タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (80)
食べ飲みした店 (597)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (10)
福岡市博多区 (83)
福岡市中央区 (143)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (11)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (19)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

またもや台東区で「富士そば」へ行ってしまった「名代 富士そば 御徒町駅前店」

自分の生活圏にあれば週に何度も利用するであろう「富士そば」は、九州には展開してないから俺にとっては“東京の味”なのよ。
これが“東京の味”って、安っすい価値観だよなぁ。

富士そば 御徒町駅前店:外観

前回は上野店に行ったが、今回は御徒町駅前店へ。
また台東区で立ち寄ってしまったっつーか、また上野じゃん。

とりあえず、まずビールを飲もうと。
アテはどうしようかと自販機を見つめた。

富士そば 御徒町駅前店:店内

天ぷら(単品)というのがアテになるな。
そんなわけでビールと天ぷら。

富士そば 御徒町駅前店:料理

天ぷらは、かき揚げで、そばツユをかけてもらって。
うん、上等なアテだよ。

富士そば 御徒町駅前店:料理

〆に、かけそば。

手軽にちょっと飲んで、そば食った。
お手軽な満足感を得られた。
そういうところが好きだぜ「富士そば」。

こちらは、割と小さめの店舗ってことになるかな。
でも2階もあったようだから、キャパシティはそれなりにあるかな。

しかしまぁ、すっかり立ち食いの店舗は無くなったみたいね。
もう都内に数店舗しかないって感じかな。
立ってるほうが安っぽくて好きだったが、座れるのも楽で、まぁいいか。

↓「食べログ」での店舗情報

名代 富士そば 御徒町駅前店そば(蕎麦) / 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

東京【飲み屋・居酒屋】【そば】

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

東京メトロ三ノ輪「鈴木酒飯」なかなかのポン酒の品揃えにポリシーを感じた

上野で酒を飲んでて、このあと神田に行こうと思っていたんだけど目当ての店が開くまで時間がある。
そこで、三ノ輪に行ってみようと思った。

三ノ輪駅は日比谷線で上野の次の次という近さ、行ってみようと思ったのは台東区根岸「鈴木酒飯」。
昼から角打ちできる酒屋だという情報を拾っていたので、時間があれば立ち寄りたいと思っていたのだ。

鈴木酒飯:外観鈴木酒飯:外観

上野から、とてもざっくり言えば日暮里や北千住方面へ向かうんだという地理的認識で、なんだか昔ながらの下町っぽいイメージを抱いていたが、駅から地上に出てみれば三ノ輪はフツーに小奇麗な町だった。
また「鈴木酒飯」も年季の入った古びた酒屋を勝手に想像していたが、なんだか洗練されていた。

鈴木酒飯:店内

すっきりと、いろいろな酒が陳列された店内。
酒蔵の名前が染め抜かれた前掛けが飾ってるのが趣きがあるが、と同時に此処では美味しい酒が買えると期待させる売り場構成だなと感じた。
それはまた、逆に言えば昼間っからオッサンが角打ちしてもいいのか、とも思わせる空気でもあった。
昼間っから角打ち目当てに訪れた俺というオッサンは、やや気後れした。

鈴木酒飯:店内鈴木酒飯:店内

だが角打ちコーナーはあり、立ち飲みカウンターは誂えてあった。
それはつまり、飲んでもいいよってことだわな。
もっとも、俺が立ち寄った土曜の15時台後半に、角打ちしている客は一人もなかったのだけどね。

鈴木酒飯:店内
店内に酒蔵の前掛けが飾ってもあったし、角打ちコーナーでもいろいろな日本酒がプッシュされていた。
なら俺もポン酒を飲むわなぁ。

鈴木酒飯:酒

若めの男性店員か店主か、が一人いて、一杯飲みたいのだがオススメはと訊いた。
神奈川の「いづみ橋」という酒をいただいた。

鈴木酒飯:店内

くさやチーズなる、これはいかにも東京でなければお目にかかれないなというアテもあったが、注文はせず。
それは何故かというと、俺はまだ生まれてこのかた未経験なんだ、くさや。
だから、それを注文してみるのはとても無謀な冒険に思えたので、躊躇してしまったからというのもある。
それからまた、アテを注文してゆっくり酒を飲むという空気ではなかったからだというのもある。
角打ちコーナー的なものはるが、あくまで試飲の範疇で、という空気を俺は感じた。
買う前に試してみるため、という文脈で店内で飲んでいただいてます、というような。
酒を飲むのを目的に酒を飲みに来られるのは本意ではない、というような。

この店で角打ちができるようだという情報をネットで拾った際、それは個人のブログだったか、楽しげに酒を飲んでいるような画像が添えられていたように記憶しているが。
思い起こせば、それは3人だか4人だかで訪ねて、内輪で盛り上がっていたのだろうな、と。

そういう様子を鵜呑みにして、ネット上の断片情報だけを頼りに、何処にでも不躾に訪ねていくものではないなと考えを改めなきゃな、と思った。
どこに行っても自分のペースで飲めると思い込みがちだったなと、反省したよ。
角打ちってのは、特にそうだよな。
軒先をお借りして飲ませていただく、という気持ちを忘れないようにしなきゃって思った。

↓「食べログ」での店舗情報

鈴木酒販日本酒 / 三ノ輪駅三ノ輪橋駅荒川一中前駅

東京【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【立ち飲み】【角打ち】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

