タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (726)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (7)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市浪速区 (8)
大阪市西区 (2)
大阪市此花区 (1)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (106)
福岡市中央区 (189)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (19)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (0)
大分県大分市 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

年金通りにしてもこれはアリなのかって思っちゃうよ「ともみ」

<追記:2018年06月12日>
「ともみ」には割とけっこう何度か飲みに行ってる。
同じ店に繰り返し行くたびにブログに書くのは嫌いだからいちいち書いてないが、そこそこリピートしてる。
とはいえ、大牟田は近くはないのでそんなに頻繁ではないが。

ともみ

飲み屋で酒をキープするということをほとんどしないが、「ともみ」ではウイスキーをキープしている。
キープをする料金がクソ安いからだ。

ともみ

だからいつもウイスキーを飲めりゃいい、他は別に求めてない、という利用の仕方をしている。
食うものは、乾き物くらいしかないことがほとんどだ。
と、思っていたが、実は何か食いものを作ってくれるようリクエストすれば作ってくれるのだ、ということを知った。

ともみ

目玉焼き。
なるほど、食材があればリクエストに応じてなにか作ってくれたりするんだなぁ。
ちょっとビックリした。

<初回投稿:2015年02月27日>
これはクソ安い、だけの理由じゃないんだけど「ともみ」にちょっと通いつめたよ。
大牟田の年金通りにある飲み屋だ。

ともみ:外観

年金通りには何軒か昼間から開けている飲み屋があって、ここもそのひとつ。
ちなみに昼間は看板に灯がはいってなかったりするが、営業しているかどうかの見分け方は暖簾が出ているかどうかだ(当たり前といえば当たり前だが)。
昼間から開いてる店は、だいたい外にまでカラオケの熱唱が聞こえてきて個人的にはゲンナリするのだが、ここは静かだったので入ってみた。

ガラガラと引き戸を開けると、家の玄関みたいになってて靴を脱いで上がる。
奥に長い……といっても実際に機能するのは6席くらいのカウンターがあって、その奥はソファー席となる。
そのまた奥には勝手口があり、その向こうはすぐ線路だ。

ともみ:店内ともみ:店内

カラオケがあり、バックバーにはキープの焼酎ばかりが並ぶ。
年金通りの飲み屋はデフォルトでカラオケがあるのだ。
年金通りは安く飲める、という言われ方をするが、それはスナックや庶民小料理屋に較べれば安く飲めるということで、都会の大衆酒場のように安いということではない。
だから年金通りで飲むときは、まぁビール1本ウイスキー水割り1杯+お通しで2,000円ちょいの支払いになるかなという心算で店に入る。
のだが、ここは安かった……こんな安くてええの? ってくらいにね。

まずビールを飲もうと思ったが、俺が好きじゃない銘柄しか置いてなかった。
そしたら店主が酒屋に注文してくれた。
キリンラガー瓶が飲めて嬉しい。

ともみ:ラガー瓶

お通しなどは出ない。
スナックや庶民小料理屋みたいな中身の店が多いので、お通しが出たり食べものオーダーを求められたりする店が多いのだが、ここはそんなこと意に介さず……っていうか用意がない?
なんというか、この、テキトーにやってる感じ。

何本かビールを飲んで、ウイスキーを飲もうかと思った。
バックバーにはキープの焼酎ばかりと書いたが、隅っこにはウイスキーが置いてあったのだ。
もっともそれも他の客がキープしたものだったのだが。
ここで、店主からキープのオススメ……あいたたた会計が高くつくなと内心思ったね。
そもそも俺はキープするような飲み方をしないので、まるで乗り気ではない。
だがビールを何本か飲みながら店主にもビールをすすめながら会話してるうちに、この店が少し気に入り始めていたのだ……なんだかテキトーなところが。
なので、キープしたらいくらになるのか訊いてみた。
答えは簡潔で、酒屋からの仕入れ値の倍掛けとのこと。
じゃあ酒屋に電話して、いちばん安いウイスキーを持ってきてもらえるか訊くと、いいよとのこと。
それがこちらになります。

