タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (83)
食べ飲みした店 (731)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (7)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市浪速区 (8)
大阪市西区 (2)
大阪市此花区 (1)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (106)
福岡市中央区 (189)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (19)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
大分県別府市 (0)
大分県大分市 (6)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

オバチャンが営む庶民中華食堂「本龍」福岡市博多区千代

千代に立ち寄る度に「本龍」という食堂が気になっていたが、これは“飲める食堂”なのか単にメシが食えるだけなのか判断材料が店頭からは得られず立ち寄ることを躊躇していた。

本龍本龍

ある夜、近くの博多百年蔵でのイベントで酒を飲み、その勢いで友人と共に利用してみた。

本龍本龍

店内は昔ながらの町の食堂という造作で、これは好み。
先客はなく、店の人の姿も見当たらなかったので声をかけると、奥からオバチャンが出てきて迎えてくれた。
ビールは嫌いなアサヒスーパードライしかなかったが、暑い日だったからとにかくビールが飲みたかったので注文。

本龍本龍

メニューを見ると中華料理メインのラインナップだったので、ビールに合うものをと餃子と酢豚。
どちらも美味しかったが、特に酢豚が野菜に火が入りすぎず水々しく彩りもよくて良かった。
パクパク食べつつビールを何本か、オバチャン一人で切り盛りしているようだから煩わせないようビールもらいますと申告しつつ客席にある冷蔵ショーケースからセルフで。

本龍

栓抜きの、自然体のヴィンテージ感。
サッポロの栓抜きなんだから、サッポロのビールを置いてくれていれば良いのにと思ったね。

本龍

締めにチャーハン。
五目タンメンとかラーメンとか締めになりそうな麺類もあって迷ったし、品書きには冷やし中華もあったから是非と思ったがこの日は品切れで、消去法でチャーハンとなった。
特にどうということはないが必要十分に美味しいというチャーハンだった。

後日、再訪。

本龍本龍

冷やし中華を食べないと気が済まなくなっていて、前回は夜に品切れだったから昼に訪れた。
店に入るなり冷やし中華を注文。

本龍本龍

野菜こんもり、つゆ多めの冷やし中華。
トマト丸々1個かなってボリュームがすごく、もはやサラダかなって感じも。
甘くて酸っぱくて王道という味の冷やし中華で、多めのつゆも飲み干した。

ダラダラと酒を飲むのに適した店ではないから“飲める食堂“の範疇ではないと思うが、良い食堂だ。
昼は(推定)息子さんが手伝ってくれてるようだが、オバチャンこれからも頑張ってください。

↓「食べログ」での店舗情報

本龍中華料理 / 千代県庁口駅呉服町駅馬出九大病院前駅

関連記事
福岡【食堂】【中華料理】

テーマ:食堂 - ジャンル:グルメ

福岡市中央区ではかなり貴重で好きな食堂「お酒と食事 金龍」福岡市中央区舞鶴

親不孝の「お酒と食事 金龍」。

お酒と食事 金龍

こちらに初めて立ち寄ったのは2017年の8月だったな。
そのいくらか前から存在は認識していて、その昭和って感じの外観に魅力を感じてはいたんだが、白地に赤で“ホルモン”と“ラーメン”と書いてあるので、躊躇していた。
俺は酒飲みのくせに内臓類が苦手だし、ラーメンには情熱がないから、これは俺向きの店じゃないかもと思った。
しかし、色褪せたテントには“お酒と食事”とあるから、やはりこれは酒が飲める店なんだから立ち寄ってみなければと決意した。

お酒と食事 金龍

カウンター席に着き、おもむろにビール。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

お酒と食事 金龍お酒と食事 金龍

品書きを見ると、そこそこラインナップ豊富に感じる。
麺類、ゴハンもの、定食など食堂として一通り揃ってるという布陣と、ニラトジやキモテキといった飲み屋のメニューも用意されている。
でもまぁ“お酒と食事”と掲げる割には、酒のアテはそう多くはないかな。

お酒と食事 金龍

ビールのお供に餃子を選んだ。

お酒と食事 金龍お酒と食事 金龍

年季がはいっているなぁと感じる店内は、好きな感じに趣深くて眺めていて嬉しくなる。
こういった“昔ながらの”という風情の店が、天神とか親不孝という移り変わりと新しさを是とするような街で生き残っているというのが嬉しい。
あまり福岡は昔のまま変わらないというのを大事にしない土地柄に感じているから、この店は貴重に思える。

店の隅っこに据えてある小さなテレビに映るローカル番組を眺めながらタバコを喫いながら、ビールと餃子をたいらげて冷やし中華で締めた。

お酒と食事 金龍

細く揃えられた縁の赤いハムが乗っていて、あぁこういうハムってプレスハムっていうんだよねとノスタルジー込みで楽しくなった。
そんなに豪華な具材は乗ってないが、こういうのが町の食堂の冷やし中華だよねぇって満足感があった。

