タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (77)
食べ飲みした店 (573)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (9)
福岡市博多区 (77)
福岡市中央区 (131)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (8)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

活気があって安くメシが食える嬉しい食堂「あらたま」福岡市早良区西新

福岡市総合図書館の映像ホール「シネラ」で映画を観る前に、腹ごしらえをしておきたかった。
目的地「シネラ」周辺は飲食店が乏しいので西新へ。
行きたいと思ってたメシ屋が商店街にある。

あらたま

「あらたま」という店だ。
看板に“大衆食堂”とあるが、いわゆるそれではないな。

店舗は2階にあるが、目線を上げていたら店は見つけづらいだろうね。
地上の置き看板を目印に探すのがいいだろう。

あらたま

看板の傍から狭くて暗い通路の奥へと進み、昭和の鉄筋アパートみたいな無味乾燥な階段を上がると店がある。

あらたまあらたま

たどり着くまでの通路や階段の印象から一転して、元気なオバチャンの“いらっしゃいませ”の声に迎えられて店内へ入るとオープンに明るい。
白く塗装された壁や明るい色目の木材の感じと、大きく開口された窓からの陽の光。

あらたま

近所の高校生なんだよねという男子たちが、仲良くキャッキャウフフしていて微笑ましい。
近隣にいくつか高校、大学があるロケーションだから、そりゃ高校生や大学生が多いよねと思うわけだが、思ったより普通の大人とか近所のオバチャンなんかも多いのね。

さてところで、俺はメシ屋であっても隙あらば酒を飲もうとするのだが、このときは映画を観る前だから純粋にメシを食う目的であった(酒が入ると映画の途中で寝ちゃうんだよ)。
そして、ただ単にメシを食うとき、だいたいカツ丼を選んじゃう。
この店は豊富なラインナップの定食や、丼が何種かとカレーとかナポリタンなんかもあって、価格帯は安い。
それだから何を食べようかと、あーでもないこーでもないと悩んでもおかしくないと思うが、だいたい俺はいつも短絡的にカツ丼という決定を早々に下してしまう(単純な人間だから)。

あらたま

カツ丼、500円也。
味噌汁付きで、味噌汁はちゃんと美味しい。
お値打ちの500円だ。

あらたま

まぁその、あまり繊細な仕事をされているという感じはないとは思うが、十分に美味しいカツ丼で、これが味噌汁付き500円って素晴らしいなと喜べるカツ丼だ。

ひっきりなしに客が来て、フロアを仕切るオバチャンは忙しそうだった。
オバチャンが厨房にオーダーを伝えるのを何気に聞いていると、オムライスが人気のようだったな。

あらたま

ところで、この店は食券制だ。
だがそれが、あまり浸透してないようだった。
フロアのオバチャンが何度も、食券の購入を促していたから券売機に気づかず席に着こうとしちゃう客が多かったのだろう。
ゆっくりメニューを眺めてから注文を決めようと思っていたら、いきなり食券の購入を求められて戸惑う……という事態にならぬよう、事前に1階店先の看板に貼ってあるメニューを見ておくといいと思うよ。

明るく健全なメシ屋だから、ここではビールを飲もうという考えは起きない、って感じだった(もともと飲む気はなかったが)。
タバコを喫えるか訊く気さえ起きなかったな。
純粋にメシを、安くて満足できるメシを食うために、また利用したいって思ったな。

↓「食べログ」での店舗情報

あらたま定食・食堂 / 西新駅藤崎駅

関連記事
福岡【食堂】

テーマ: - ジャンル:グルメ

美味しくなくても許せる気がしないでもない「福岡市役所本庁舎 食堂」福岡市中央区

福岡市役所の食堂に、ひさしぶりに行ってみた。
なにか書類の申請とか市政に対する意見の陳情とか、そういう用事はまったくなくてメシを食うためだけに。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

食堂は15階にある。
エレベータで上がるわけだが、こいつがドアの開閉も運行自体も遅くて、すごくイライラしていた。
が、ある日“お年寄りや体の不自由な人の利用も少なくないから、ゆっくりなんだ”という意見を目にしてああそうかイライラしちゃいかんなと心を入れ替えました。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

