タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (517)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (4)
福岡市博多区 (68)
福岡市中央区 (101)
福岡市南区 (2)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

昼から飲める店になったので素晴らしいのだ「まぐろやナポレオン 赤坂店」福岡市中央区赤坂

大正通りは、普段の生活導線なので頻繁に通る。
だから、通り沿いの飲食店はだいたいチェックはしている(観察するだけ)。

まぐろやナポレオン 赤坂店

「まぐろやナポレオン 赤坂店」は、なんとなく大衆酒場っぽい空気を感じて、気になってはいた。
気になって通りすがるたび観察してたら、なんだか開店時刻がだんだん早くなってる気がした。
なんだ17時からしか飲めないのかと認識していたが、もっと早い時間帯に通りすがっても営業してる様子があった。

そうなると、これは確認せねばなるまい。
そう思って昼間に通りすがってみた。

まぐろやナポレオン 赤坂店

おお、営業中だ。
そして店頭の立て看板に“昼から飲めます!!”の文言が。
素晴らしい。
とにかく昼から飲めることをアピールしてるだけで俺にとって素晴らしい。
よし、入ろう。

迎えてくれたスタッフが“食事ですか飲みですか?”と訊いてきた。
なるほど14時まで定食ありますと看板にあったので、定食目的か飲み目的か確認するわけね。
もちろん俺は、飲みだ。

まぐろやナポレオン 赤坂店

ざっくりメニューを眺めて、とにかくビールを注文した。
プレミアムモルツ生280円、安いじゃん。
突き出しに枝豆。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ビールを飲みながら、あらためてメニューをゆっくり眺める。
ハイボールやサワーも280円か。
まぐろ関係は380円からか。
安いじゃない、大衆酒場的な価格設定じゃない。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ポン酒もいろいろ楽しめるな、ポン酒は安くはないけど。
まぐろ推しの店のようだが、ハムカツとかニラ玉とかの酒場らしい一品もあるな。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ハムカツに惹かれたが、まぐろ食っとこう、まぐろの店だろうし。
赤身の刺身と、ヅケ。
どちらも380円だが、ヅケのほうが費用対効果が高いな。
しかしまぁ、どちらも盛り付けに色気がないが、まぁそこはご愛嬌。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

店内の様子も、大衆酒場然としていて良い。
もっと小汚ないと嬉しいが、それはこれから経年によって味わいが増すと期待しよう。
テーブル席、壁を向いた席とあって、仲間と飲むにも独りで飲むのにも対応していると言える。

さてビールの次は何を飲もうかと思案した。
まぐろにポン酒を合わせたいとも思ったが、ビールやハイボールは安いほどにはポン酒は安くない。
そこで壁の貼り紙に目が止まった。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ふーむ、スーパーレモンサワーか。
そして店オリジナルのナポレオンか。
どちらも色物っぽいが、まぁ失敗しても280円だ。

まぐろやナポレオン 赤坂店

スーパーレモンサワーを注文した。
飲んでみれば、そんなにスーパーにレモンでもなく、これはこれで悪くないって感じ。

まぐろ関連380円からって印象だが、細かくメニューを見ると冷奴、板わさ180円なんて低価格な品もある。
そういうのをアテにサワーなど飲んでいれば、これはもう東京の上野に立ち並ぶ立ち飲み屋くらいの予算感で飲めるなぁ。
これって、福岡市では貴重だと思うよ。
福岡って、それほど飲み屋が安いって認識がないもん。
この店は、ある種の東京価格だなって俺は思ったね。

昼から飲めて、安く飲める。
それだけでもう、俺はこの店を支持したい。
俺が利用したのは日曜の13時台、日曜にも開いてて昼から飲めるのって、すごく存在価値があるよ。

どうやら北九州発の「気晴れ屋」って店の系列のようだが、このナポレオンのスタイルならどんどん店舗を増やして欲しいな。
ちょっと同系列の他の店舗もチェックしてみたくなった。