ともみ:ウイスキーともみ:ウイスキー

ウイスキーを飲み慣れていて、家飲み用に安いウイスキーを買ってるような人にはおわかりだろう。
これがどれほど安ウイスキーであるか。
なんならググってもらうと価格がわかると思うが、それの2倍がキープ代金である。
そんなに安くキープできるんなら、そらキープするわ。
だってねぇ、スナックとかでウイスキーのキープつったら、ハーパーとかのメーカー希望小売価格×2.5〜3倍とかじゃん?

もっとも、ここはスナック的にオネーサンの接客があるわけではない。
そして俺はそれを望んでもいない。
まぁ店主は女性だが、オネーサンかっつーと、その、ババァではないが……うん、でも年金通りの女性店主として
は最も若いらしいよ。

そんなこんなで瓶ビール何本かとキープしたウイスキーを水割りでガブガブ飲んで、会計したら安かった。
キープした当日だって氷代とか水代とか発生するだろ、ちゃんと計算してるのかってくらい安かった。
もしかしたら俺がイケメンなので特別サービスで安くしてくれたのかもしれない(いやいやそれはありえない)。

それから、安ウイスキーを安く飲める店として何度も飲みに行ったわけです。
キープがあると1,000円程度でガブガブ安酒を飲める。

ともみ:お通し

たまに料理っぽいものが出てきたり、乾きものが用意されていることもある。
俺は安ウイスキーさえあればいいんだけどね。
あ、初めてのときは好きじゃない銘柄のビールしか置いてなかったが、あれから常にキリンラガー瓶を置いててくれるようになったな……もしかしたら俺がイケメn(それはない)。

長い歴史があるってのも年金通りの良さだが、ここはそんなに歴史の長い店ではない。
それはそれとして昼間(だいたい13時過ぎ)から安く飲めるという点が素晴らしく、それこそ俺が年金通りに限らず、飲み屋に求めるものなんだよね。
だから、そりゃ気にいるよねってなもんだ。

大牟田【飲み屋・居酒屋】【昼酒】年金通り

テーマ:好きな飲み屋 - ジャンル:グルメ

好きだった店の好きなところが引き継がれていて嬉しい「粋魚 がく」福岡県大牟田市笹林町

大牟田駅をJR側から出て歩いてすぐ「粋魚 がく」。

粋魚 がく

昼から飲めるに違いないと、土曜の14時台に行ってみた。
屋号は「いきざかな がく」と読むようだ。

粋魚 がく粋魚 がく

営業時間は11時から21時、14時までランチタイムのようだがランチ後アイドルタイムの中休みはなく通し営業の様子だから飲めるはずだ。

粋魚 がく粋魚 がく

お、ビールはサッポロだ、良いねぇ。
では瓶ビール。

粋魚 がく

ビールは冷えているのは勿論、良いサイズのビアタンブラーも冷えていて嬉しい。

粋魚 がく粋魚 がく

作り置きのアテが冷蔵ショーケースに用意されていて、そこから二品選んだ。
まぐろ山かけ、魚の南蛮。
こういうアテを選んだら、ビールのあとは日本酒にシフトだよな。
そのタイミングで刺身も注文しよう。
フロアスタッフの若い女の子にカンパチ刺身をオーダーすると、メニューから注文するよりショーケースから選んだほうが安いですよと教えてくれた。
ならば、と安いほうをお願い。