のんびり15階へ。
こちらが食堂です。
とくに屋号はないと思う、食堂。
基本的に市役所職員や出入り業者のための食堂だと思うんだけど、一般の人も利用できるよってアナウンスがある。
なので一般人である俺も入ってよろしい。

食堂の区画の一部に間借りするように喫茶店もある。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

こっちには「創作珈琲 ばん」って屋号がある。
ちなみに喫茶店の奥には小さな貸会議室スペースもあることは、あまり知られていないであろう。

食堂の店頭にはメニューのサンプルがあって、こういうの眺めるの好きなんだよね俺。

福岡市役所本庁舎 社員食堂福岡市役所本庁舎 社員食堂

丼、カレー、定食、麺類。
その日のオススメ的なものもある。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

店内には、おかず的な一品が、サンプルじゃなく実物で用意されている。
ゴハン単品を注文して、おかずは好きなものをピックアップってこともできるわけね。
ついでに言えば糖質制限してる人は、おかずだけ食うこともできるわけね。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

スイーツもありますよ。
さすが食堂、至れり尽くせりなラインナップって気がするわ。

さて俺は、カツ丼を注文しました。
配膳場所の近くにレジがあり、そこで注文と会計を済ませ、料理ができたら配膳場所で受け取る。
受け取るまでに席を確保しに行ってもいいが、料理はすぐできちゃうかもと配膳場所で待っていたが、予想以上に待たされたので席に着いていれば良かったと思った。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

こちらがカツ丼になります。
420円也。

全体的に茶色、というのがファーストインプレッションだ。
ネギでも飾ってくれよ、と思った。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

玉子に火が入り過ぎだ。
なんかもうモロモロっとした見た目で、これはいかにも美味しくなさそうだ。

食ってみたら、実際に美味しくありませんでした。
味は薄めで、ダシの香りなんかしなくて、玉子は見た目通りにモロモロで。
そしてなにより、ゴハンがね、大きな炊飯器の底のほうで押し潰されてましたっていうものでね。
なんかこういろいろネガティブな要素がみんな力を合わせて美味しくなくなるよう頑張りましたって感じだ。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

窓の外の景色を眺めて心を落ち着ける。
15階だから見晴らしが良くて、ってなこともなく周りはビルばっかりだ。
アクロス福岡がオアシスのように見える。

福岡市役所本庁舎 社員食堂

食堂内も殺風景だ。
だがこれは、役所の食堂だなぁって風情を味わえるので、良しとする。
それに結構、市民の憩いの場として機能しているようにも見える。
俺みたいに役所に用はないがメシ食いに、または涼みに来ましたって風に見受けられる人もちらほら。

うん、役所の食堂だから。
カツ丼が美味しくなくても、そういうものだと許せる。
味やサービスで競合他店としのぎをけずるっていう自由市場のメシ屋ではないのだ、こんなもんでいいだろうってヌルいクオリティを味わうことこそ、役所の食堂でメシを食うことの醍醐味ではないだろうか。
あえてガッカリ感を楽しむみたいな。

もう20年近い昔、天神にある職場に勤務してた頃、たまに利用していた。
近いし安いしって理由で。
その頃からはだいぶ値上がりしてるが、まぁ時が流れりゃ世の中が変わるし値段も変わるわな。
当時は夕方以降も営業していて、おかず一品をアテに酒も飲めてたように記憶している。
今は公務員の飲酒に厳しい時代だから、酒は無いようだ。

久しぶりに利用して、美味しくなさを味わった。
また何年かしたら懲りずに行くかもしれない。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

福岡市役所本庁舎 社員食堂社員食堂 / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事
福岡【食堂】

テーマ:食堂 - ジャンル:グルメ

昔ながらの佇まい福岡市中央区大名「一膳めし 青木堂」で昼酒に想いを馳せる

<追記:2016年04月09日>
前回、久っさしぶりに利用して“あれ、ここって禁煙だっけ?”って思ったわけです。
利用したのが朝だったから朝メシ利用の客のために禁煙タイムなのかなとも思って、次は昼下がりに行って確認しようと思った。
そんなわけで土曜の昼下がり、15時台だったかに行ってみた。

