タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (555)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (7)
福岡市博多区 (75)
福岡市中央区 (119)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

店内エリアも客層もゾーニングされてて面白い酒屋で角打ち「丸允酒店 」福岡市東区箱崎

箱崎の「業務スーパー」に買い物に行った際、近くに角打ちできる酒屋が二軒あると確認し、うち一軒「上滝酒店」に立ち寄って飲んだ。
もう一軒は、次の楽しみにとっておこうと思って、次の週に立ち寄った。

丸允酒店


それがこちら、「丸允酒店 」。
うっかり“まるみつ”かなって思っちゃったけど“まるよし”ね。

丸允酒店丸允酒店

角打ちできるって、しっかりアピールされてるから入りやすくて助かるわ。
そして、入り口が二つあるのが見て取れて、なるほど小売りのスペースと角打ちエリアが分かれているんだな。
店の前に立って左手が角打ちの入り口、右手が小売りか。

丸允酒店

小売りの入り口のほうもチラリと覗いてみたが、こっち側でも飲んでそうに見えるが? とは思いつつ、素直に左手の入り口から入ってみた。

丸允酒店丸允酒店

正しく角打ちだなぁという店内。
カウンターに立つと“お燗マシーン”が堂々と設置されている様子が楽しい。
店内のテレビでは競艇のレース中継……これは東区の角打ちできる酒屋のデフォルトなのか(「上滝酒店」でも、そうだった)。

丸允酒店

まず、缶ビール。
角打ちエリアと小売りのスペースは店内で繋がっているので、冷蔵ショーケースを覗きに行ってセレクト。
会計は都度払いでなく後でまとめて。

けっこう歳を召しておいでのオイサンが、キビキビと角打ちを仕切る。
ここは乾きものだけでなく調理したアテがあるので、それらの注文に応えたり皿を洗ったり酒を出したりと忙しい。
なんか冷奴でももらおうかなと思ったが、おでん鍋が目にはいった。
もう季節的に、おでん食いたい気分でもないが……なんだか美味しそうに見えたんだなぁ。

丸允酒店

大根、厚揚げ。
しっかりした味のある、それでいて煮込まれて過ぎてなんかいない、良いおでんだった。
うん、おでんをアテにポン酒いっとこう。

丸允酒店

売り場にビールを選びに行った際に確認したが、そちらにも簡易テーブルと椅子で飲んでる客があった。
角打ちエリアの客は、おそらく皆が配送業か港湾労働者かなと思われ、そして全員が顔見知りのようだった。
小売りスペースの客は、スーツを着たサラリーマンたちだった。
ゾーニングされてて面白いなと思ったな、空間と客層が、それぞれ隔てられてて。

俺はどっちかというとブルーカラーのほうにシンパシーを感じるが、かといってやってる仕事はホワイトカラー寄りではあるし、さりとてサラリーマンではない。
どっちのゾーンにも入れないような社会的立ち位置である自分も、まぁ面白いのかもしれない。

角打ちできあるのは17時から。
昼間も飲めればいいのになぁと思うけど、しかしなんだか良い店だった。

↓「食べログ」での店舗情報

丸允酒店立ち飲み居酒屋・バー / 箱崎駅箱崎宮前駅箱崎九大前駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

素敵に安い立ち飲み屋が新たにオープンしたぜ「立喰そば酒場すじ一」福岡市中央区大名

最初に言っておく。
この店、ここ数年ってスパンで、新しくオープンした店の中でトップクラスに俺にとってプライムに大ヒットだ。

「立喰そば酒場すじ一」。
中央区役所の向かい、シャンポール大名の1階に2017年06月19日オープン。

立喰そば酒場すじ一立喰そば酒場すじ一

そば好きだし、なにより酒が好きだし、立ち飲みってのがこれまた好きな俺だよ。
俺にとって嬉しい要素が詰まってる店ってわけだよ。
オープン当日、勇んで駆けつけたね。

立喰そば酒場すじ一

おっと店に入ると、まず食券制だわ。
あらあら企業系飲食店っぽくシステマティックで、ちょっとガッカリかも?
一緒わずかに落胆しかけたが、いやそれは杞憂だった。
食券マシーンでメニューと金額を確認して、品揃えは完全に飲み屋のそれであり、そして、安いぞ。

立喰そば酒場すじ一

とにかく、まずビール。
生ビールはサッポロ黒ラベルだよ、わかってるじゃないか。

ビールで喉を潤して落ち着き、店内を眺める。
品書きの短冊がズラズラと、という俺は好きな光景。

立喰そば酒場すじ一立喰そば酒場すじ一

安い、酒のアテが安いぞ。
そして、ここは天ぷらも出してるのかと気づいた。
そば、酒、天ぷらかよ。
スゲーな、おい。
パラダイスかよ。

さて店の利用法としては、まず食券を買う。
それをカウンター越しにスタッフに手渡すと半券が戻り、品物の用意ができると呼ばれるから半券と引き換えに商品を受け取るというもの。
そして、カウンター傍には俺の好きなショーケース。

