タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (75)
食べ飲みした店 (500)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (1)
福岡市博多区 (61)
福岡市中央区 (94)
福岡市南区 (2)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

熊本にも正しい角打ちが現存してたんだなって嬉しい「古賀酒店」

<追記:2017年02月07日>
2016年の年末と2017年が明けてから、立ち寄った。

古賀酒店

熊本では貴重な正しい角打ちできる酒屋、ここが健在だと嬉しい。
店内に変化があった。
業務用の冷蔵ショーケースが経年により退役し、代わりに家庭用冷蔵庫が投入されていた。

古賀酒店

これはこれで、なかなか趣があるな。
棚も変わってたな。

古賀酒店

古賀酒店古賀酒店

量り売りの酒は通常は「香露」だが、こちらも変化があった。
いつもと違うのが飲めるのも、嬉しいね。

この店に立ち寄ると、熊本まで来て良かったと思える。
まだまだ元気で営業を続けて欲しいなぁ。

<追記:2016年05月05日>
地震後の健在を確認。

店舗は古いんで、心配していた。
まぁ熊本市中央区は大きな被害があったという報道は見聞きしなかったし、そこまで深刻に心配はしてなかったが。
しかし以前に台風で看板が吹っ飛んだと聞いてたんで、また酷い目にあってはいないかと気を揉んだ。

古賀酒店

世間ではGWという連休中だったが、普通に営業していた。
店内は、棚の上の古いボトル、杯、樽などが被害を受けていて、お気の毒に思うと同時に歴史が失われて残念。
あ、テレビもなくなってる。

報道される規模ではなくとも、多くの人たちが被害にあったんだなぁ。

それでも営業していてくれて嬉しい。
特にここは、熊本でおそらく唯一の正しく角打ちできる酒屋だから思い入れが深い。
健在で良かった。

<追記:2015年09月21日>
はじめて立ち寄ったのち、ちょこちょこ寄ってる「古賀酒店」。
熊本で俺が確認している唯一の、昔ながらの正調角打ちできる酒屋。

古賀酒店:外観

初めては夕方に立ち寄ったので常連客が何人もあったが、以降は昼下がりの妙な時間帯に寄るので先客のないことも。
俺は気まぐれに行ってるが、そもそも店的には何時から角打ちOKなのか気になって訊いてみた。
オバチャンとしては昼過ぎからかなと想定していたそうだが、9時過ぎから角打ちをしに来る客があるそうだ。
ふむ、ならば昼下がりとかでも遠慮なく立ち寄れるってわけだ。

古賀酒店:酒

この日は缶ビールと缶チューハイとチーズ1個。
俺の好きな銘柄のビールは500mlの缶しかなく350mlでは置いてない。
これからは500mlを飲むことにしよう。
あと生ビールがあることにも気づいたが、俺の好きな銘柄じゃないし角打ちでは缶とか瓶のほうが俺には気分だな。

古賀酒店:店内

ところで、この店にはタバコも売っている。
残念ながら俺が喫ってる銘柄は置いてないようだが、もうちょい常連度が増したら置いてもらおうかしらん。

古賀酒店:外観

外の看板にはタバコの注文承るって書いてあるしね。

あ……何時頃から角打ちできるかは訊いたが、何時までかは確認してないな。
次回、訊いてみよう。

<初回投稿:2015年04月24日>
角打ちが現存していたよ。
酒屋がやっている、本物の角打ち「古賀酒店」。

古賀酒店:外観

この、昔っから町角にありますよっていう古びた風情がたまんないね。
場所的にはJR新水前寺駅から遠くない。
駅から白山通りへ向かい、左折して白山通りに入ってしばらくすると左手にカギ屋さんがあり、その手前の角を左折すると見える。

角打ちは、熊本市内にはもう存在しないのかと思ってたよ。
繁華街にある「南酒店」や「堤酒店」は、ちょっと角打ちと呼ぶのは抵抗がある。
酒を売ってる店頭で、ついでのように飲めるのが角打ちだという認識だ。

古賀酒店:店内

店内は狭くて雑然としている。
ところどころに昭和の残像が見てとれる……ざっくりした表現でいうと古色蒼然で、それが懐かしさと居心地の良さを醸す。
オバチャンが一人でやっていて、店内には常連さんが3人、その人数で結構な人口密度。

冷蔵ショーケースから飲みたいものを取って、現金払いで飲むスタイル。
キリンラガー缶をいただく。

価格は店で売ってるそのままだ、うん正しく角打ちだ。
常連さんの会話にちょこっと混ぜてもらいつつ、グビグビとビールを飲む。
なんか、アウェイ感というものがないね、この角打ち。