↓「食べログ」での店舗情報

まぐろやナポレオン 赤坂店魚介・海鮮料理 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)薬院大通駅

昼総合点-

関連記事
福岡【昼酒】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

カレーライスもあるけど「旭軒」の中で最強に酒がすすむ店舗だろうな「旭軒 馬出店」福岡市東区馬出

福岡で餃子といえば「旭軒」だ、俺の中ではね。

複数の店舗がある「旭軒」だが(どこも親族で経営しているとか)、春吉の「旭軒」が一番好きだなぁ。

もっとも、すべての店舗に行ってみたわけじゃないんだけどね。
現在ぜんぶで何店舗あるのかも把握できてないが、行ったことのない店舗として東区の「旭軒 馬出店」は以前から気になっていた。
カレーライスがあったり、他の店舗よりメニューがユニークだってことでね。

旭軒 馬出店

「旭軒 馬出店」。
その地域に暮らしてなきゃ読めない地名ってのは全国にあると思うが、たぶん福岡の人じゃないと読めないんじゃないかと思う“馬出”って、“まいだし”と読みます。

なかなか東区で飲んだり食ったりする機会がないので、気になりつつ何年かの時が流れたが、ようやく機会を得た。
というか、東区でウロウロしてたら、ああここかって感じで出会した(場所さえ把握してなかったわけだ)。
これはもう、このまま立ち寄るしかあるまい。

旭軒 馬出店

うむ、話に聞いていた通り、餃子とカレーライスの二枚看板だ。
さらに「繁桝」もプッシュされてるなぁ、ポン酒推しの店なのか。

店内は春吉と雰囲気が似てるね。
古びていて、雑然として、好きな感じだわ。

旭軒 馬出店

オバサマ二人で店を回してるのも春吉と同じだね。

日曜の夕方、店内のカウンター席は常連であろうオッチャンたちで賑わっていた。
餃子を食いに来たってより、酒を飲みに来たって雰囲気。
嬉しいな、ここは“飲める「旭軒」”なんだな。

他の店舗でも、そりゃビールは飲むけどさ。
たとえば春吉の「旭軒」ではメニューは餃子と手羽先だけで、じっくり腰を落ち着けて飲むには酒のアテの選択肢に乏しいと感じるのよね。
だが馬出の店は、アテが豊富だ。
上に貼った画像でもチーズとかゆでたまごがメニューいあると確認できると思うが、オッチャンたちと店のオバサマとの会話を聞いてると、魚が何種類もあるしアサリもあるしって様子。
餃子でビール、次は魚でポン酒ってな調子でじっくり飲めそうだ。

旭軒 馬出店

まずはビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。

旭軒 馬出店

そして餃子二人前。
せっかくいろんなメニューがあるから、とは思いつつも「旭軒」に入ると脊髄反射的に餃子を注文しちゃうのよね。
しかも二人前ね。

で、このあとポン酒にシフトして……というのは次回の楽しみとする。
カレーライスが食べたい。
餃子の「旭軒」で出してるカレーライス、馬出店だけのカレーライスを、食ってみたかった。
ポン酒にいっちゃうと、きっとカレーライスを食わずに終わることは火を見るより明らかなのだ(それは俺が酒に流されやすいってことだな)。

旭軒 馬出店

こちらがカレーライスです。
おお、普通って見た目で、餃子の店ならではって特徴は見出せない……が、それでいいよな。
きっと、餃子だけじゃ腹いっぱいにならないって客のために出してるみたいな、そういう理由で存在するカレーライスではなかろうかって気がするカレーライスだよ。
ゴハンこんもり。

食ってみると昭和の食堂で食ってたよねって思い出が走馬灯のように……ということもないカレーライス。
変わったところもノスタルジーの喚起もないカレーライス。
ゴハンこんもり。
腹いっぱいになった。

旭軒 馬出店

餃子の「旭軒」のカレーライスって面白そうって気になっていたわけだが、ある意味そんなに面白くなくて良かった。
面白みより、お客さんの腹が満ちるようにって気持ちを感じて、なんだか良かった。