立喰そば酒場すじ一

残念ながら自分で手に取るのではなくスタッフが渡してくれるのだが、ショーケースに小鉢なんか並んで鎮座している様子が好きなので、よい。

立喰そば酒場すじ一

最初にビールのお供としたのは、店先の看板でアピールされていた牛すじ煮込み。
看板には“名物”なんて書かれてあったが、オープンしたての店で名物もあったもんじゃねぇなと思いつつも、これ190円かよっていう安さの喜びとともに値段以上の満足も得られる一品だったよ。
牛すじ煮込み190円、これって税込だよ。

立喰そば酒場すじ一

しめさば200円、これまた嬉しい安さ。
そのくせ、卓上に用意された調味料は、そこはかと高級志向。

立喰そば酒場すじ一

卓上と書いたが、それは立ち飲みテーブルのことで、ひとつの島に6人くらい立てそうなものが店内に3つだか。
あと壁に向かった立ち飲みカウンターがある。
壁に向かったほうには、俺としては残念だが椅子が用意されていた。

立喰そば酒場すじ一

椅子を利用していたのは、ジジィたちと、オバハンとオッサンのカップル。
ちっ、しかたねぇなジジィとかオバハンとかオッサンってのはよ、と思ったよ。
立ち飲み屋なんだよ、立って飲めよ。
店も店だよ、椅子なんざ用意すんなよ、とも思った。
が、ジジィとかオバハンが帰ると、フロアのスタッフがそそくさと椅子を片して隅っこに重ねた。
よし、いいぞ。
あくまで立ち飲み屋なんだという基本スタンスを大事にしてるんだよな。

そう、それと店のスタンスとして、ここは喫煙オーケィだ。
全面的に喫煙可だ。

立喰そば酒場すじ一

いいぞ、素晴らしいな。

さてビールを飲んだらポン酒にシフト。
ぜんぜんたいしたことのない紙パック日本酒であると目視確認したが、いいよそれで。
税込280円だし。
気の利いた徳利と猪口で提供してくれるしね。

立喰そば酒場すじ一

ポン酒には和らぎ水が欲しいが、それもマシーンで注ぎ放題だよ。
調子にのって、ポン酒おかわりだ。
よしアテも追加しよう。

立喰そば酒場すじ一

黒板メニューを見ると、刺身もいくつかあるのか。
うむ、それもいいな、それもいいが天ぷらにしよう。
屋号からして、そばが食えるし酒が飲めるというのは予想がついたことだが、天ぷらというファクターはまったく予想外だったので、なんかプラスアルファな要素があって得した気がしたので天ぷら食いたい気持ちになったのだ。

立喰そば酒場すじ一

納豆いなり天120円、出し巻き天100円。
イロモノっぽい二品を注文してみたが、嬉しい裏切りの美味しそうな品。
そして、けっこうなボリューム。
なんかもうこの二品とポン酒だけで、ずっとやっていけそうな頼もしささえ感じた。
で、食ったら想定外に美味しいのよ。
そしてしつこいようだが、120円も100円も税込価格という安さだぞ。
すごくすごい費用対効果。

立喰そば酒場すじ一

オープン初日の店内は、順調な滑り出しと思える賑やかさ。
近所のサラリーマンであろう団体が調子にのって何倍も飲んでいた。
いいぞサラリーマン、この店のために金を落とすんだ。

もうね。
まだ一回しか行ってないけどね。
いい、いいよ「立喰そば酒場すじ一」。
すんごい気にいったよ。
まずなにより、安いよ。
東京の上野の立ち飲みくらい安いよ。
あ、スタッフに推定東南アジア系男子が多いのも上野っぽいかも。

そば、立ち飲み、安さ、天ぷら、と好きな要素ばかりじゃないか。
あ……そば食ってないわ。
うん、そばはな……高かったわ。
酒やアテが安いから、かけそば380円くらいかなって予想したら、なんか高かったわ。
だから食ってないわ、そば。

でもいいよな。
俺は立ち飲み屋として大好きになったよ「立喰そば酒場すじ一」。
また繰り返し言っちゃうけど、ここ数年スパンでの大ヒットだよ。

↓「食べログ」での店舗情報

立喰そば酒場すじ一そば(蕎麦) / 赤坂)

夜総合点-

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】【そば・うどん】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

とにかく“泊まれる立ち飲み屋”というコンセプトに興味をもった「STAND BY ME」福岡市中央区大手門

そういう業態もあるのか“泊まれる立ち飲み屋”って。
とにかく興味をもったね、TwitterのTLでたまたま存在を知って。

オープンは2017年06月15日だが、その数日前からプレオープンしている様子をTLで眺めていた。
その期間に行くのは、あまりに新しもの好きっぽ過ぎるかもしれないし、もしかしたらプレオープン中は関係者の友人知人しか入れないかもと思い、眺めるだけにしておいた。
グランドオープンの日、それでは行ってみるかと店の前まで行ったが、予想はしていたけど外に溢れんばかりの人出で、かつパーティーやってたんで撤収。
スタッフが、どうぞと声をかけてくれたんだけど、どうもパーティーとか晴れ晴れしいのは苦手なんだよ、パーリーピーポーのノリにも馴染める気が全然しないし。

