだとか、そういう話をしてくれて、こちらの話にも付き合ってくれた。
一見の怪しいオッサンである俺に警戒はあまりしていないようで、話を聞いてるとなるほど他所からもいろんな角打ちマニア的な客が訪ねてくるそうだから慣れているのかな。

由緒ある地域の酒屋のようだから、缶ビールでは味気ないかなと酒を一杯。
地元の酒で量り売りしてるのがあればと注文すると、萬年亀を出してくれた。
グレードとか確認しなかったが、久留米の酒だね。

吉武商店:酒

飲んでいたら、猫が現れた。

吉武商店:猫

おお、この猫は!
実はこちらの酒屋、この日の一月前にも訪れたが店が閉まっていて空振りしていたのだ。
まぁ大きな台風が来てた日だったんで臨時休業も止む無しと納得したわけだが、店は閉まってても猫とは戯れることができてたんだよ。
人間を警戒しない猫だったから酒屋に飼われてるのかなと思ったその猫、それが今また現れたのだ。

吉武商店:猫吉武商店:猫

上の画像が、台風が来てた日のもの。
猫との再開、嬉しいな。

歴史を感じる店だが、敷居は高くなく、猫とも会える酒屋。
敷居は高くないとはいえ、ロケーション的に事前に情報を拾ってないと辿り着けなそうでもあるし、角打ちできると知っていないと入ってみるのに躊躇もするかもね。
でも、なんだかほっこり過ごせる酒屋だから、わざわざでも行ってみて欲しいね。

【広告】Advertisement
  

↓「食べログ」での店舗情報

吉武商店バー・お酒(その他) / 呉服町駅千代県庁口駅祇園駅

関連記事
福岡【角打ち】【立ち飲み】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/433-80a09b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)