タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (530)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (4)
福岡市博多区 (73)
福岡市中央区 (107)
福岡市南区 (3)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

小洒落てて敷居が高いと思っちゃったことを反省したよ「酒の九州」博多駅アミュプラザ博多 B1F Hakata9

俺は洒落た店に入るのに勇気が要るオッサンだ。
小汚い飲み屋、アングラっぽい酒場には独りで平気で入っていけるが、小洒落た店っていうのは俺にとって敷居が高い。

博多駅の地下に、飲食店が立ち並ぶ小洒落た通り抜けができているのは知っていたし、何度か通りすがった。
駅直結商業施設のアミュプラザ博多のB1F「Hakata9」のことね。
ちなみに俺には“小洒落た通り抜け”と目に映っていたが、公式でフードコートヲ標榜してるようなんだが、あまりオサレ感から遠退くような“フードコート”ってフレーズを使っていいのかなと余計な心配をしてしまう。

ああ、なんか昼から飲めそうな店があるようであるなぁと思いつつも、なんだか俺には馴染めない気がするってゆーか、俺なんか歓迎されないんじゃないかと思わせる小洒落っぷりなんだよね。
そんなわけで寄り付かないようにしていたんだが、友達と飲んでいて酔った勢いと同行者がいるという心強さで、ついに「Hakata9」の1軒の店に足を踏み入れた。
「酒の九州」という、ポン酒を飲ませる立ち飲み屋。

酒の九州

店の利用法が詳しく書いてある。
棚にある酒を見て選べるの楽しいね。
メニューを見て文字情報だけで選ぶより、ラベルや瓶を見て視覚的に選ぶ楽しさ。

酒の九州酒の九州

スタッフはナイスな若者で、いろいろ訊くといろいろアドバイスをくれる。
また、注文した酒の名前を記した札を添えてくれるのも親切だね。

酒の九州酒の九州

酒は常温だけでなく、燗をつけても飲める。
そして燗は、セルフだ。

酒の九州酒の九州

これは楽しいなぁ“燗ユアセルフ”だってよ。
良い意味で“ままごと”みたいで面白くもあるし、ちゃんと温度計が用意されてるのが妙に真面目でいいな。

酒の九州

通り抜けを行き交う人々を眺めながらの立ち飲みってシチュエーションも面白い。
なんかこう、いろいろと楽しい。
なんかもう、小洒落ててイヤだなぁと敬遠してた俺のバカ、って反省したくなる。

酒の九州

あとで知ったが、ここって「住吉酒販」のコラボだかなんかの店なんだな。
それでいろいろなポン酒が供給されるってわけか。
用意される酒のラインナップは月ごとに変わるそうで、季節によって新酒や夏酒やって楽しめるんだな。

楽しかった。
小洒落てるとかってイメージだけで敬遠してはいかんなぁ。
ここ以外の「Hakata9」の店も、いつか立ち寄ってみるかなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

酒の九州立ち飲み居酒屋・バー / 博多駅祇園駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】【昼酒】

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

中央区那の津にある福岡競艇場の「レストラン」には固有の屋号はないようだ

<追記 2017年05月01日>
競艇場で、なんか知らんけどイベントで、鳥居みゆきがきたのだ。
そういう、芸能人が営業に来るような大きなレースだったんだろうね。
俺には競艇がわからないが鳥居みゆきは好きだ。

福岡競艇場 レストラン

鳥居みゆきは、ミルクボーイのフード付き丈長めニットと赤いチェックのボンデッジパンツで、すごくかわいかった。
髪の毛サラサラツヤツヤで、すごくかわいかった。
なんか知らん男のピン芸人と一緒に営業にきてたのだが、その男のほうはどうでもよかった。
その男は藤井ペイジという芸名なのでジミー・ペイジとなんか関連性があるのかと思ったが、ぜんぜんそんなことはなかったぜ。
いやもしかしたら本人はジミー・ペイジが好きなのかもしれないが、地方の営業の舞台とはいえ、それが見えないんじゃオマエはジミー・ペイジを好きじゃないと思った。
そんなことより、鳥居みゆきがかわいかった。
結婚したい。

それはさておき。
競艇場に来たので、あらためて場内の飲食店を見てまわった。

一品のアテがあって飲める店が1階にはある。
今回は3階まで、フロア隅々までウロウロしてみた。
どのフロアのどの店舗も、やっぱり一律に屋号は「レストラン」以上のものはないんだなぁ。
個展差もないようだ、1階の店舗を除いては。
酒のアテになる一品を用意してるのは1階だけなんだな。

