タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (572)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (9)
福岡市博多区 (77)
福岡市中央区 (131)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (7)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

【残念ながら閉店】「驛亭」が博多駅DEITOSでのフェイバリット

<追記:2017年07月10日>
残念ながら、撤退してしまった……。
博多駅DEITOS『ほろよい通り』で、一番好きだったんだけどな、ダラっとした空気があって。

この春、2017年4月に『ほろよい通り』で何軒かの入れ替わりがあって、「驛亭」は変わらず健在で良かった、と思っていたのだが。
もうしばらく店舗の入れ替わりはなくて、しばらく安泰だよなと思っていたのだが。

基本的に、同じ店に行ったことを俺はいちいちブログに書かないんだよね。
書かないけど、けっこうしばしば行ってたのよね「驛亭」。

残念だなぁ。

<初回投稿:2014年10月04日>
博多駅でハシゴ酒、3軒目。
JR九州フードサービス株式会社が展開する立ち飲み屋(椅子もある)。
うろ覚えなんだが、昔は駅構内でなく外、郵便局側に吉野家と並んであったような記憶がある…が、定かではない。
まぁ、いい。今に生きる。

DEITOSの『ほろよい通り』にあるの中で、此処がいちばん落ち着くかも。
なんか、いい感じに“うらぶれ感”を楽しめる気がする。
大賑わいの「よかたい」の喧噪も好きだが、此処の“くたびれ感”が楽でいいかも。

DEITOS驛亭:外観

入ってすぐは椅子がある。
だいたい常連とおぼしき高齢の方がキープしてる気がする。
特に座りたくはないし、その辺りは空間的に窮屈なんで、立ち飲む。

DEITOS驛亭:立ち飲み

立ち飲みエリアは壁がなく開放感あり、というかすぐ傍を人が往来する。
此処は喫煙可の店であり遠慮なくタバコを喫うわけだが、マイング「よかたい」の場合は一般の駅利用客が行き来する通路に面しているので通路傍での喫煙をためらうが、此処の場合は『ほろよい通り』であるので、遠慮しない。

酒もアテも、おしなべて安い。

DEITOS驛亭:メニュー

ただビールは好きな銘柄ではないので、此処ではポン酒を飲むことが多い。
花の露370円、徳利と猪口でくるので嬉しいです。

DEITOS驛亭:酒とつまみ

かんぱちのゴマ和え320円也をポン酒のお供に。
うーむ、これだけあればもう満足、な絵面だわ。

10時から開いてて、まったり昼酒できます。
立ち飲みエリアにはテレビがあって、特に興味もない番組を眺めつつ独り昼酒を楽しむのがオススメかと。
どうでもいいが、テレビが据えられた壁の直下のカウンターでテレビを見上げて飲んでる客がしばしばいるのだが、首が痛くなるんじゃないかと要らん心配をしたりする。

閑散とはしていないが盛況ではない、ほどよく落ち着いてボケっと飲める。
けっこうポン酒に合う安いアテが揃う。
トイレへのアクセスが良い(笑)、と使い易い要素が多くてDEITOSでの最近のお気に入りです。

↓「食べログ」での店舗情報

驛亭 博多デイトス店立ち飲み居酒屋・バー / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事
【昼酒】【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】博多駅

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

穴場的な路地の穴蔵的な店で昼間から飲める「SAKURA CAFE」福岡市中央区大名

昔は「ヴィレッジヴァンガード」があったよねって場所に現在は「やまや」があって、晩酌のための酒を買ったり世話になっているわけだが。
その国体道路沿いの「やまや」が入った建物の裏に、こんな路地があったんだと割と最近まで知らなかった通りに、気になる存在感の店があった。

SAKURA CAFE

出窓からフェイクの桜が見える、その名も「SAKURA CAFE」。
店は、いちおう2階にある、ということになる。

SAKURA CAFESAKURA CAFE

が、背の低い2階で、手が届きそうな出窓なので、なんだか気になる存在感なわけよ。
駐輪スペースになってる1階部分は、腰をかがめて潜りこまなきゃいけないような高さしかなく、建物まるごと背が低いっといった有様でね。
その駐輪スペースの前に看板がガチャガチャと出ており、どうやら定食を出す店だが飲めるようなので立ち寄ってみることにした。

SAKURA CAFESAKURA CAFE

ちょっと階段を登ったら、おもむろに店内へ続く狭い空間があり、店内がこれまた狭い。
テーブルとカウンターと合わせて席数的には11人は座れる計算になるが、そうなるとかなりギュウギュウに感じるんじゃないかな。
しかし物置っぽい空間もあるのでスタンディングなら18人くらいは詰め込めるかも。
背が低く狭いから穴蔵のような店だなと感じるが、明るく外光が入ってきて壁が白いから、窮屈さはそう感じない。

SAKURA CAFE

テーブルが骨董品の物入れみたいなのを雑に積み重ねたという様相で、実は調べたら価値があるものかもしれないって気がしないでもないのに、雑に扱ってあるのがいいね。
床のタイルもチープにレトロでいいね。