店内のテレビではローカルニュース番組が流れていて、のんきな雰囲気。
この店はタバコも売ってるが、喫煙は店の外で。
店の外といっても、2歩も歩けばすぐ外だ。

ポン酒もあるとのことで、冷やでいただく。
香露280円也。

古賀酒店:ポン酒

コップにたっぷりで嬉しいねぇ。

駄菓子も売っていて、酒のアテにすることができる。
純粋に菓子を買いに来る子供も少なくないそうだ。
昼下がりに酔っぱらいと子供が錯綜する店なんだなぁ、社会ってそういうものだよなぁ。

なんかカワイイ魚の干物があったので、それをアテに。

古賀酒店:さかな

パッケージには「焼あじ」と表記してあるんだが、オバチャン手書きのPOPには「さかな」と書いてあって、それが可笑しいね。
オバチャン自身も、溌剌としてチャーミングである。

とても気に入った、嬉しくなった。
この店が良いなというのに加えて、熊本にも素敵な角打ちがあったんだということも嬉しいよ。
また、ちょっとした時間を見つけては立ち寄りたいと思った。

「古賀酒店」熊本市中央区白山

関連記事
熊本【昼酒】【立ち飲み】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

それなりに頑張って欲しいとは思う「立呑み処 ちかっぱ」博多区上川端町

キャナルシティのユナイテッドシネマズで映画を見ようとしたが、良い席がなかったので諦めた。
じゃ、酒を飲もう。
夏の盛りの頃だったか、近くに新しく立ち飲み屋ができてたなと思い出し、そこへ。

博多区上川端町2-6

「立呑み処 ちかっぱ」。
キャナルシティから上川端方面へ陸橋で向かって、階段降りたらすぐ辺り。
櫛田神社の裏の三角地帯の一角で、すごい目立つ好立地だよね。
店先で女の子が一人で店番をしていた。

立呑み処 ちかっぱ立呑み処 ちかっぱ

初めて見かけたときは営業してなくて入れなかったが、今日は開いてるな。
一人立ち飲みデビューを促すメッセージもあって、立ち飲みビギナーに訴求してるんだな。

博多区上川端町2-6立呑み処 ちかっぱ

店内は狭く、敷地自体が変則台形みたいなカタチで、オープンエアーで立ち飲みオンリー。
足元はコンクリートの土間って感じで、好きだな。

博多区上川端町2-6

サッポロラガーあるんじゃん、ってことでさっそく注文。
うーん中瓶500円、安くはねぇな。

博多区上川端町2-6博多区上川端町2-6

アテがいろいろ、安いものがあるね。
ハムカツあるのか。
赤星を置いててハムカツがあって、というのは東京の立ち飲み屋なんかを意識してるのかなって思った。
でも、ホッピーは置いてないんだよ。
店の女の子に、ヒッピーないのって訊くとホッピーってなんですかとの返事。
なるほど女の子はあくまでアルイバトって感じで本人は酒なんか飲まない風であるので、まぁホッピー知らなくても不思議ではない。
が、店のコンセプト的にはどうなんだろね、詰めが甘い気がするよ。

ところでハムカツ注文してたんだよ。
注文を受けた女の子はインカムかなんかで外部にハムカツを要請してて、ブツが届くまでにホッピーのやりとりをしていたわけなんだ。

立呑み処 ちかっぱ

ハムカツを運んできたのは、近くの唐揚げ屋のニーチャンで、たぶんこちらの立ち飲み屋も唐揚げ屋が経営してるんだろうな、と推測できる。
そうであれば、ニーチャンはハムカツ届けに来た際に“いらしゃいませ〜”とか客に声かけするべきだったな。
そういうことがビジネスで大事なんだと思うが、無言だし顔もこちらに向けなかったなニーチャン。

立呑み処 ちかっぱ

ハムカツが届く頃には中瓶のビールは飲み干していたのでドリンク追加しよ。
角ハイボール安めだね、それで。

立呑み処 ちかっぱ

会計はキャッシュオン。
店内の二面の壁にテレビが掛かってて、それぞれ別のチャンネルが流れてて、それとは別にBGMも流れてて。

なんかまぁ、関東の立ち飲み屋リスペクト系なのか?って思わんでもないけど、関東の立ち飲み屋らしさを求めて行くとガッカリするかもね。
いやむしろ関東っぽさを目指さずに、立ち飲み文化の馴染みが薄い福岡で、独自のスタイルを確立していってくれたら、もしかしたらいいかも。

それにしても昼間ずっと通し営業にしてくんないかな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

立呑み処 ちかっぱ立ち飲み居酒屋・バー / 祇園駅中洲川端駅呉服町駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【角打ち】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