次は、じっくりポン酒を飲むために立ち寄りたい。

↓「食べログ」での店舗情報

旭軒 馬出店カレーライス / 馬出九大病院前駅箱崎宮前駅吉塚駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

屋号に“酒店”とあるが酒屋じゃないよラーメン居酒屋だよ「吉村酒店」福岡市東区馬出

吉塚駅っていうJRの駅は博多駅の隣なので、なんとなく博多区かなって思ってた。
東区なんだねぇ(地理的認識能力が低いなぁ俺)。

吉塚駅を出たところに気になる飲み屋がある、という情報を友人から得ていた。
なんか、ラーメン居酒屋のようで、センベロセットなるものがあり、なかなかいいかも、といった情報だった。
なるほど、気になる。

吉村酒店

ああ、あれだな。
西口を出て少し歩くと、大きな通りの向こうに目的の店であろうものが見えた。

吉村酒店

「吉村酒店」という店だ。
屋号に“酒店”とあるが酒屋ではぜんぜんなくて、住居の一階を店舗にしたような居酒屋のようなラーメン屋のような……なんかよくわからんような立て看板やノボリやら提灯やら写真やら無駄に情報量が多いけど結局なんだかよくわからんような店だ。

とにかくセンベロセットなるものは確かに存在するようなので店に入る。
さっそくセットの概要を店員さんに訊く。

吉村酒店

ドリンク3杯+おつまみ3品で1,000円税込。
税込って偉い。
さらに詳しい説明としてドリンクの選択肢は角ハイボール・チューハイ・焼酎・日本酒、生ビールはプラス200円/1杯、おつまみの選択権はなく、入店から1時間のリミットを超えたら追加注文が課せられる、とのこと。
ふむふむ、と諸々了解してセットを注文した。

吉村酒店

酒は角ハイボールにした。
普通においしいです。

吉村酒店

第1のおつまみ。
これは、お通しだね。
そういう説明も事前にあったのである、お通し含めてトータル3品のおつまみを出すと。
よし、では第2のおつまみは。
第2のおつまみは……あれ?
しばらく、来なかった。
土曜の17時台、俺のあとに何組か客があって注文が集中したかもしれないが、しばらく待ったなぁ。

吉村酒店

第2のおつまみは、えのきバターだった。
最初の角ハイボールを撮った写真のタイムスタンプを見ると17:17、えのきバターは17:35、その差18分。
体感では20分以上、次が来ねぇなぁと待ったという印象が残っている。

おつまみの選択権は客になく店のおまかせなんだから、もっとチャチャっと出せるものを出せばいいんじゃ? と思った。
と言うか、チャチャっと料理を出してしまってササっと食っちゃって物足りなくなって追加注文をしたくなる、みたいな流れを作るほうが商売的に良いんじゃない? って思った。

次々におつまみが来るからグビグビ飲んじゃって、もう規定の3杯を超えるがドリンク追加注文すっか、つまみも追加すっか、よし飲んだし食ったしラーメン居酒屋みただしラーメンで締めるか、みたいな流れを作ったほうが良くない?

第3のおつまみはメンチカツだった。

吉村酒店

タイムスタンプ18:01、えのきバターから26分。
こういうペースだから、角ハイボールをおかわりするペースも鈍ってしまう、次の料理が来るまでチビチビ舐めて間を持たせようと思ってしまう……あ? もしかして、料理の提供を遅くすることでドリンクの超過注文を誘ってるわけ?
もしそうだとしたら、逆効果だと俺は思うけどなぁ。
次々に料理が出るほうがグビグビと酒を飲んじゃって調子にのって追加オーダーして調子にのってラーメンまで食っちゃうと思うんだけど。

それはそれとして、えのきバターはうまかったけど、メンチカツはおいしくなかった。
なんか、食感はねっとりして味は眠かった。
揚げ物がおいしくないって、あんまりないことだと思うわ。

とまぁ、そんなこんなで、これはちょっと残念な店だったなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

吉村酒店居酒屋 / 吉塚駅馬出九大病院前駅千代県庁口駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)