SAKURA CAFESAKURA CAFE

ランチ営業がひと段落したところだと、夜用メニューを出してくれた。
まずビール。

それと、小腹が空いていたので、豚肉と豆腐の青じそ炒め、というのを注文してみた。
狭い厨房で店主が懸命に調理してくれた。

SAKURA CAFE

どっかりゴハンのオカズみたいなものだったらどうしようと思ったが、酒のアテに適した量で良かった。
料理にもフェイクのサクラが、ご愛嬌。

初めての来店で、わざわざ階段を上がってきてくれたからと、サービスの品を出してくれた。

SAKURA CAFE

味噌たくあん。
店主自身が大好きだそうだ。
齧ってみると、塩っぱ甘さが濃くて、これはいい。
これはポン酒いっとくべきだな。

SAKURA CAFE

ぶさいくカワイイ酒器でポン酒が出てきた。
分福茶釜をモチーフにしたものだそうだ。

SAKURA CAFE

酒を注ぐと狸がヨダレを垂らしてるようになって、いいねこれ。

ここは禁煙か訊くと、喫えますがひと手間かけてくださいと言われた。
狭い店だから、煙を店外に排出するために。

SAKURA CAFESAKURA CAFE

出窓のサイドを開けて、サーキュレーターを外に向けて、その背後で喫ってくださいと。
なるほど、そこまでしてタバコを喫うのかと俺でさえ思うが、まぁそこまでしてでも喫えると有難い。
店主も喫煙者で、同じようにしてタバコを喫っていた。

長髪にヒゲの店主は、よく見ると童顔で、実際にまだ若い。
この店を始める前は海外を飛び回っていたそうだ。
店を始めて8ヶ月だとか言ってたかな(うろ覚え)。

この日は金曜日で、ランチのピークが過ぎた時間帯だったから俺しか客がなかった。
夜になると、若者がひしめき合うんだろうなぁ。
なんともしれんチャーミングな店で気にいったから、また平日の妙な時間帯に立ち寄りたいなと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

SAKURA CAFEカフェ / 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

【残念ながら閉店】安いプラス地味に心地良い300円居酒屋「天龍」福岡市博多区祇園町

<追記:2017年07月03日>
しつこく追跡調査的に。

天龍

あれから解体が進み更地になって、それからしばらくして通りすがっみて、跡地がどうなるのか判明した。

天龍

ホテルだわ。
あー、こりゃ「天龍」再開は絶望的か。

と、思ったが。
平面図を見ると、1Fにレストラン、とある。
もしかして「天龍」かも、という希望は捨てずにおこう。

<追記:2017年05月21日>
ああー、なくなってる……。
地味に好きな店だったのに、なくなってる……。

天龍

いや、でもこれ外壁だけリニュアルしてるんじゃ? と希望を持とうとしてみたけど……

天龍

違うなぁ、解体しちゃってるよなぁ……。

うーん、古い建物だったもんなぁ、取り壊しも止む無きと思わなくもないけどさ。
うー、このまま廃業なんだろうか。
建て直して再開って、期待できないもんだろうか。

この辺りは普段の行動圏じゃなくて、この店にも頻繁に立ち寄ってなかったから経緯とか全然わからん。
しかし身勝手だが、なくなってると残念で悔やまれるんだよなー。

再開しないかなぁ。
ちょっと意図的に定期的に、この後どうなるのか様子を見たいと思う。

<初回投稿:2015年02月20日>
博多区祇園の、今は「長浜ナンバーワン」ができたからその近くって説明するのが判りやすいかな、ちょい路地にある外観は小屋みたいな店。

天龍:外観

知らない飲み屋に入るのが苦手って人には、かなりハードルの高い外観であろう。
と同時に、看板に書かれた“300円”って金額には惹かれるものがあると思う。

天龍:看板

安くていいなぁ、そう思ったら入ってみるべきです。
外観ほどにはハードル高くない、さりげないがフレンドリーな大将がやってる店だよ。

たぶん10年近くぶりに訪れたんだが、大将はなんとなく俺を覚えてくれていたようだ。
飲み屋店主の記憶力ってスゴいねぇ。

バリエーション豊富、いろんな食べものメニューが300円で楽しめる。
安いけど美味しいよ、量はそんなにないけど、逆にいろいろ食べられるからいい。
酒のアテから食事まで、ほんとにいろいろ食べられる。

天龍:刺身

アルコールメニューは豊富ってほどじゃないが、食べもの主体で楽しむといい。
俺の記憶が確かならハイボールはなかったので、ここでは瓶ビールやポン酒を飲む。

天龍:ポン酒

オジイサン店主がやってそうな外観なんだが、店主はまだ若く、饒舌ではないがサッパリした気配りを感じる。
近くに大きなパチ屋があるんで客層はパチンカスばかりで民度が低いかもと心配するかもしれないが、そんな荒れた空気の店ではないよ。
いつもそこそこ混んでいて、隣の客との距離は近くてカウンターの隅は窮屈ではあるが、なんだか妙に心地良い居心地でもある。

いわゆる大衆酒場が好きな人にはオススメだね、価格設定の安さも大衆的だ。
福岡市で大衆酒場っていうと中洲「酒一番」と博多駅筑紫口「寿久」が有名だと思うけど、それらの店が好きな人なら「天龍」も好きになると思うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

天龍居酒屋 / 祇園駅呉服町駅中洲川端駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:好きな飲み屋 - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)