タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (712)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (7)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市浪速区 (8)
大阪市西区 (2)
大阪市此花区 (1)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (104)
福岡市中央区 (179)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (18)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

珍しいなと好奇心で食べたがアッサリ美味しかった「お食事処みかど」那覇市松山

そこでしか食えないものを旅先で食いたい。
沖縄で、ちゃんぽん。
それは、長崎のちゃんぽんとは違うものだ。

お食事処みかどお食事処みかど

那覇で沖縄独自のちゃんぽんを食うなら「みかど」が良いみたいだと、事前にネットで情報を拾っておいた。
店先のタペストリーにも看板に“沖縄ちゃんぽん”のアピールがあって、どうやら此処で食うのは間違いないようだ。

お食事処みかど

店先のメニューサンプルでも、目立つ場所にちゃんぽん。
一貫して、ちゃんぽん推し。

お食事処みかど

平日の15時台にけっこう客席が埋まっていたから、人気のある店なんだなぁ。
入ってすぐのカウンター席の端っこに陣取ったが、店のオバチャンが“こっちが涼しいよ”とフロアのテーブル席を案内してくれた。
メニューに目をやるまでもなく、ちゃんぽんを注文。

お食事処みかどお食事処みかど

味噌汁が添えられて、ちゃんぽんが配膳された。
うん、これ。
これが沖縄の、独自のちゃんぽんだ。
ネットで見て“へぇ〜変わってるな沖縄のちゃんぽん。食べてみたいな”と思ったものが目の前にあって、嬉しい。

お食事処みかど

コンビーフ入り野菜炒めの玉子とじが、ライスに乗っているという食べもの。
野菜がシャキシャキとして、美味しい炒め具合。
そして見た目よりも薄味で、あっさりいただける。
沖縄の料理の味付けは、俺が想像していたよりも全般に薄味なのかもしれない。

好奇心で食べに行って、楽しめた。
思ったほど“イロモノ”ではなく、普通に美味しかった。
沖縄で沖縄らしいものを食えたという喜びも得た。

ところで注意事項です。
この店は24時間営業として知られているよう(俺もそう思っていた)だが、深夜に閉まります。
実は前日の夜に行ってみたら“すみません零時までです”と言われての翌日再トライだったのだ。
地元では周知されてるだろうけど、それを知らずに俺は二度行くことになってしまったので、他所から行く人は零時までと把握しといたほうが良いと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

みかど定食・食堂 / 県庁前駅美栄橋駅旭橋駅

関連記事
沖縄【食堂】

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

ブルータルな物量に打ちのめされたが気力で立ち向かった「軽食の店 ルビー 泊店」那覇市泊

いやいやいや、こんなに暴力的にボリュームあるメシなんて、と笑ってしまうほど。

軽食の店 ルビー 泊店

以前、「ピッツバーグ・フォーラム」に行ったとき通りすがって“ああ、ここが地元で人気のAランチの店か(ネットで得た知識)次の機会に寄りたいな”と思っていた「軽食の店 ルビー 泊店」。
機会が訪れたので行ってみた。

軽食の店 ルビー 泊店

昼メシどきには混むだろうからタイミングをズラそうと10時台に向かったが、続々とタクシーが駐車スペースへ。
なるほど地元の運転手さんに人気って感じか。

この店ではAからCまでのランチがあって、いちばん軽くて安いCランチを食ってみるつもりでいたが、前日に飲んだ「カラオケパブ ナハ」で居合わせたオジサン客から“Aを食べるべき!”とオススメされたしなとAランチにしてみた。

軽食の店 ルビー 泊店

まずスープが出てきたんだけど、このスープって沖縄ではしばしば遭遇するって気がする(まだ沖縄2回目だというのに既にそう感じている)。
そしてAランチが現れた。

軽食の店 ルビー 泊店

ああ……ちょっとこれは、やらかしたな。
なんて物量だ。
ウインナー、ポーク玉子、赤いプレスハム、ハンバーグ、とんかつ。

軽食の店 ルビー 泊店

とんかつが覆いかぶさって全容が見えてないが、ハンバーグは見えている部分の2倍弱の大きさがある。
それよりもとにかく、とんかつがデカい。

軽食の店 ルビー 泊店

食いものとタバコを一緒に写すのは好きじゃないんだけど、大きさの比較として撮ってみた。
とにかくアホみたいにデカい。
表面積はべらぼうにデカいのだが厚みはそんなにない、のだが、これを残さず食べるのは大変だった。
筋張って脂が多くコロモはザクザクで、猛々しい野生のとんかつという感じだった。

