タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (81)
食べ飲みした店 (614)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (10)
福岡市博多区 (86)
福岡市中央区 (156)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (11)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (19)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

タベノミーとはなにか(100記事記念特別企画)

なに、っていうほどのもんでもないんだけど、なにか。

そんなことはどうでもいいんだけど、そんなことに言及するのは、この投稿が100エントリーめになるから。
おぅ、いつのまにか100か。

2014年9月末に始めて、思うがままに書き散らしたら100記事よ。
まぁ、アニバーサリィ感はある。

そういったわけで、このブログのタイトルについて。

タベノミー

だいたいが、タベノミーというのは“食べ飲み”から短絡的に発想した安易なネーミングではある。
オヤジギャグに近いもの、である。
それはそれで、何について書くのかが端的に顕われているので悪くはないと思うよねー。
で、まぁ実際のところ“たべのみ”というより“のみたべ”なのが実情ではあるが、食うより飲むほうが好きだからね、つまり食事より飲酒に重きをおいているからなんだけど、それではなんだか語呂が悪いんだよね、「ノミタベ」ではね。
「ノミタベ」よりは「タベノミ」だろう。
日本語の、なんかアレとしてね。
だから「ノミタベ」ではなく「タベノミ」です。

じゃ、そこまではいいとして。
「のみたべ」じゃなく「たべのみ」なのはいいとして。

ってゆーか、多くの方は“いやどうでもいい、そんなこと説明いらねーし”と思っているかもしれないが、既にこの辺で。
まぁ聞いてください。
「たべのみ」なんだけど、なんでまた音引きをつけて「たべのみー」に、したか。

ちなみに日本語で“のばす印”を『音引き』といいます。

そう、音引きをつけて「たべのみー」にしたのは何故かというと、カッコイイからです。
語感的にね。
語感的、語呂的にイイなってのと、あとなんだかアカデミックな響きを付加できるから。

どういうことかというと、英語における接尾辞で、学問や“〜法”というのを表す『nomy』という接尾辞があるわけですよ。
接尾辞ってのは単語のケツにくっつけて意味性を与えるものだ。
単語に『nomy』を付けると、それに関する学問といった意味を与えるわけね。
我々にとって身近過ぎてピンとこないかもだが『エコノミー』という言葉は『nomy』という接尾辞が付くことによって経済に関する学問という意味になっているわけよ。

逆にそれほど身近ではないが、食べ飲みが好きな我々にとってピンとくる例としては、食べたり飲んだりに関する『ガストロノミー』っていう言葉がある。
食べたり飲んだりについて学問的に考察したりする、ちょっと『グルメ』というタームとは差別化される言葉なんだよね。
より学問的であるって感じでね。

そういう、通俗的で一般に消費されてるタームとは違うニュアンスのコトバを選ぼうという気持ちは、あったわけなんだね。
そういう気持ちでの「タベノミー」です。
ただし!
ただし、「タベノミー」はスノッブなわけのわからんナニかを目指したかったわけでは、まったくない。
なんだか高尚な学問的なものにして、うやむやのうちにカッコイイものにしようと思ったわけではない。
むしろ、逆だ。
スノッブとかとは逆の、またポピュラリティには迎合しない、真に学問的…いやクソくらえだな、そんなもん…真に探求的であるものを目指して、「タベノミー」をやっているということです。

それはつまり、世の中の一般大衆の誰も彼も最大公約数的に価値を認める(と思われている)広く受け居られ易い店や酒や料理について俺が言及することは意味をなさないので、俺にしか俺こそがという視点と行動と経験によって提供できるナニかを書く場所が、「タベノミー」なんです。
俺みたいな昼から酒飲んでる社会的にアレな奴だけが知り得る、ナニか、とか。
オサレじゃないどころか一般に敬遠されそうなボロい飲み屋でネット上にさえ情報がないところを拾うという。
誰も取り上ようとはしないが、オマエらとは違うところで需要はあるはずなんだよ、といった。
そういうタンゴを使うのはクソ恥ずかしいが、カウンターカルチャー的あるいはアウトサイダー的なものを拾うという。
そういうあれこれを書く底辺食べ飲み学術研究発表的なもの。

それが俺の「タベノミー」についての姿勢です。

そんなことを、100記事記念に吐露してみた。ファック。
書いてる奴が書いてる意味を吐くなんてのは、スカムだね。

でもまぁ、いいじゃん?
読んでくれている皆さんは、皆さんそれぞれ独自に勝手に、「タベノミー」とかこんなもんだろ、と思って弄んでいただければ、それで幸いです。

そんなこんなで、これからも「タベノミー」は頼まれもしない底辺タベノミ衒学…あ、ゴメン“衒学”ってカッコつけすぎ…底辺あれこれについて書き殴っていきます。
よしなに。
若奥さん、よしなに。

ちなみにこの文章は酔っぱらって書いてるんで、いつか恥ずかしくなって改訂するかもしんない。

関連記事
タベノミー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabe-nomi.jp/tb.php/100-f131e1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)