タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (512)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (1)
福岡市博多区 (68)
福岡市中央区 (99)
福岡市南区 (2)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

セイロンライスなるものを目当てに難波「ニューライト」

ご当地ライス、とでもいうものに惹かれる。
長崎のトルコライスや、佐賀のシシリアンライス、いつの日か食べてみたい北海道のオリエンタルライスとエスカロップ、福井のボルガライスなど、全国区ではなく限定エリアで食べられるライスたち。
沖縄のタコライスも、かつてはローカル性が高かったと思うが今ではすっかり全国区っぽいね。

大阪では、長崎のものとは違う大阪独自と感じるトルコライスを「イスタンブール」で食べたわけです。
それともまた違うトルコライスも存在するようだが、大阪には他にも気になるライスがあった。
セイロンライスというものだ。

そんなわけで、セイロンライス食いたさに難波の「ニューライト」に足を運びました。

ニューライト:外観

うむ、ネットで拾っといた情報で事前に知ってたけど、わけのわからん外観だ。
テントに屋号があるけど、それだけじゃ何屋かわかんないよね。
そこがメシ屋であると知ってなければフラっと立ち寄ることはないであろう。
メシ屋と知っていても、アーイェーとかヨー!ヨー!とかマジリスペクトとか言ってる怖いニーチャンの溜まり場みたいで怖いので入りたくない外観。

セイロンライスを食うために意を決して入りましたよ。
とりあえず席についてオーダーして、料理を待ちつつ店内を見渡す。

ニューライト:店内ニューライト:店内

やっぱり怖い感じだよヨーヨーワザップレペゼンオーサカマジヤバイ感じ。
しかしまぁ平日のランチ時だったし普通に昼メシ食う客が多くて怖いニーチャンはいなかった模様。

しばし待ち、セイロンライスがやってきました。

ニューライト:料理

こちらが初対面のセイロンライスです。
どういうものか知識は仕入れていたが、思ったよりも“おじや”っぽい。
めっさ見た目シンプルなんで、どういう料理なのか説明は要るまい。
で、なんかこれはシャバシャバで味が薄いかもと思いつつ食い始めたら、そんなことはなかったぜ!
しっかりした味わいで、そこまで辛くないがシャープな辛さで、ゴハン粒の硬さも良好で、どんどん食べすすんでアッという間に食べ終わった。
うまいじゃんセイロンライス。

俺は初めてだったのでデフォルトのセイロンライスを注文したが、カツを乗せるのが人気みたいね。
カツも魅力的だが、デフォルトだと500円ってのがランチ予算として納得価格で良いね。

わざわざ食べてみて、満足できた。
これって大阪ご当地ライスってより「ニューライト」だけのメニューなのかもしれないけど、もっと他の店でもリスペクトしてオマージュして広めてもいいんじゃないかなーと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

ニューライトカレー(その他) / なんば駅(大阪市営)大阪難波駅JR難波駅

大阪

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

谷町9丁目「アラン」その名から俺の脳裏に思い浮かんだものは

朝から夜まで京橋と天満で7軒のハシゴ酒をしてヘロヘロになった。
もう飲めないよぅムニャムニャ……という有様で、これはもう早く部屋で横にならねばという状態。

そうしてフラフラと谷町辺りを歩いていたら、気になってしまう看板を目にしてしまった。
激安とか半額とか若いピチピチギャルが、とか、なんらかのベネフィットが提示された看板ではない。
通りすがる者のハートを掴もうとする惹句はなにもない、ただ屋号が記されたに過ぎない看板。

アラン:外観

アラン

ただそれだけ。

その看板はこの、通りの角に寂しげに佇む店のものであった。

アラン:外観

アラン、というネーミング、この佇まい。
その2つが、なぜだか俺の心を掴んだのであった。
その店は飲み屋だと判り、でも酒はちょっと飲めない状態でもあったが、なんだかどうしても立ち寄りたくなった。
そんなわけで、谷町9丁目「アラン」にフラリと入ってみたのです。

狭い店内にはママさんと、常連らしき男性客が一人。
なんだかちょっとスナックっぽい。

カウンター席に座って、もうあんまり飲めないほど酔ってるので、すごく薄い水割りくださいとお願いした。
ウイスキーの銘柄などもはやどうでもよく、とにかく薄くしてくださいと。

アラン:酒

水割りを飲みながら、俺が心を掴まれたことについてママさんに訊いてみた。
この店の屋号は、アラン・ドロンに由来しているのかと。
答えは、アラン・ドロンだった。

今の若い人は知らないかもだが、アラン・ドロンというのは一世を風靡したフランスの二枚目映画スターだ。
二枚目、ハンサムの代名詞であった。
俺は中学の頃から映画が好きで、でもアメリカンニューシネマとかが好きだったのでアラン・ドロンが出た映画はあんまり観てないんだけど、やはり彼は映画スターだと認識してた。
というか、そんなに映画に興味がなくてもアラン・ドロンくらい誰でも知ってるというほどスターだった。
日本のCMにも出てたりしたしね。

しかし今や、過去の存在だ。
その名を目にしたり耳にすることは、もうほとんどない。
そんな21世紀2015年に、看板に“アラン”とあるのを見かけて、これはアラン・ドロンからとった屋号なんだろうかと気になり、どうしても確認したくなったのだ。

