タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (707)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (7)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市浪速区 (7)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (103)
福岡市中央区 (179)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (18)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

ステンドグラス輝くレトロゴージャスな喫茶店「淀」大阪市淀川区十三東

いわゆる“純喫茶”というのを巡るのが好きになった。
情報源として「マーブルマーブル」さん、「わき道にそれて純喫茶2」さん、また『食べログ』でのramynotoraさんのレビューなど参考にさせてもらってます(感謝)。

十三に良さげな喫茶店あるかなと調べたら「淀」って店が素敵っぽいと思ったので行ってみた。

淀淀

直線的な印象のコンクリートな店構え、店先のメニューサンプルショーケース好き。
モーニングがあるのも嬉しいなぁ。
(ちょっと話は逸れるがモーニングといえば名古屋という風潮があると思うが俺は大阪のほうがモーニング文化が豊かだと思っている)

淀淀

店内は入口あたりはゴチャっとしているが視線を上げると豪奢で優美。
吹き抜けで煌めく輝きの滝。

そのシャンデリア(と呼んでいいのか自信ない)の近くに座ろうと思ったが、店の方がステンドグラスの見える席がオススメと中2階(になるのかな、この店はけっこう複雑な階層構造をしている)の席へ。

淀淀

うん、美しいステンドグラスだねぇ。

淀

外からだとあまり綺麗とは見えないのに、外光を透過するとこうも美しく魅せるのかというのがステンドグラスの醍醐味だろうなんて思っちゃうね。

淀淀

サンドウィッチのモーニング410円、安いよね。
実はサラダも付くのだが、あまり食欲がなくて辞退した。
コーヒーは普通に美味しかった。

喫茶店のモーニングを“安い”と感じる俺のベンチマークは、コーヒーにトーストと茹で玉子がついて390円。
トーストと茹で玉子より手のかかったサンドウィッチにサラダまで付いて410円というのは、すごく安い。

それはそうと、テーブルの天板がクリムトの「接吻」を思い起こさせる模様だなぁ。

淀

昭和な喫茶店では、店オリジナルの伝票も楽しみのひとつ。
こちらのは割と素っ気ないが、味わいがあるな。

↓「食べログ」での店舗情報

喫茶店 / 十三駅

関連記事
大阪【喫茶店】

テーマ:喫茶店 - ジャンル:グルメ

幻のラーメン@十三

確かに俺は十三本町で深夜にラーメンを食ったのだが、その店がどこなのか調べても調べても判らない。

幻のラーメン@十三

なんという存在感。
十三で3軒ハシゴ酒して、酔っ払ってホテルへ向かっていたら目に飛び込んできた。

幻のラーメン@十三

青いビニールシートに覆われた仮設テントのような、ラーメン屋。
赤い提灯がなければラーメン屋とは思わないよ。
ドギツい配色で何か書いてあるのは遠目には品書きとは見えず、てっきり不法占拠のホームレスがアジ看板を貼ってるのかと思ったよ。
何なんだ、と近づいてみてラーメン屋らしいと解った。

俺は普段、飲んだ締めにラーメン食うような習慣はない(そもそもラーメンという食いもの自体に情熱がない)んだが、とにかく見た目のインパクトがすごくて惹かれたので立ち寄ってみようかと思った。

幻のラーメン@十三

品書きをよく見ると、大阪で豚骨を推してるのかぁ、しかも今どき福岡でも500円以上のラーメンが跋扈してるのに大阪で500円って安いなぁ、と思った。
よし食ってみようと決めた。

幻のラーメン@十三

店は、そこそこ歳のいったオッチャンが一人でやっていた。
外観のインパクトの割には、普通に迎え入れてくれて普通に注文を受けてくれた。

幻のラーメン@十三

店内は簡便なテーブルと椅子が素っ気なく並び、地面を見るとこの場所は駐車場なんだと判った。
ストーブが暖かく、有り難いと思った(立ち寄ったのは2月)。

幻のラーメン@十三幻のラーメン@十三

薄暗いせいもあり俺が酔っていたせいもあり、写真がボケボケで申し訳ない。
配膳されたラーメンは、平均的な豚骨ラーメンよりやや茶褐色だが、間違いなく豚骨ラーメンだった。
具にメンマ、茹で玉子が乗っていて、モヤシも少しというのは500円にしては豪華だなと思った。

後客がちらほらと来て、地元で人気の店なのかなと思わせた。
ブルーシートの掘っ建て小屋みたいな店なのに、普通の勤め人っぽい男性とか女性2人とかって客もあって、物珍しいが入りづらい奇異な店として扱われているんじゃなく、当たり前に受け止められてるラーメン屋なんだなと思った。

翌朝に十三で利用した喫茶店の人にブルーシートのラーメン屋って有名ですかと訊いてみたが、知らないとの返事。
あんなに存在感あるのに有名じゃないのかと、ググってみたが情報を拾えず。
自分で撮った画像を改めて見ると屋号がよく判らないので“十三 ラーメン ブルーシート”とか“十三 ラーメン テント”とか“十三本町 ラーメン 屋台”とか“十三 駐車場 ラーメン ブルーシート”とか、いろいろキーワードを試してググってもこれぞという情報に行き当たらず。
酔ったあげくにキツネかタヌキに化かされたのかって気分になった。

iPhoneのカメラロールに記録された位置情報と、外観を捉えた画像の背景の看板とかを頼りにストリートビューで探そうと試みたら、十三本町1丁目の24Hコインパーキングの場所なんだよね(緯度34.718880・経度135.479215)。
確かにそこに存在したはずなんだ。

いつかまた再訪してみたいけど、もしかしたら場所を変えながら営業してるのかもしれないね。
いつまでも幻のラーメン屋のままにしておくのも面白いかもしれないな。

関連記事
大阪【ラーメン】

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

お洒落で穏やかな隠れ家って感じ「カルカロドン・カルカリィス」大阪市淀川区十三本町

この辺りはキャバクラとかラウンジとか多いなとか、おぉここが「第七藝術劇場」か、なんて思いながら十三本町をウロウロして一軒のバーを探す。

カルカロドン・カルカリィス

この界隈には不似合いな上品さを感じる佇まい、「カルカロドン・カルカリィス」。

カルカロドン・カルカリィス

こじんまりとしたバーだが、調度はどこかヨーロッパ風味で壁の色は重厚かつ華やかさもある。
クラシカルに額装されたワインのおすすめメニューが目を引くが、ウイスキーが安いのでオールドクロウを。

カルカロドン・カルカリィスカルカロドン・カルカリィス

チャージが付くが、チャームにフルーツが出されてチャージ料金を惜しいと思わない。

カルカロドン・カルカリィス

常連が多い様子だが、一見の俺も以後地の悪さは感じない。
常連の多くは女性という印象で、それは穏やかな印象のマスターの魅力なのかもしれない。

この店はロックなバー「ATTIC BAR」で紹介された。
マスターは以前「ATTIC BAR」のスタッフだったそうで、かつ店名がサメの学名だから、ワイルドなロック兄ちゃんの飲み屋ってのを想像したがまったく違った。
優しい感じの酒場だね。

カルカロドン・カルカリィスカルカロドン・カルカリィス

ジミヘンのポスターとカウンターに焼酎瓶が並ぶのがミスマッチな気がしたが、まぁ完璧にキメキメの世界観を作り上げたバーよりは、気楽な気もする。

知ってると友達に自慢できそうな、ちょっと良いバーだね。

↓「食べログ」での店舗情報

カルカロドン・カルカリィスバー / 十三駅

関連記事
大阪【飲み屋・居酒屋】【バー】

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)