タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (682)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市浪速区 (7)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (98)
福岡市中央区 (175)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (16)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (4)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

ようやく九州でコロッケそばが存在を認知されようとしている……っ!?

俺はコロッケそば愛好家だ。
とても好きだ。
非常にしばしば、コロッケそばを食っている。

ここでコロッケそばをいかに愛好して食っているかの証左となる画像をご覧いただこう。

コロッケそば

おわかりいただけただろうか。
上の画像は数年間にわたる記録をまとめたものではない。
ごく短い期間に食べたコロッケそばの画像をまとめたものだ。

……なんか、まとめてみると同じものばっか食ってる偏執狂的なアタマがちょっとアレな人みたいだな……視覚化してみたら我ながらちょっと引いた。

とにかく、コロッケそばが好きなのだ。

しかし、周囲の人にコロッケそばの話題を振ると、ほとんどの人が“知らん”とか“そんなのあるの?”とか、また冷笑を浮かべて“なにそれ(笑)”みたいなリアクションばかりで、俺は憤っていた。
いや、憤るほどでもなかった、言い過ぎた。
しかし、残念で寂しい気持ちになっていた。

九州では、コロッケそばのことを多くの人が知らない。
存在がまったく認知されていなかった……そして今も認知度は低い。

実際、コロッケそばを注文できる店は皆無に近かった。
主に福岡にチェーン展開するうどん店「ウエスト」は俺も好きだが(そばしか食わんけど)、メニューにコロッケうどん(そば)はない。
残念ながら行ったことはないが北九州に展開する「資さんうどん」にもコロッケがのるメニューはないようだ。
JR小倉駅ホームの立ち食いうどん屋は好きなんだが、コロッケはない。

「牧のうどん」にはメニューにコロッケうどん(そば)があった。
キャナルシティに店舗があった頃は食っていたが、やがて撤退し、いまや郊外にしか店舗がないようだ。
俺が知る範囲では、「牧のうどん」が唯一メニューにコロッケうどん(そば)を載せていた。

俺が熊本で好きな、そばを安く食える店「ヒライ」。
ここも残念ながらメニューにコロッケそばは、なかった。

なかった、が!
遂に!
コロッケそばがメニューに加わったのだ! ワァ~! パチパチパチ☆★(^ヮ^)V

ヒライ:コロッケそば

ようやく、ようやくコロッケそばが九州で市民権を得ようとしているのか?
歴史が今、動こうとしているのか?

さぁ、みんな。
コロッケそばを食ってごらん?
興味本位でもいいから。
恐いもの見たさでもいいから。

俺はこの日まで、なんとかコロッケそばを食うために苦労と努力をしてまいりました。
それも店内にイートインと惣菜売り場がある「ヒライ」だからこそ可能なことだったんだけど、惣菜のコロッケを買って、かけそば注文して、組み合わせてコロッケそばにして食ってたんだよ。
あ、あんまり苦労でも努力でもないか?

これからは、楽にコロッケそばが食える。
ありがとう「ヒライ」、よくやった「ヒライ」。

しかしまぁ「ヒライ」ってメニューの入れ替え早いからにゃー。
すぐ消えるかもしれんという一抹の不安もあるにゃー。

消える前に食え、コロッケそば!

関連記事
ヒライ【そば・うどん】コロッケそば

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

熊本に「ヒライ」あり

しばしば、そばを食うために利用する「ヒライ」
24時間営業で、安くメシが食える「ヒライ」。

東京の「富士そば」って好きなんだが、同じように24時間営業で、そば、うどん、カレーとかいろいろ食べられる「ヒライ」が、熊本にはある。
熊本の多くが人が「ヒライ」の恩恵を受けているのではないかと思うのだが、どうですかお客さん。

さて「ヒライ」については過去に「食べログ」に投稿した記事がある。
ここで再編して掲載してみよう(…手抜きじゃないよ)

==以下、引用==
ヒライの『山ちゃんラーメン』というものが、けっこう好きである。
ちょっと味が濃過ぎるだろうとか、麺には魅力が乏しいなとか、スープも工場チックだよねとか思いつつも、“熊本ラーメン”というものを巧く体現できているなと感心する、390円ぽっちで。
まぁ“で、山ちゃんって誰なんだよいったい”と、いつも思うのでもあるが。

昼メシに、おやつに、飲んだあとに…と、あらゆる時間帯で利用する。
熊本の人には馴染み深いだろうが、県外の人にいちおう説明しておくと、弁当や惣菜の売り場と、食券制でラーメンうどん蕎麦カレー丼ものなど注文できるという店である。

もっとも頻繁に利用したのは2011年の春から初夏か。
そのキッカケは、コロッケ蕎麦である。
かけ蕎麦に出来合いのコロッケを乗っけるという、立ち食い蕎麦屋でよくあるメニュー。
これが、九州では、あまり食える店が無いのだが、食いたくてたまらない時期があった。
そこで、ヒライには惣菜売り場がある事に着目し、惣菜のコロッケを買って、イートインの蕎麦に乗っければイイじゃん、と思い至った。
手順としては券売機で蕎麦の券を買ってイートインのカウンターで注文をしておき、売り場に行ってコロッケを皿に乗せ会計を済ませ、できた蕎麦を受け取ったら席につきコロッケ乗っけて美味しくいただくという流れになる。