ナイフで切っては食い切っては食い、切ってはトンカツソースをかけて食い切っては醤油をかけて食い切ってはウスターソースをかけて食いという工程はなかなか終わりの見えてこないものだった。
早い段階から満腹感に苛まれた。
とんかつを切っては食いの合間にライスも食べ進めなければならないのは恨めしかった。
とんかつの脇にはマカロニサラダが添えられていて、これもまた満腹を助長するもので憎らしかった。
先に出てきていたスープでも胃の容量を無駄に占められてしまったと、思い返して憎らしかった。
心の拠り所は千切りキャベツだけだったが、それはすぐになくなった。

軽食の店 ルビー 泊店

美味しいとは思わなかったし、無駄に満腹になった。
この日はまだ何軒かの飲食店を巡る計画を立てていたが、もう無理だと感じた。
とか言いつつ、沖縄の“軽食”はウルトラヘビーだなと経験して、旅先で酔狂な楽しみをしたな、と感じた。
凶暴なボリュームを、なんとか気力で食べきったという達成感も得た。
無難にCランチにせずAランチを注文したことは、その点では良かった。
もっともCランチでも品数は減るようだが、とんかつの巨大さは同じみたいだね。

軽食の店 ルビー 泊店

ところで、お冷の替わりにセルフの冷たいお茶とアイスティーが用意されていて自由に飲めたんだけど、アイスティーが予期せず甘かったのでそれも満腹感を助長したな。
アイスティーが用意されてるのは沖縄の食堂では珍しくないみたいなんだけど、どこも甘いのかな。

↓「食べログ」での店舗情報

軽食の店 ルビー 泊店定食・食堂 / 美栄橋駅

関連記事
沖縄【食堂】

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

沖縄を去る前に名残を惜しんでステーキをもう一度「ハイウェイ食堂」沖縄県那覇市前島

沖縄日帰りで滞在時間は短く、そろそろ空港に向かうべき時刻になってきた。
着いて早々ステーキを食ったが、名残を惜しんで締めにステーキを食おう。

ハイウェイ食堂

牧志から歩いて「ハイウェイ食堂」に行った。
ここは、アメリカ統治時代から続くAサインのステーキハウスではなく、かつ“沖縄では飲んだ締めにステーキ”とかってテレビとかネットで言われるようになった頃からの新興店でもない。
それにステーキ専門の店でもなく、沖縄そば、チャンプルーなども出す地元の普段使いの店という感じだ(などという情報を事前に仕入れていた)。
ここなら“日常のステーキ”が食えそうだなと思って、選んだ。

ハイウェイ食堂ハイウェイ食堂

いいねぇ、24時間営業。
テッペン過ぎでも夜明け前でもステーキが食えるんだな。

ハイウェイ食堂ハイウェイ食堂

メニューを見ると、すごくラインナップ豊富だね。
ここでソーキそばなど食べるのも沖縄に来たからって旅情が楽しめるのだろうがステーキ一択。
注文を決めたら食券マシーンで購入して注文。

ハイウェイ食堂

俺が調べた限り、どの店でもステーキには必ずライスなどが付いてくるのだが、炭水化物は欲しくないのでライス要りませんと注文した。
しかしステーキには必ずスープとサラダも付くものなんだな、これも欲しくはなかったな。

ハイウェイ食堂ハイウェイ食堂

肉が焼けるのを待つ間に、広い店内をちょっとウロチョロしてみた。
薄暗さのなか、ゴシックに古臭い退廃感とゴージャスさが垣間見える。
庶民的24時間メシ屋でありつつ、昭和のオオバコ喫茶店の雰囲気もあるね。

ハイウェイ食堂

灰皿、卓上の調味料やコップは庶民メシ屋だね。

ハイウェイ食堂ハイウェイ食堂

クッキングペーパーに覆われてステーキが現れた。
ペーパー越しに油がビチビチと音を立てて跳ねており、むき出しだったら着ているものが油まみれになるなとクッキングペーパーの重要性を強く感じた。
しかし、肉に早く対面したくてビチビチが止み終える前にステーキを拝んだ。

ハイウェイ食堂ハイウェイ食堂

使い込まれた焼けた鉄板の上の肉は、ワイルドという印象。
レモンスライスの上のバターが溶けて、その酸味とバター風味に、あとは卓上の塩を振ったら十分に美味しかった。
A1ソースもあったが手が伸びなかったね。
このステーキは食券的には「ステーキ(200g)1,100円」でサーロインとリブロース共通券となっていたので、注文時に脂身が楽しめるリブロースでお願いした。
肉の噛みしめ感と脂の甘みとを、オリオンビールと供に満喫した。

ああ、沖縄ではステーキが安く食えて、美味しい。
そう実感してから、時間がヤバいなと空港に焦って向かって沖縄を後にした。

↓「食べログ」での店舗情報

ハイウェイ食堂沖縄そば / 美栄橋駅県庁前駅牧志駅

関連記事
沖縄【食堂】

テーマ:ステーキ - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)