粋魚 がく粋魚 がく

安いほうのカンパチの刺身、これ350円。
ぜんぜん立派だぜ、美味しかったし、これで350円だなんて。

粋魚 がく

酒は繁桝を冷やで二合で、600円。
安い、ただ繁桝とだけ表記してあってクラスは判らないが、安くて嬉しい。
酒器もな、繁桝って書いてあって楽しいな。

粋魚 がく粋魚 がく

この店は実は、大牟田にはこんな良い飲み屋があるのかよ、大牟田の人は自慢するべきだぜって思ってた「松本」の跡にできた店だ。
「松本」は残念ながら閉店したが、そこに新たに「粋魚 がく」が開店したということだ。
場所はもちろん建物はそっくりそのまま同じ、店内の構造も変わらずフロアにはテーブル席が並び小上がりもあって、冷蔵ショーケースにアテが用意されてるのも同じなら、昼から飲めるのも同じだ。
「松本」の好きだったところがは、そのまま引き継がれている。
変わらず昼から安く飲める、そういうところが継承されていて、とても嬉しい。

フロアスタッフの女の子に訊くと、店主が体調不良で残念ながら店をたたんだということで、でも知古の方が引き継ぐような形で店を始めてくれたということのようだ。
ありがたいなぁ、ありがとうと言いたい。

好きだったところがいろいろ引き継がれているが、さすがに今のご時世では以前の店のように喫煙フリーではないかもしれないと思った。
フロアの女の子に訊くとチラっと時計に目をやってから喫えますよと答えてくれたので、たぶんランチタイムは禁煙なのかな、それでも昼下がりには喫えるんならありがたい。

地元の人が、変わらず贔屓いしている様子も垣間見えたので良かった。
大牟田の人は、「粋魚 がく」を自慢しちゃいなよ、と思った。
駅近くに昼から安く飲める店があって、俺は羨ましがるよ。

↓「食べログ」での店舗情報

粋魚 がく魚介・海鮮料理 / 大牟田駅

福岡大牟田【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

今年もオープン大牟田「ビャガーデン博多屋」は本当にガーデンだぜ

<追記:2018年06月10日>
今年2018年も健在!

ビャガーデン博多屋ビャガーデン博多屋

実は去年、“もうビャガーデンの営業は終わりかも“なんて噂を小耳に挟んだりして、今年はどうなのかとゴールデンウィーク明けに二度ほど電話を入れてみたが、出てくれなかった。
ああ、もう営業終了したのかなと、今までありがとう、という気持ちになっていた。
が、実際のところどうなのかとダメ元で行ってみたら普通に営業してた。
今年も営業してくれていて、ありがとう。

<追記:2016年07月02日>
今年も行ったよ「ビャガーデン博多屋」。

ビャガーデン博多屋

6月25日土曜、雨模様の日だったが降られずに済んで良かった。
雨模様のおかげで蚊が気にならなかったという面もあるかな。

ビャガーデン博多屋ビャガーデン博多屋

来年から営業縮小するかもという情報を寄せていただいた方がいて、それを確認しにという気持ちもあったが、フツーに飲んでました。

ビャガーデン博多屋ビャガーデン博多屋

ただ単に、毎年の恒例行事として行きましたってな感じになりましたが。
ただ思うところあって同行者を募って行きました。
なんだかんだで8人で。
なぜかと言うと、少しでも売り上げにに貢献したかったので。

来年から縮小って話は売り上げとは関係ない事情かもしれないが、少しでも数字が上がれば“ああ、お客さんに支持されてるんだな、来年も普通にやろう”と思ってくれないかなぁと。
まぁ勝手にそう思ったわけですわ。

ビャガーデン博多屋ビャガーデン博多屋

来年も行きたいぜ「ビャガーデン博多屋」。

<追記:2016年06月12日>
今年も行こうと思っているし、もちろん行くと思うが。
今年が最後にならなければ良いなと思っている。

<初回投稿:2015年06月01日>
大牟田の老舗「ビャガーデン博多屋」へ行くのが、ほぼ毎年の恒例行事となっている。

ビャガーデン博多屋:外観

もう50年だかやっている、歴史のあるビアガーデンで、もう長いことやってるからこそ今年も無事にオープンするのか毎年気になるんだよね。
冬は営業してなくて、だいたいゴールデンウィークを過ぎた頃にオープンして9月頃までやってるのかな。

