タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (572)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (9)
福岡市博多区 (77)
福岡市中央区 (131)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (7)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

中洲に輝く大衆酒場「酒一番」

歓楽街として有名な中洲には、いくつものギラギラした欲望の煌めきがあるのかもしれんが。
俺にとっては「酒一番」こそが、もっとも輝いている。

中洲のメインストリートには面しておらず、そう昔だったらコーヒーの青山の角を曲がるって説明すれば楽だったんだが今は青山がないから…アクロス福岡裏の天神中央公園から福博であい橋を渡ってアクセスしたほうが判るかもしれないね。

酒一番:外観

夕暮れ時だと、赤提灯が目印になる。
色褪せた紺地に白で屋号が染め抜かれた暖簾も、大衆酒場の風情で、いい。

酒一番:のれん

この店を知って20年……にはまだ届かないが、昔から愛着のある飲み屋だ。
初めて飛び込んでみるのには、俺もまだ若かったこともあって少しの勇気が要ったが。
ご丁寧に看板に“安心して飲める店”と書いてあるのが、かえって猜疑心を煽ったりした(笑)。
いや実際のところ、低価格明朗会計で安心して飲める店だったわけで、すっかり好きになったんだけどね。

店内には二人掛けと四人掛けの小さいテーブルが入り口すぐの壁際に、左手奥に窮屈なミニ小上がりがあるが、メインはL字型カウンターであり、そちらに座りたい。
二階には広い座敷があり、多人数で宴会をするならそちらで。

カウンターにはネタケースがあって、焼鳥のネタがみっしり詰まっている。
焼鳥は鉄板にギューっと押し付けて焼き上げる、あんまり見かけないスタイルだが普通に美味しくて人気メニューでもある。

酒一番:店内

メニューは豊富で、その一部はこんな感じ。

酒一番:メニュー酒一番:メニュー

関東や関西の大衆酒場に比べれば酒はそこまで安くはないが、中洲の一角にしちゃ安い。
酒のアテは、飲み屋定番の一品から刺身やら焼き炒め揚げもの煮物から一人鍋に丼ものまで、豊富。
一人鍋も種類が多く値段も安く、独りでもホッと温まりながら酒が飲める。

酒一番:ひとり鍋

俺のオススメ一人鍋は、湯豆腐、みそなべ、とんちり。
他県からの来訪者には、もつ鍋がオススメかな。

刺身は、正直なところ当たり外れがあるね。
そんなに安くもないこともあって、ここでは刺身はあんまりオススメではないかな。

酒一番:刺身

酒のアテとして、なぜかこの店のチーズが気にいっていて、頻繁に注文する。
チーズと、プラ容器のブラックニッカのクリア&ウォーターっていう最初から水割りになってるやつを何本か、途中でチーズおかわりして、っていう飲み方にハマった時期もありました。

酒一番:チーズ酒一番:ニッカ

でも基本はまず、キリンラガー瓶だよね。

酒一番:キリンラガー

赤ウインナーが、ビールに合う。

酒一番:赤ウインナー

博多の郷土料理もあって、観光やビジネスで福岡を訪れた人にはオススメ。
ややニッチな感のある郷土料理である、おきゅうと、いわし明太なんかがいいかなぁ。

16:30から開店で、18時近くにはサッサと満席に近くなる。
可能なら早めの時間帯に行くの推奨。
昔は、パチンカスや競輪が好きそうなジャンパー着たオッサンばかりみたいな客層だった印象だが、今では女性客も珍しくなくなったな(飲み屋の同伴かもしれんが)。
ここと同じく福岡が誇るべき大衆酒場、博多駅筑紫口「寿久」はサラリーマンで溢れかえっているのが、こちらの客層とは対照的か。

俺が覚えている限りでは内装を一度リフォームしたが、建物自体は古いままで味がある。
カウンターはオバチャン二人で仕切っていたが、いつの頃からか背のスラっと高い女性が加わったな。
店休日は、たしか月に一度だけ10日だったか13日だったか、その辺りだったと思う(うろ覚え)。

福岡の大衆酒場で一番どこが好きかって訊かれたら、断トツ「酒一番」だ。
思い入れもあるし、ずっと長いこと盛況であって欲しいなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

酒一番郷土料理(その他) / 中洲川端駅天神南駅呉服町駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:好きな飲み屋 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/168-8ef6a373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)