タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (75)
食べ飲みした店 (500)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (1)
福岡市博多区 (61)
福岡市中央区 (94)
福岡市南区 (2)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

なるほどこれが伝説のすた丼か「伝説のすた丼屋」池袋店

九州では食えないからね、一度ちょっと食ってみたかったんだよね。
都内に何店舗か展開するメシ系ファストフード「伝説のすた丼屋」。

伝説のすた丼:外観

今回の東京飲み屋巡りのどこかのタイミングで立ち寄りたいと思ってて、池袋で立ち寄ってみた。

伝説のすた丼:外観

むっ、旨辛焼肉丼とか美味しそうだなーとか思ったが、やはり初めての「伝説のすた丼屋」だから看板メニューであるすた丼を食べるべきだろう。
食券を買って混んでるカウンター席になんとか席を確保しました。

しっかし混んでるなーと窮屈な思いをしつつ店内を眺めているうちに注文したすた丼が……まだ来ないな。
平日12時台の池袋、やっぱ昼メシどきだし混むのは仕方ないよなぁ……まだ来ないな。
仕事の合間にガッツリ食って午後からも仕事を頑張るんだろうなぁ……まだ来ないな。

とりあえず提供遅っせーな。
と、内心イラっとし始めた頃にやってきました。

伝説のすた丼:すた丼

わぁ、ごっつい。
これに生卵と味噌汁も。

いい歳こいたオッサンが食うものではないな。
俺があと10歳若ければ喜んでガツガツ食ったであろう。
ちょっともうねぇ、俺にはキツいですわ、まぁ味はいいとして量的にキツい。
あとニンニクがキツい。

けっこう苦労して食った。
よし、もういいや、一度経験したらもういいわ。
ま、九州では食えないからね、いい経験になった……と思っていたが。
熊本に出店してやがった!
ゆめタウン光の森ってショッピングモールに4月25日オープンだって。
俺が池袋店に行ったの4月28日なんですよ。

ああ……なんか無駄に満腹になって、なんだか……ああ。

↓「食べログ」での店舗情報

伝説のすた丼屋 池袋店丼もの(その他) / 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

東京【メシ系ファストフード】

テーマ:ガッツリ - ジャンル:グルメ

池袋駅そば路地裏のビルの谷間にある酒場「ふくろ」は殺風景な外観だが憩える

駅から徒歩すぐなのに、どこか寂しいビルの谷間に「ふくろ」。

ふくろ:外観

店自体もビルになってんのね、なんだか殺風景でうらぶれた外観だな。
品書きの掲示がなきゃ飲み屋だとは思わないかも。

ふくろ:外観ふくろ:外観


しかし店内は、外観の印象とは違って昭和っぽい和める酒場です。
平日の11時台、そこそこ席が埋まってるね。
空いた席に陣取り、まずは何を飲もうか。
東京飲み屋巡り5日目最終日、もう東京を離れるから最後にホッピー飲んどくか。

ふくろ:ホッピー

店員の女の子にホッピーを注文すると、セットで登場。
ほほぅ、ジョッキに氷、ホッピーと焼酎が別々に、さらに氷にトングにマドラーにと。
こうやってワンセットで目の前に揃うと、なんだか楽しいね。

ふくろ:ホッピー

自分の好きな加減で飲めて良いねぇ。
焼酎(正一合)250円、ホッピー220円、トータル470円か。
贅沢に氷がセットになってるから、納得価格だわ。

ふくろ:お通し

お通しがでてきて、これが250円。
まぁ納得できる、ちゃんと酒のアテになるし。

店内は見事にオッサンばっかりで、みんな常連で互いに顔見知りのようだ。
オッサンたちは、いい距離感で仲良く、かつ過度に干渉せず酒を楽しんでいる。
見知らぬオッサンである俺も、アウェイ感なく自分の酒を楽しめる。

店の女の子は大陸系だろうか、素っ気ないようでいて愛想がないわけでもない。
カウンターの隅で寝ているオッサンを放置してあげながらも、たまに気遣っていたり。
女の子に話しかけてみると、ちゃんと応対してくれるし、いい距離感だ。