店に入るなり今の時間帯は酒が飲めるか喫煙できるか訊くと、どちらもオーケィとのこと。
そんで、もうだいぶ色褪せて読みにくくなってる張り紙に気づいた。
11時から14時までが禁煙なのね。
それ以外の時間帯、朝の時間も吸えるってわけだ。
よし、わかった。

確認作業は済んだので、飲酒しよう。

一膳めし 青木堂:店内

酒のアテは、ショーケースにいろいろ用意されている。
選ぶのが楽しいぜ。

一膳めし 青木堂:料理

ハムエッグと、豚の天ぷらを選びました。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

もう昼下がりもだいぶ下がった時間帯だが、メシを食いにきたグループ客が2組あったり、老婦人が一人で食事に来たり。
この辺りは、いろんな生活時間帯で暮らしてる人がいるんだなと嬉しくなる。
いろんな生活スタイルの受け皿になる店があるのが、都会というものだ。
逆にクソ田舎というのは、昼メシは12時から食うものだ、酒は夜になって飲むものだと、固定観念で思考停止しているのがクソ忌々しいのだ。

一膳めし 青木堂:料理

いろんなアテがあって楽しいので、また昼酒を楽しみに来よう。

<初回投稿:2016年03月29日>
もうどのくらい昔から営業してんのかね。
ショーケースにオカズが用意されていて、それを好みでセレクトして自分なりの定食を組み立てるのが楽しい「一膳めし 青木堂」は昭和のメシ屋さんのスタイルだよねぇ。
調子にのってあれこれオカズを足していくと平気で1,000円越えちゃったりするよねぇ(自己責任)。

一膳めし 青木堂:外観

俺はそんなに何度も利用したことはないが、たまに休日の昼メシに利用したことがある。
今回は平日に朝メシを食いに。
把握してなかったけど、ここって08:30から開けてんのね。

一膳めし 青木堂:外観

店先には朝定食の案内があり、なかなか選択肢が豊富なようだ。
だがそういう定食より、もっとガッツリしたものが朝から食いたくなっての青木堂利用である。

一膳めし 青木堂:店内

店内の様子も昔から変わってない印象だが、店を運営しているのは代替わりした新世代かなぁ(息子さんとか?)。
壁にはスターウォーズのポスターが貼られ、フィギュアも飾ってあった。

さて、実はカツ丼を食うつもりでいたのだが、メニューを眺めると他にも魅力的なものがあって。
ここはひとつ、昭和な食堂ノスタルジーも込みでオムライスを食いたい気分に。
メニューには「オムライス」と「ふわふわオムライス」とあって、そりゃもうふわふわじゃないほう一択だね。

注文後、店内を眺める。
壁際のテーブルに座ったんだけど、調味料や爪楊枝なんかが空中庭園的な出っ張りに設置してあるのが面白い。

一膳めし 青木堂:店内

そしてアルコール類のメニューに目がとまる。

一膳めし 青木堂:店内

飲めるなぁ。
そういやここで、酒を飲んだことはない記憶。
うーん、今は出勤前だから飲めないけど、改めて昼酒をしに来ようかな。
既に瓶ビールを飲んで次に熱燗を注文してらっしゃる先客もあった。

ほどなくして、オムライスが運ばれてきた。

一膳めし 青木堂:料理

あー、イメージ通りのオムライスで嬉しい。
この見た目だけで既に嬉しい。

食べてみると、黄色いたまごを彩る赤いケチャプ……と思ったものは単純にケチャップではなくトマトピューレ的なもので甘過ぎないのが良い。
中身は、キチンとしたチキンライスで満足度が高い。
具材のタマネギが少し焦げてたりするのも手作りの証しであり、ゴロっとした鶏肉も入っており嬉しい。

さてオムライスに満足し、いまいちど店内を見渡した。
こんど昼酒を楽しむためにと観察してみたのだが、どうも灰皿が見当たらない。
ここって、禁煙なんだっけ?
オムライスを食うのにタバコは要らないんだけど、昼酒を楽しむならタバコが欲しい。
果たして、所望すれば灰皿は出てくるのか、それとも禁煙なのか。

次回、確かめてみよう。

↓「食べログ」での店舗情報

一膳めし 青木堂定食・食堂 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

関連記事
福岡【食堂】

テーマ:食堂 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)