この店さえあればいいんじゃないかと思うほど素晴らしい台東区上野「たきおか」

<追記:2016年01月06日>
東京飲み屋巡りで、上野に宿をとって御徒町、それから新橋や神田に足を延ばそうと企てたわけなので、上野に滞在していたのです。
で、上野に居るんならやっぱり「たきおか」に行っちゃうんだよな。

たきおか:外観

ブログなんてものをやってると、なるたけ新ネタを投入したいなっていう下品さで行ったことのない飲み屋を求めてしまうんだが、それでも「たきおか」にはやっぱり立ち寄りたい、という魅力がある。

たきおか:店内

前回はフロアの奥に案内されたが、今回はカウンターへ。
景色が変わって嬉しいね。

やっぱり東京に来てるんだからマグロだね、と思うのは九州人らしさかもしれないなぁ。

たきおか:酒

九州ならではなのが鯖とかの青魚で、関東だとマグロを食いたくなる。
そういうのが他所に飲みに行く楽しさでもある。
そうはいいながら、カウンター内から“鯖味噌もう終わるよー”って声がかかれば、つい注文しちゃうね。

たきおか:料理

だいぶ骨の多いものだったが、200円かそこらだったし納得で満足だ。

安い、味もそれなり、朝からやってる、なにより酒飲みが集っている。
「たきおか」は、やっぱり楽しい。

<初回投稿:2015年05月14日>
ブログ更新にタイムラグがあるが、2015年4月下旬に東京飲み屋巡りに行った、その3日目。

朝の上野へやってまいりました。
上野には朝から飲める店があるんだよ、なかでも有名な「たきおか」へやってまいりました。

たきおか:外観

この「たきおか」、立ち飲み屋で、開店は7時。
そんな朝早くから客はいるのかと思われるだろうが、盛況だったよ。
俺が行ったのは8時30分ちょい過ぎ、店内はほぼほぼ埋まっていた。

たきおか:店内

朝の光景とは思えないよね。
入ってすぐにカウンター、フロアに立ちテーブル、奥には壁沿いカウンター。
客をかけわけ空いたスペースを求めて奥までかきわけ、壁沿いカウンターに立ち位置を確保。
すると店のオバチャンがスルスルと客の隙間をぬけて注文を取りに来てくれた。

ビールが飲みたかったが、残念ながら俺が好きじゃない銘柄のものしかなかった。
じゃあハイボールにしようかと思ったが、朝だしもうちょい控えめなものにしようかとウーロンハイを注文。
朝っぱらから酒を飲む時点で、控えめもなにもあったもんじゃないけどね。

壁にメニューが掲示してあり、いろいろ安いアテがある。
なんかもう、ものすごく安い。

たきおか:メニュー

お浸しを“おしたし”って表記してるのが、なんだか東京に来たという観光気分をくすぐるね。
朝だし軽くポテトサラダにしとくかと思ったが、刺身がえらい安いよなぁ。
オバチャンがハイボールを持ってきてくれて、その場でキャッシュオンで支払うと同時に、まぐろ刺身を注文。

たきおか:まぐろ

ウーロンハイと刺身が、この日の朝メシです。
この刺身、220円だよ。
すっごい安さだな、4切だし量的には少ないが、でも想定外に美味しかったし感動的。

フロアをスムースに行き交う店のオバチャンは、キャッシュオン対応のためガマグチだったか大きな財布を装備しており会計すぐさま釣りをくれる。
客が万札で払おうが余裕で対応していて、合理的で円滑な店舗運営に感心。
なおかつフレンドリーな接客で好感度が高い。

東京に飲みに来てるから、やっぱ煮込みを食べたいと思った。
この店では煮込み190円と安い。
でも俺、モツが苦手なんだよね。
大衆酒場や経ち飲み屋が好きなのに、モツが苦手というアウェイ感のあるスペックな俺なのよ。
で、オバチャンに煮込みはモツなのか訊くと、モツだけど別に牛煮込みというのがあるよと教えてくれた。
よしそれだ、と注文。

たきおか:牛煮込み

こちら牛煮込み300円、ちょいピリ辛の味付けで、やわらく煮込まれていてウマい。
そしてボリュームもあり、満足度の高い一品だった。

朝から混んでいるのに、どんより感はない。
前日夜の延長でダラダラ飲んでいるのではなく、新しい一日の始まりに朝から飲んでいるって感じの空気。
どこかこう、朝っぱらから酒を飲む人間が集まっている店なのに変だが、爽やかでさえあった。

とにかく安いのも魅力だ、大阪の天満ばりに酒もアテも安く、そして美味しい。
繁盛してるし有名だが、店ルールを客に押し付けることなく、節度をもって好きなように飲んでねという雰囲気。
忙しいだろうに店のオバチャンの接客はおざなりでなく、客に何か訊かれるとイエスノーだけ返すんじゃなく客が求めるものを察知して対応してくれる。

もう、いろんな面で素晴らしいね。
上野という街には「たきおか」さえあれば、もうそれで全てオールライトなんじゃないかとさえ思えた。
もちろん他にも良い店がいっぱいあるに違いないよ、ぜんぜん俺が知らないだけでさ。
朝イチ、まだエンジンがかかっりきってない俺に、初っ端から大きなインパクトを与えたってことね。
ま、俺なんかが言うまでもなく、ここは名店だわ。

↓「食べログ」での店舗情報

立飲み たきおか立ち飲み居酒屋・バー / 京成上野駅上野御徒町駅御徒町駅

東京【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【立ち飲み】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)