で、コロッケ蕎麦に満足した後、更なる展開を思い描いた。
いろいろ乗っければイイんじゃね? と。
それから、足繁く通った。
かき揚げを蕎麦に乗っけて、かき揚げ蕎麦。
かき揚げをライスに乗っけて、かき揚げ丼。
パック売りのチキン南蛮をライスに乗っけて、チキン南蛮丼。
メンチカツをカレーライスに乗っけて、メンチカツカレー。
そんなにコストはかからずに、オリジナルメニュー(笑)をいろいろ楽しんだ。
揚げ物単品は、ほとんど99円で、量り売り惣菜は100g158円である(税別)。
残念ながら今は見かけない高額量り売り惣菜、豚の角煮を思うがままライスに乗っけたら800円近くというコストになって“あいたたた”と思ったのも今ではイイ思い出だ。
と、そんな風に、思うままに食い、次はどうやって食おうかと思い巡らして楽しんだ。

ヒライ画像詰め合わせ

そんなこんなで、ヒライは楽しい。
全国チェーンのコンビニや弁当屋にはない、独自の楽しみ方ができる。
グルメ、というものではないが、ヒライが大好きだ。
==引用ここまで==

おわかりいただけただろうか。
ヒライへの、愛。

もっとも利用するのは、熊本市東区の自衛隊通りにある店舗。

ヒライ:外観

夜明け前、明け方に利用することが多いかな。
店内はこんな感じで、弁当とか総菜とかサンドイッチとかカップ麺とか飲料とか、いろいろある。
コンビニとスーパーの惣菜売り場が組み合わさったような感じ?

ヒライ:売り場

コロッケとかいろいろ惣菜ございます。
コロッケを そばにのせれば コロッケそば(五七五…字余り)

ヒライ:総菜

あ、アレだ、一部で熊本名物と話題になった“ポテトサラダが竹輪の中にはいってて天ぷらになっているもの”もございます。

イートインはこんな感じ。

ヒライ:イートイン

食券を買ってカウンターで、注文して待ち、できましたと呼ばれたらカウンターで受け取る。
で、天かすが用意されているので、そば及びうどん受けとる際にお好みで。

ヒライ:天かす

一度、ラーメンに天かすかけてみたんだけど、うーんアリかナシかで言うとドウデモイイって感じかな。

ところで、九州は“うどん文化圏”だと常々思っているんだが、此処「ヒライ」で他の客のオーダーを耳にしていると、かけそば率が結構高いのに気づく。
俺が思うよりは、そば好まれてんの? と思うが、いや別の側面もあるかなとも思う。
どう思うかっつーと、店内で弁当を買ってイートインで食べるときに、満腹度を増すための追加オーダーで、かけそば…なのではないかと思うわけです。
追加うどん、ではあまりにも炭水化物過剰だと考えての追加そば、なんじゃないかなーってね。
ま、言うても此処のそばって、八割りがた小麦粉なんじゃないのっていうものなんだけどね。

いかがだっただろうか。
好きだぜ「ヒライ」。
福岡の「ウエスト」に比肩する九州の安い飲食チェーンだと思う。
ただ惜しむらくは、店舗の展開が郊外ロードサイド中心なんで、他県からの観光客に「ヒライ」を楽しんでもらう機会が少ない気がするのだ。

ところで現在、鉄板ナポリタンなるメニューを投入しているのだが、まだ食べてない。
食べたら報告させていただきます。

関連記事
そば惣菜ヒライコロッケそば

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

コロッケそば、その愛。

コロッケそば、作った。

コロッケそば

とは言え、コロッケはスーパーの総菜を買ってきたのだが。
で、乾麺そば茹でてっていう、料理というほどのものではない。

コロッケそば大好きなんだが、九州では認知されてなくて寂しい。
いやマジで、友人知人に高確率で“なにそれ?”って言われるのよ、コロッケそば。

ま、九州は“うどん文化圏”なんだよね、九州っつーか西日本?
博多ラーメンが有名な福岡だって、実は意外に“うどん県”だしね。
だから、そば自体が身近ではないし、ましてコロッケそばがメニューにある店は少ない。
そんなわけで、自分で作るのである。

コロッケそばを食べられる希少な店としては、熊本に本社のある株式会社ヒライが展開する「べんとうのヒライ」がある。
正式な屋号としては「元気ダイニングヒライ」だったりするのだが、だいたいヒライと呼ばれる。
弁当、総菜を売っていて、かつイートインスペース兼食券式食堂も備えている。
かけそば220円を注文し、総菜売り場で買ったコロッケを乗っけて、コロッケそば完成となるのである。

ヒライのコロッケそば

あらかじめメニューとしてあるのではないが、コロッケそばが食べられる。
コロッケそば好きにとって、ささやかな救済となるのだ。

コロモが、そばツユにほどけてモロモロになり、油分がツユに放たれ、なんともいえん味わいになるコロッケそば。
そのような魅力を語っても“キモい”の一言で片付けられたことも何度かあった。
だが、コロッケそばへの愛は変わらないし、多くの人にコロッケそばを広めたいと思っている(要らん世話)。

関連記事
そばコロッケそばヒライ

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

 | ホーム | 

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)