そんなこんなで、グランドオープン翌日に立ち寄ってみた。

STAND BY ME

外観や内装は前日に目にしていたが、実際に店に入ってみると、坪数的にはそう広くはないんだろうけど開放感のある雰囲気という印象。
ホテルのロビーが立ち飲みコーナーになってます、みたいな感じでは全くない。
オサレなカフェのフロアに立ち飲みテーブルが設置されてますって感じ。

STAND BY ME

ニューオープンだもんで厨房機器がピカピカでいいねぇ。
清潔感があるし働きやすそうに見えるねぇ。

ところで、オサレな店には欠かせないアイテムであろうところの、MacBook開いてドヤァな客がいたのだが。
マウス扱ってたんだが。
なんでMacBook(Airかな)でマウス使うのか意味わかんねぇ。
オマエ実は普段はウインドーズユーザだろうと心の中で思った。

ま、この店とはまったく関係のないことだが(俺がやってるブログだから俺がどんだけ関係のない話を書こうが自由であるi am Free!)、俺はマウスが嫌いなんだよ。
iBookの頃から仕事で持ち歩くから、マウスなんて余計な荷物は省きたいの。
その頃でもトラックパッドで事足りてたわけよ。
そんでOSが進歩にハードも追従してからのMacBookProは、トラックパッドの機能と使用感は飛躍的に向上したのさ。
だから、部屋ではiMacを使ってるんだが、マウスじゃなくマジックトラックパッドを接続している(Bluetooth)。

ウインドーズユーザってのは、マウスが大好きだよな。
そんでやたらとコンテクストメニューを使いたがる。
ファイルの移動やコピーなんて単純なアクションでさえ、いちいち右クリックして“切り取り”かなんかして、ちまちまディレクトリを移動した先で“貼り付け”かなんか、面倒な段階的な操作をいちいちするよな。
そんなもん、Finderのウィンドウ2枚開いてダイレクトにドラッグすりゃいいじゃねーか。
ちんたら操作しやがって、イライラする。

そんなわけで、MacBookにマウスを繋いでるやつは実はウィンドーズユーザに違いないと思っているし、スタバァとかにだけMacをわざわざ持ち運んでいるんだと思っている。

かなり話が逸れたが、本題に戻ろう。

STAND BY MESTAND BY ME

先に木札を買うスタイルで、木札1枚250円相当で4枚1,000円也、それが1セット、
アルコールメニューは多くないが、だいたい木札1枚で飲める。
キリンラガー瓶を置いているのは好感が持てるが、木札は2枚必要。
まぁ大瓶500円ってことだから、高くはない、かな、安くはないけど、立ち飲みだしねぇ。

STAND BY ME

よなよなエールを飲んでみた。
ネームバリューの割に安く飲める気がして。
木札1枚250円、納得できる量が注がれている。

STAND BY MESTAND BY ME

フードメニューは、どれも木札1枚とのこと。
そして、福岡で名の知れた飲食店のメニューがコラボレーションでリスペクトな品が並んでいる。
ふむ、どれも有名な飲食店よねぇ、たしかフードメニューについては「二◯加屋長介」がプロデュースだかインスパイアだかしてるんだったかしら、うろ覚えだけど(事実関係を確認するのがメンドくさい)。

そういったフードメニュー群のなかで「うまかっちゃん卵のせ」ってのが異彩を放っているな。
いや、いいかもね250円でさ、そんなの家で食えよって思う向きもあろうが、買ってくる手間と調理する手間と食器や橋を用意する手間と後片付けで鍋や食器を洗う手間とが省けて250円で済むっていいんじゃないの、おまけに卵ものってるし。

STAND BY MESTAND BY ME

ツナマヨとポテサラを食いましたが、素直に美味しかったです。
ハイボールは微炭酸でした。
炭酸はもっとこう、弾けて欲しい。

ところで、最初に1,000円で木札4枚というシステムはいい。
が、あと一杯だけ呑みたいってときは、どうなるんだろう、木札1枚追加購入なんてことは可能なのか気になった。
スタッフに訊いてみました。
木札は4枚が1ユニットで、その単位でしか購入できない。
ただし木札は次回も使えるので持って帰ってもいい。
ふむ、なるほど。

よし、とにかく行ってみて満足した。
俺みたいな酒飲みのオッサンが行くところではないと感じたが、いやこういう店って面白いと思った。
ホステルで飲めるというのは、ここだけではないが、立ち飲みであるという点が独自性よね。
独自性のある店は、おおむね好意的に捉えている。
こちらはオサレな感じに人気の店になるだろうし、そうなって影響力をもって、福岡にいろいろユニークな店が増えたら楽しいなぁと思う。
そういう意味で応援したい気持ち。

あ、そういえば喫煙可能かどうか、訊きもしなかったわ。
どうせ禁煙だろうと思って、なんか意識高い系みたいだし。

↓「食べログ」での店舗情報

Hosutel STAND BY ME日本酒バー / 赤坂駅大濠公園駅

夜総合点-

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)