客も店も、なんだか距離感が絶妙に感じたよ。
なかなか居心地がよくて憩えるね。

ふくろ:店内

けっこうメニューの多い店で、ホッピーのアテに何を注文しようか迷うほど。
熟考した末にハムカツを注文した俺は芸がないなぁ。

ふくろ:料理

薄くて、コロモが雑についたハムカツだが、こういうのがうまいんだよな。
ハムカツってのは、安っぽいほどうまいよね。

氷もまだタップリあるし、ナカを追加。
うーむセットになってると、余計に飲んじゃう客単価アップの効果があるかも。

名店だよってな評価は目にしなかった、そこまで期待してなかった酒場だけど、俺にはダークホース的に良いね。
適度な距離感が心地良い店だなって感じたよ。
こういう酒場がビルの谷間にひっそりあって、池袋は酒飲みにとって素敵な街だな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

酒場 ふくろ居酒屋 / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

東京【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

調子にのって昼キャバってものに行ってみたんですよ大塚「New Club LAST SCENE」

大塚は昼から飲める店が多く、そして昼から開いてるキャバクラもあるのであった。
いわゆる昼キャバっての。

機会があれば、一度は行ってみようと思ってたんだよね昼キャバ。
どんな雰囲気、どんなシステム、どんな女の子がいるんだろうって興味があったんだよ。
で、大塚でキャッチの女の子に声をかけられたので、いい機会かもって思ったわけよ。

LAST SCENE:女の子

この日は朝からハシゴ酒、もうけっこう飲んでたんで判断力もユルくなっててキャッチにホイホイついていきました。
ま、2,000円なら安いよね〜って軽い気持ちで。

LAST SCENE:店内

ヴァイオレットな照明がクールかつ淫靡な雰囲気であったりする店内。
フロアの席につくとセットが用意されましたよ。

LAST SCENE:店内

ふわぁー、ボストンクラブやぁー。
この安ウイスキー、まだ現存しとったんか、なんか20年ぶりぐらいに目にしたかも。
値段だけでいえばトリスとか置いたほうが安く済むんじゃないか、いっそペットボトルのキングウイスキー凛とか置いたほうがコスト削減できるんじゃないか? と、思ったが。
そんな貧乏くさいウイスキー置いてたら客から文句いわれるかもしれんね。
ボストンクラブだと、あまり知名度がないだけに“なんか知らんけど良いウイスキー?”って勘違いしてくれる客もいるかもしれないよね。

で、女の子がどんどん水割り作ってくれるんで、どんどん飲む。
ヴァイオレットな照明で、ウイスキー薄いのか濃いのか見た目にはよくわかんないんだけど、まぁフツーだったかな。
女の子も、一杯いただいていいですかぁ〜? と水割りを飲む。

LAST SCENE:酒

しばらくすると店内アナウンスで、俺についてくれてた女の子がご指名です、と。
ふむ、では女の子はどこか別の席に行くんだなと思ったのだが、とくに移動する気配がない。
きょとん、としていると、まだこの席にいてもいいか? みたいなことを訊かれた。
その発言の意図が判らず、やっぱりきょとんとしていたら、どうやら店内指名を促されているのだと判った。
あの店内アナウンスは、店内指名のきっかけとなるものだったようで、気の効いた客はアナウンスのタイミングで指名をするというわけなのだ、なのらしい?
で、店内指名をしてみた。
特に何か変化することなく、女の子はそのまま接客を続けた。
きょとん、としたのだがキャバ嬢に気に入られたい客は店内指名をすることでポイントが上がるんだよな。
指名料金のバックが女の子の追加収入になるわけだ、なるわけなのか?

そろそろぼちぼち撤収しようと思った。
最初に声をかけられたとき説明されたシステムによると1時間2,000円とのこと、やがて1時間になる頃だろう。
そんなわけで会計をお願いした。
お支払い6,120円。
なるほど、こういう額になるのか。
女の子の飲みもの代、場内指名料金やらが加算されての、こういう金額ってことか。
安くはないと思ったが、でも夜のキャバクラよりだいぶ安い? よねぇ?
ふーむ、勉強になった。

よしわかった。
一度体験したから、もう昼キャバは気が済んだ、もう行かなくていいや。
まぁそれなりに楽しめたんだけど、やっぱ大衆酒場とか立ち飲み屋のほうが好きだな。
しかしまぁ社会勉強になったので良しとしよう。

【広告】Advertisement


東京【飲み屋・居酒屋】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)