いろんな日本酒を試せる立ち飲み屋が新しくオープン「日本選抜」福岡市中央区赤坂

<追記:2016年09月11日>
ぼちぼち秋ですなぁ。
秋といえば“ひやおろし”の季節ですなぁ。

いつ頃から出始めるのかな“ひやおろし”、というのを確かめようと「日本選抜」に立ち寄ってみた。

日本選抜

お、あるね。

日本選抜日本選抜

長野の「遠藤酒造場」ってとこの「渓流蔵出し純米 ひやおろし」
ああ、ふわっと爽やかに控えめに香りと旨味が広がるといった印象。
おだやかに美味しいな。

まだ“ひやおろし”は、これだけだった。
今から入ってきますよ、とのこと。

せっかく寄ったので、他にもなにか飲もう。
新入荷で「景虎 名水仕込み」というのがあって飲んでみた。

日本選抜

こちらは、すごくすっきり謂わゆる辛口淡麗で、この日は昼下がりから曇天で湿度が高く、そういう日にとても美味しく感じられた。

この店は、酒屋然とはしてないが小売をちゃんとやってて、だから売ってる酒のラインナップも訪れるたびに変化があるから楽しいね。

また、しばらくしたら立ち寄りたいな。

【広告】Advertisement


<初回投稿:2016年08月26日>
国内のいろんな蔵の酒を楽しめる店が新たにオープンしてたぞー。
ポン酒好きとしては嬉しい!

日本選抜

「日本選抜」という店だ。
場所は、赤坂の中央区役所の目の前。

日本選抜日本選抜

なかなかオシャレな外観で、酒のセレクトショップかなって雰囲気。
オシャレなのは苦手だが、ポン酒を楽しむためなら足を踏み入れるのだ。

日本選抜日本選抜

うむ、オープン間もない店内は、すっきりオシャレだ。
立ち飲みテーブルも、なんだかオシャレだ。
足元に荷物を入れるカゴが用意されてるのはいいねぇ。
日差しの厳しい昼下がり、窓の大きな店舗だが心地よく空調が効いている。

日本選抜

壁を埋め尽くすように冷蔵ショーケースがあって、ずらりとポン酒が並ぶ。
そこから飲みたいやつを選んで、量り売りで飲ませてくれるシステムだ。

日本選抜

レジカウンターで、デジタル計量できっちり計って注いでもらい、キャッシュオンで支払う。
量は50mlか100mlか選べるので、飲んだことのない酒を試し飲み的に少しだけ、って使い方ができるのも嬉しい。

冷蔵ケースは、いくつかのカテゴリで酒を並べてある。
辛口、九州の酒、甘口、女性が好みそうなの、といった感じに分けられ、選びやすい。
全国の酒が置いてあるので、まずはラインナップ全部に目を通してみるのがいいだろう。
価格もいろいろで、安いのは100ml1杯300円ほど。

まずは、軽めのものからいってみた。

日本選抜日本選抜

「幻の瀧 名水乃蔵 特別純米」っての、富山県の「皇国晴酒造」ってとこの酒なのね。
ボトルが涼しげで、かつ価格も安かったので。
ちなみにボトルに札がかけてあり、50mlと100mlそれぞれの量り売り価格が判りやすく表示してある。

けっこう香り立つ、甘口の、女性が好きそうかなって酒で、俺にはちょっと合わなかった。

よし、別の酒を飲もう。

日本選抜日本選抜

今度は辛口の、福井県は「黒龍酒造」の「九頭龍 逸品」ってのを。
ちなみに、一本ずつ酒について説明のラベルが添えられているので選ぶのに助かる。
うむ、好みの味だな「九頭龍 逸品」。
スタッフによると、安くてうまいのでお客さんに好評らしい。

ところでポン酒を飲むときは水も一緒に飲みたいものだが、ちゃんと水も売ってます。

日本選抜

水はサービスで用意されてる店もあるが、買っちゃったほうが気兼ねなくグビグビ飲めるので俺は好き。

日本選抜

アテも売ってるよ。
ややセレブリティーな値段の品々なので、俺は遠慮しといた。

スタッフは、いい距離感かつ丁寧な接客で好感もてます。
あまり日本酒に詳しくなかったら、気軽に質問できる雰囲気。
酒とか店内の写真をカシャカシャ撮ってたが(撮っていいか訊いたうえでね)、酒のボトルをわざわざ出してくれたり協力していただき嬉しかった。

ちなみにこちら「全国選抜」は、正確には「全国選抜 大名店」なのよね。
他に店舗があるのか訊くと、これからですとのこと。
うん、増えたらいいなー。

立ち飲み文化って九州に根付いてないと俺は思うし、まして昔からの角打ちとかじゃなくオシャレな店だから、新たな客層を掘り起こさなきゃいけないと思う。
この店が福岡の、立ち飲みに馴染みのない人とか若い人に受け入れられたら嬉しいなと思う。

あ、ところで酒は、50mlと100mlの量り売りだけじゃなく、ボトルで買って店内で飲むこともできる。
そして普通に買って買えることもできる。
つまり、酒の小売りをやってるってことで、酒屋と一緒だな。
だからここは立ち飲み屋っていうか、角打ちやってる酒屋と言えるわけだわな。
このブログでは、こちらは角打ちカテゴリーにいれておくことにする。

「日本選抜」福岡県福岡市中央区大名2-10-1 シャンポール大名1F

【広告】Advertisement
関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】【角打ち】

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)