それからは、“飲める食堂”としての期待よりメシを食うための食堂としてすっかり好きになって、ぼちぼち昼メシを食いに寄っている。

お酒と食事 金龍お酒と食事 金龍

再訪の際、どうやら平日だけサービスメニューが設定されるんだなと気づいた。
たとえばカツ丼730円が680円、たぶん一律に50円安くなるってことかな。

お酒と食事 金龍お酒と食事 金龍

カツ丼は、まったく気取ったところのないわかりやすい味付けで、ザブザブという感じにツユダク。
そういう(こういう表現もどうかと思うが)下品なカツ丼が、俺はすごく好きだ。

お酒と食事 金龍お酒と食事 金龍

別の日にカツカレーを食べた。
カツ山頂を彩る2個のグリーンピースが、昭和ノスタルジー。
だがカレー自体は、昭和の食堂らしい業務用カレーではなく、それをベースとしているかもしれないが独自のアレンジがなされたもので酸味が前に出ているものだった。
カレーに関しては、ぜんぜん工夫のないものを出してくれたほうが嬉しいなと思った。

お酒と食事 金龍お酒と食事 金龍

オバチャン2人(嫁と姑だろうか)が賑やかなのに対し、対象は物静かで職業料理人という風格を感じる。
女性陣が言い合いをする現場に遭遇したこともあるが、ギリギリ険悪ではない空気で、俺にはそういうことも昭和の食堂らしさだなぁと呑気に受け止めた。

お酒と食事 金龍

そして2018年の夏もまた冷やし中華を食った。
うん、変わってない。
来年も、変わらない冷やし中華を食いたい。

↓「食べログ」での店舗情報

金龍食堂定食・食堂 / 天神駅赤坂駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事
福岡【食堂】

テーマ:食堂 - ジャンル:グルメ

安い店ではないんだが庶民食堂飲みの気分は楽しめる「不二家食堂」福岡市中央区大手門

<追記:2018年08月08日>
飲める食堂は、単に食堂としても使える。

麺類がメニューにあるから夏は冷やし中華も出してるかもなぁと立ち寄ってみた。

不二家食堂

あったね冷やし中華。
千切った感じの海苔がバラっと、粉から練った色合いのカラシがベチョっと、なかなかワイルドなルックスだ。

甘くて酸っぱいというツユではなく、酸味は控えめで醤油っぽい塩っぱさを感じた。

<初回投稿:2018年05月08日>
昭和の昔からずっと、と思わせる風情。
庶民感と、酒が飲めそうな感じ。
そういったものが俺を惹きつけて、「不二家食堂」という店には何年も前から立ち寄りたいと思っていた。

不二家食堂不二家食堂

過去に、行ってみたら休みだったり開いてる時間帯じゃなかったりというスレ違いに、何度か見舞われていた。
が、この3月末に引っ越しをして行動権が変わって、気軽に立ち寄れるようになった。

平日の夕暮れ前にフラっと立ち寄った。
カウンターに囲まれた空間は奥のほうまで調理と配膳のスペースで、オバチャンズがテキパキと働いていた。
テーブル席もあり店内にはテレビもあり、昭和の食堂だなぁという嬉しさがある。
さらに嬉しいのが、作り置きの惣菜などが陳列されるショーケースがあったこと。
これ好きなのよ。

不二家食堂

壁には単品料理、丼、ゴハンものの品書きの札が下がり、黒板にはトンテキとかトンカツといったメニューが記してあった……のだが、一様にそんなに安くはないなぁと感じたのが素直なところだ。
トンテキが670円とあって、ひょっとしてこれは定食の価格なのかなと訊いてみたら、単品でその値段で、プラス数百円で定食にできるとのこと。
カツ丼が800円ちょっとするし、なるほど此処は安さが魅力という店じゃないんだなと把握した。

不二家食堂不二家食堂

ビールとトンテキ単品。
キリンラガー瓶があって嬉しい。
トンテキは、ちょっとポークチャップ的な味付けだなぁと感じた。
ポーク生姜焼きは500円台だったから、そっちを選べば良かったかな。
ショーケースにあったアサリとか煮物で日本酒ってのも良かったかもしれないね。

安ければ嬉しいのは勿論だが、そこまで安くなくても不満はない。
気取らない空気の店だし、当たり前のように喫煙可能だし、ご近所であろう人々が夕飯だか晩酌だか判らないような使い方(要は思い思いに自由な感じ)をしているのも良い。

また通りすがってみようと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

不二家食堂定食・食堂 / 大濠公園駅唐人町駅

関連記事
福岡【食堂】

テーマ:食堂 - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)