さあ今年もやってまいりました。

ビャガーデン博多屋:外観

このブログ、実際に店に行った日と更新にタイムラグのある即時性に乏しいブログなのよね、行ったのは5月25日、時刻は17時ちょい過ぎ、もう営業してたよ。

大牟田の、新栄町駅から近い寂しいアーケード街の傍にある。
ビアガーデンといえばビルの屋上ってロケーションがよくあるが、ここは違う、本当にガーデンだ。
建物の入り口をくぐると、木が茂り池もある庭になっているんだよ。

ビャガーデン博多屋:店内ビャガーデン博多屋:店内

池は亀パラダイスとなっております。

ビャガーデン博多屋:亀ビャガーデン博多屋:亀

何年生きているんだろう、この亀たち。
元気に泳ぎ回っております。

ビャガーデン博多屋:店内

庭の中にテーブルが置かれ、パイプ椅子が配置されて、まぁこの椅子の安っぽさもビアガーデン気分だよな。
さて、まずは生ビール小をいただきましたよ。

ビャガーデン博多屋:ビールビャガーデン博多屋:ビール

よく冷えたキリンの生ビールうまいです。
ちなみにビールを注文する毎に、小さな皿に乾きものが盛られて付いてくる。
パイプ椅子に比べてテーブルはなんだかオシャレな感じで、天板のタイルはビアガーデンを営業してない冬期に焼き物だか陶芸やってるかなんかで、ここのオリジナルだったような記憶。
皿とかも焼いてるんだったかな。

2杯目に黒ビールとのハーフ&ハーフと、アテにポテトチップスを。

ビャガーデン博多屋:ビールビャガーデン博多屋:料理

庭の入り口側に注文カウンターがありスタッフのお兄さんが待機していて、呼べば注文を取りに来てくれる。

ビャガーデン博多屋:店内

最近のビアガーデンって食べ飲み放題定額ってところが多いような気がするが、ここは単品オーダーできる。
そのほうが俺は好きだね、そんなにたくさん飲み食いしないからね。

ビャガーデン博多屋:メニュービャガーデン博多屋:メニュー

価格設定としては、安くはねぇよなーって感じだね。
でもまぁ、庭の風情を楽しむのと年中行事として楽しむって考えると、高くて不満ってほどではない。
これからも末永く営業して欲しいなーってのもあるし、儲かって欲しいからね。

ビャガーデン博多屋:亀

たまに池の亀を眺めると、なんかくれ!って様子で近づいてきたりして、和む。
でもポテトチップスなんかあげないよ、生き物にやたらなんでも食わせると健康に悪い。
そうだなぁ、煮干しとかならいいかもしれんが。

ビャガーデン博多屋:店内

ふと空を仰ぐと、木漏れ日はまだ昼間の陽の色合いで、この時間帯の「ビャガーデン博多屋」が好きだ。
ビアガーデンは夜がいい、夕暮れが好きなど人によって好みの時間帯があると思うが、俺は日没前の此処の風情が好きなんだよね。

古びた建物の中は、庭。
そういうロケーションとか、鄙びた風情が好きで毎年のように足を運んでいる。
亀が泳ぐ池も、高くそびえて茂った木々も良い。

で、まぁ木が茂って池もあるので、蚊が心配になる人もいるよね、きっと。
でも対策されてるよ、ちゃんと。

ビャガーデン博多屋:店内

蚊取り線香完備です。
それでも蚊が心配な人は、各自で対策お願いね。

歴史あるビアガーデンの割りに、あんまり知名度は高くないんだよなぁ。
すごく風情があるんで、この夏はぜひ一度お試しください。

↓「食べログ」での店舗情報

ビヤガーデン 博多屋その他 / 新栄町駅大牟田駅

大牟田【飲み屋・居酒屋】

テーマ:好きな飲み屋 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)