タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (501)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (1)
福岡市博多区 (61)
福岡市中央区 (95)
福岡市南区 (2)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

陽気な常連さんに支えられてアットホームな雰囲気「長尾酒店」福岡市早良区百道

こういうロケーションにも角打ちできる酒屋があるんだねぇ。
早良区百道の「長尾酒店」。

長尾酒店

福岡市営地下鉄藤崎駅を出るとすぐ早良区役所があって、角を北へ。
警察署や税務署がある整備された大きめの通りは百道の高層マンションセレブリティー地帯へ通じる。
その通り沿いに「長尾酒店」はある。
駅から歩いて5分ってところかな。

小さな店舗で、店先は飾りっ気がないね。
店内の様子を窺うと、角打ちカウンターが見えて先客が飲んでいるのが判った。
これは飲めるなと、店に入る。

お年を召した女将がいらっしゃり、ここって角打ちできるんですねと声をかけると、どうぞと。
入り口近くは常連さんエリアのようだったので、カウンターの奥の方へ。

長尾酒店

入って右手の冷蔵ショーケースからキリンラガー缶を手に取り、キャッシュオンで支払って飲む。
アテは乾き物の他、簡単なものが冷蔵ショーケースに用意されていた。

カウンター内には女将と、壮年男性がいて常連さんと談笑していた。
こちらの男性は店の人かと思ったが厳密にはそうではなく、女将のお手伝いをしている人だそうで。
その男性に話を聞くと、店は早い時間帯から開いてるが角打ちは夕方からだそうだ。

長尾酒店

ここはタバコも売っていて、店内で喫煙できる。
奥には座れるテーブル席もある。
立って飲むのが角打ちらしさを楽しめるけどね。
ゴルフの話題で盛り上がっていた常連氏が、うるさくてすみませんと声をかけてくれた。
いえいえそんな、気になさらず盛り上がってください。
南区の大橋から通っているという高齢の男性常連氏がいらっしゃり、熱心なファンが支えている酒屋なんだなと感じた。

長尾酒店

冷蔵ショーケースには量り売りのポン酒も何種類かあって、「東一」を一杯いただいた。

メディアなんかで紹介されず、ひっそり営業している感じの酒屋だね。
ほぼ常連しか来ない店のようだけど、常連ブロックの閉鎖感はなく、一見でもフラっと寄って角打ちできるよ。

「長尾酒店」早良区百道1-18-16

【広告】Advertisement


福岡【飲み屋・居酒屋】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

大好きな「はかたや」の西新店に行ってみた「はかたや 西新店」

<追記:2016年09月07日>
ちょっと酒を飲みに立ち寄った。
前に利用したとき、酒飲みに優しい店なのかもって印象を受けていたので、どんなもんかと。

平日の18時ちょい前、混んでなかったな。
飲んだあとにラーメン食いに寄る、夜が深くなってからの店って感じかな。
夕飯に、という店でもないだろうしね。

はかたや西新店

おつまみチャーシュー300円也を頼んでみた。
値段の割に、こんもり肉が盛られているなという見た目。
チャーシューの下には、これまたこんもりモヤシが。
チャーシューは普通にラーメンにのってるチャーシューで、モヤシはとくに味付けはなかった印象。
卓上の調味料で、いい感じにお好みの味に調整するのがよかろう。

はかたや西新店

酒は280円。
どんな紙パックの酒だろうと思ったら国の壽だったよ。
推定大陸系アルバイト女子が、目の前で瓶から次いでくれた。
表面張力もキレイに注ぎ終えると、ちゃんとできてますよねって風に女子が俺の顔を見てきたので、上手だねと言うとはにかんだ笑顔を見せてくれた。

およそ18時になる頃、アルバイト女子が3名になった。
シフトの変わり目で一時的に集結したという状態だろう。
なんだか華やかで良かったよ。

酒一杯のアテには、おつまみチャーシューは十分過ぎる量だった。
もう一杯とも思ったが、外は小雨で、長居すると雨脚が強くなるかもと思ってやめておいた。

はかたや西新店

おつまみチャーシュー残存兵力をラーメンに投入。
いつもより豪華なラーメンになったわ。
いやもっとも、「はかたや」のラーメンは最小限の要素で構成されてるところが好きなんだけどね。
ま、たまにはいいか。

<初回投稿:2016年04月02日>
俺が福岡のラーメン屋のラーメンのなかで一番好きなのは、「はかたや」のラーメンだ。
このブログでも以前に「はかたや」については書いている(川端店)。

ブログ開設初期に書いてるんだけど、それは早い時期に“俺は「はかたや」のラーメンが大好き”というステートメントを表明しておきたかったからだという面もある。
ラーメンマニアとかラーメンブロガー(笑)とかには見向きもされなそうなラーメンだが、俺はそういうスタンスじゃないぜってのを言っておきたかったのだ(まぁ自己満足ではある)。