そんな理由で迷い込んできて、もう飲めませんムニャムニャなんて言ってる客は迷惑だよなと思うのだが、ウェルカムに迎えてくれました。
良い店だなぁ。

アラン:料理

ホワイトボードに酒のアテがいくつか書いてるなかにリンゴがあって、リンゴをもらった。
リンゴは1個だと言われたが、そんなには食えないので無理を言って半分にしてもらった。
迷惑な客だなぁ。
リンゴ、美味しゅうございました。

ちょっとこの店には、改めて伺って酒をガブガブ飲まなければと思った。

「アラン」大阪市中央区谷町9-3-19

大阪【飲み屋・居酒屋】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

こういう店に当たると穴場ってこういうんじゃないのって思うよ千日前「みよし」

味園ビル地下のキャバレー「ユニバース」に行ったことのある(そんだけ歳いってるってわけだが)俺からしたら千日前は馴染みがあるので“今、裏難波が熱い!”とかいわれても“へぇ〜ハナクソホジホジ”って感じなんだが、しかしまぁ逆に表難波とでもいうべき辺りを知らないんだよなぁ、あんまり華やかなところには近寄らない人生だから。
それはそれとして、じゃあその裏難波ってのをウロついてみると、なんだか早く閉まる飲み屋が多くないか?
観光客とかしか来ないから、終電に合わせてサッサと閉店するってわけかね。

味園ホテルにチェックインして、さて近所で酒を飲もうと思ったわけです。
だが23時過ぎの時間帯に、あんまり開いてる飲み屋が見当たらない。
そりゃ皆無ではないが、良さげなところは閉店間近と断られ、空いてるところは好みじゃなかったり、あとはチェーン居酒屋だったりで、彷徨ってしまった。

で、わりと良さげなんだが客が一人も入ってない店があって、入ってみようかどうしようかと逡巡した。
なぜなら大阪では、良い店は盛況で行列までできるが、いまいちな店は閑古鳥という明暗が残酷なほどにクッキリしているというのを体感していたからだ。
それに近い傾向はどの都市でもあると思うが、なかにはツマンナイ店が宣伝力だけで集客してるケース、また住民が良い店を選び取る能力が低くてクソみたいな店が流行ってるってケースも少なくないわけよね。
良い店なのに客が少ないってケースもあるわけよ。
だが大阪は、どんだけ客が入っているかは明確に指針となってしまう街だと認識している。
だから、客が一人も入ってない店に飛び込むのを躊躇してしまう。

店内を覗くと、もうけっこう歳のいった店のオバチャンが一人、所在なげに佇んでいた。
それが「みよし」だ。

みよし:外観

古びた飲み屋で、壁もだいぶくすんでいる。
入り口から奥へ、年季がはいってそうだがシッカリとしたカウンターが伸びて細長い店。

みよし:店内みよし:店内

カウンター向こうの棚には俺の嫌いな銘柄のビール瓶が並んでいて、失敗したかなと思う。
食べものメニューはそこそこある様子で、カウンター上にも惣菜が用意されていた。

さて、だいぶ辺りをウロウロして喉が渇いてたしビールだ。

みよし:ビール

キリンラガー瓶があって嬉しい。
良かった、俺の嫌いなのしかないのかと思ったよ。
大瓶600円だったのでそんなに安くないが、難波だとこんなもんだろ。

くたびれた店だなという印象を持ったが、店のオバチャンは意外と快活だった。
裏難波ってホントに熱いんですかネみたいな与太話にも気さくにつきあってくれて、遅い時刻に立ち寄ってるのにウェルカムな空気だった。
やがて俺の後に、若い男子が一人で店に入ってきた。
大阪在住の子だが独り飲みは初めてってことで、話しかけられたので独り飲みの楽しさを熱く語った暑苦しいオッサンが俺です。

ちょっと小腹が空いて、玉子焼きをお願いした。
遅い時間だし手間かなと思ったが、快く応じて焼いてくれた。

みよし:料理

まるで出汁巻とかじゃないし、フワトロでもない火がしっかり入りきった玉子焼きだが、こういうのも良いんだよ。
やや塩っぱめで、酒に合う350円。

若い男子と店のオバチャンと与太話をしてたら、韓国人男子2名が店に入ってきた。
もう閉店って時刻だが(過ぎてたかもしれない)、オバチャンは初見の異邦人のために営業時間を延長して迎えた。
ちょっと張り切った感じに、よーしオバチャン今夜はガンバっちゃうゾ! という気持ちがちょっとだけ垣間見えて、なんだかカワイイなぁと思ってしまったよ。

韓国人男子も交えて、あれこれ話しつつハイボールも一杯。

みよし:酒

なんだか、俺は普段そういうの苦手なんだが、店も客も一体になって楽しい時間を過ごしたんだよな。
人気とされるエリアにあって、地味に目立たず佇む飲み屋で、メディアに注目されずネットにクチコミも見当たらないような店で、良い酒を飲んだ。
こういうのが、穴場ってんじゃないかな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

みよし居酒屋 / 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

大阪【飲み屋・居酒屋】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)