で、「はかたや」って店舗がいくつかあるんだけど、その全部に行ったわけでもないのよね。
俺はほとんど川端店か百年橋店を利用してて、他はあんまり行ったことがない。
ちょっと西新に行く用事があったので、機を得たりと西新店に立ち寄ってみたよ。

はかたや西新店:外観

ま、初めてじゃないんだけどね、ものすごく久しぶりだ、たぶん10年スパンくらいで。

店に入ると、食券マシーンが目にとまった。
あれ? 食券かよ?
川端店も百年橋店も食後の現金受け渡し会計だから、ちょっと面食らった。
そしてちょっと、メンドくせぇなと思った。
なんか、ラーメン屋で食券制って替え玉するときまた食券買わなきゃかよってメンドくさく思わない?
そんなことを思いつつも、おつまみメニューが食券マシーン上部に掲示してあるのは良い感じ。

はかたや西新店:メニュー

酒のアテをアピールするってことは酒飲みに優しい店ってことか、と。
残念ながらこの日は夕方に仕事の用事があったから飲酒できなかったんだけどね。

はかたや西新店:ラーメン

さてラーメンは、「はかたや」のラーメンだった。
それは当たり前だろうと言われればそうだが、もしかしたらという気持ちもあったのだ。
どういうことかというと、「はかたや」は公式サイトで“経営パートナー”を募集していて、ということは各店舗で独自性が認められてるのかなという気がしており、もしかして味が違うかもしれないと危惧していたってわけなのよ。
今でこそ「はかたや」のラーメンの味が大好きなんだが、昔は“安かろう悪かろう”なラーメンだと思っていたんだよ(それでも憎みきれないあんちくしょうだったわけだが)。
そんなわけで西新の店舗は昔の味のままかも、ってちょっと思ってたのね。

俺の好きな「はかたや」のラーメンで、良かった。

西新には魅力的なところだし、飲みに行った締めにまた立ち寄ることもあるだろうな西新店。

↓「食べログ」での店舗情報

はかたや 西新店ラーメン / 西新駅藤崎駅

福岡【ラーメン】

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ほんのちょっぴりの蕎麦味噌がささやかな幸せ「蕎麦処草八」福岡市西新

西新の商店街にある蕎麦屋、「草八」にフラっと夕方になって立ち寄った。

蕎麦処草八

マンションの一階、ちょっと奥まったところにある。
店の前まで行くと、ああ蕎麦屋だなって雰囲気ではある。

蕎麦処草八

夕方になって立ち寄ったというのは、ここは残念ながら通し営業でなくアイドルタイムに休むので、昼下がりに蕎麦前で酒を楽しむってことはできないから。
ようやく17時になったら飲めるというわけだ。

割と最近、天神ビブレ地下の店舗を利用したが、こちらはだいぶ久しぶりに。
店の中って、こんなに小ぢんまりしてたっけ、と感じた。
以前は友人と小上がりでゆっくりまったり天ぷらとポン酒を楽しんだ思い出があるが、その小上がりも記憶と違ってコンパクトだなぁと感じた。
今回は独りなので、小さなテーブル席へ。

蕎麦処草八

目的は飲酒なので、まず酒のメニューを眺める。
日本がいろいろ揃って、さすが蕎麦屋だと感心。

蕎麦処草八

アテもいろいろあって、でも意外と“これこそ蕎麦屋のアテ”というのは揃ってない印象。
だが、大丈夫だ。
ここはポン酒を注文すると蕎麦味噌が付いてくるのでアテを注文せずとも楽しめるのだ。

蕎麦処草八

ほんのちょっぴりの蕎麦味噌だが、これで十分に飲める。
アテを注文せずケチくさいが、蕎麦屋ならではの楽しみ方ではあるよ。
頼んだ酒は麒麟山生酒辛口、なぜそれを選んだかというと値段が安かったからだ。
そこそこポン酒が揃うのだが、値付けは安くはないと感じたので。

しかしまぁ、店内盛況で。
もっと渋い蕎麦屋だった記憶があったが、なんかファミレスみたいな雰囲気に感じた。

酒を飲み干し、蕎麦も食おうと。

蕎麦処草八

かけそば。
うん? こんなだったっけ?
もっとこう清廉な、洗練された蕎麦だった気がしたが、記憶違いだっけ。
正確な値段は忘れたが、かけそば600円超え。
安くはないなぁ。
いや素朴で、蕎麦らしい蕎麦だなとは感じたが。

なんか全体的に、こんなだったっけ? って感想を持った。
思い出は美化されて、ってやつかな。

↓「食べログ」での店舗情報

蕎麦処草八そば(蕎麦) / 西新駅藤崎駅

福岡【そば・うどん】

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)