なるほど、わかった。
この後、「ひろ」で飲んだ。

<初回投稿 2015年09月28日>
目的は「ひろ」に行くことだったのだが競艇場前まで来たのだからついでに競艇場にも入ってみた。
場内にも飲食店はあるので。

福岡競艇福岡競艇:外観

もっとも以前にも場内には入ったことがあり、メシを食う店はあるんだけど飲み屋としてイイなと思う店はなかったって印象なんだけどね、まぁ店の入れ替わりも生じているかもしれんので。
ま、以前から代わり映えしない感じで売店とかドリンクコーナーとかあるね、あと予想屋ね。
売店でなにか買って観戦席で飲み食いしてもいいんだが、さほど買いたいとソソられるものも見当たらず。

福岡競艇:外観

「レストラン」、があったので入ってみた。
レストランと表記してあって、それだけで、屋号は見当たらないから「レストラン」と呼ぶしかないね。

福岡競艇:外観

ふむ、15時過ぎに閉まっちゃうのか。
その時間帯が最終のレースが行われるタイミングってことで、レースが終われば営業終了なわけね。

カツカレーとかカツ丼、うどん、そば、焼めしエトセトラが食えるメシ屋さんって様相だが“牛すじ煮込み始めました”って張り紙があったから、これは飲める店なんだな、と。

福岡競艇:店内

入り口からも窺えたが、作り置き惣菜がショーケースに並んでいて、そこから適当にアテを見繕って飲むことにする。
ぼちぼちあるね、酒のアテになるものが。

福岡競艇:店内

店内でも張り紙で牛すじ煮込みがアピールしてあったが、それが貼ってあるケースには鯖がたくさん並んでいたのが、なんだか可笑しかった。

福岡競艇:店内

ビールなどが冷やされたケースもあり、それには“ビール持出し厳禁”って張り紙があったから自分で出してはいけないのかと思って、店のオバチャンにビールを出してもらった。
よく考えたら、店の外にビールを持ち出しちゃダメってことなんだろうね。
たぶん観戦席では禁酒禁煙なのだろう。

福岡競艇:酒

そんなこんなで、キャッシュオンで支払って缶ビールと玉子焼きをトレイに乗せて席に着く。
店内はゆったり広く、テーブル席がいくつもある。
店内は飲酒喫煙可能なオアシスって感じ。

店内のモニターでレースが実況されているが、それを食い入るように見ている客は少ないようだし、歓声や怒号もない。
ここは、そこまで賭事にハマってない層がゆるっと過ごす場所なのかね。

ま、別にとりたてて感慨のない店でした、350ml缶ビールと小鉢で500円だったかな。
競艇場には2階も3階もあって、そちらにも店はあるだろうから見て回ろうかとも思ったけど面倒になってやめた。
「ひろ」さえあればいいや。

↓「食べログ」での店舗情報

ボートレース福岡定食・食堂 / 天神駅中洲川端駅赤坂駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

昼から飲める店になったので素晴らしいのだ「まぐろやナポレオン 赤坂店」福岡市中央区赤坂

大正通りは、普段の生活導線なので頻繁に通る。
だから、通り沿いの飲食店はだいたいチェックはしている(観察するだけ)。

まぐろやナポレオン 赤坂店

「まぐろやナポレオン 赤坂店」は、なんとなく大衆酒場っぽい空気を感じて、気になってはいた。
気になって通りすがるたび観察してたら、なんだか開店時刻がだんだん早くなってる気がした。
なんだ17時からしか飲めないのかと認識していたが、もっと早い時間帯に通りすがっても営業してる様子があった。

そうなると、これは確認せねばなるまい。
そう思って昼間に通りすがってみた。

まぐろやナポレオン 赤坂店

おお、営業中だ。
そして店頭の立て看板に“昼から飲めます!!”の文言が。
素晴らしい。
とにかく昼から飲めることをアピールしてるだけで俺にとって素晴らしい。
よし、入ろう。

迎えてくれたスタッフが“食事ですか飲みですか?”と訊いてきた。
なるほど14時まで定食ありますと看板にあったので、定食目的か飲み目的か確認するわけね。
もちろん俺は、飲みだ。

まぐろやナポレオン 赤坂店

ざっくりメニューを眺めて、とにかくビールを注文した。
プレミアムモルツ生280円、安いじゃん。
突き出しに枝豆。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ビールを飲みながら、あらためてメニューをゆっくり眺める。
ハイボールやサワーも280円か。
まぐろ関係は380円からか。
安いじゃない、大衆酒場的な価格設定じゃない。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ポン酒もいろいろ楽しめるな、ポン酒は安くはないけど。
まぐろ推しの店のようだが、ハムカツとかニラ玉とかの酒場らしい一品もあるな。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ハムカツに惹かれたが、まぐろ食っとこう、まぐろの店だろうし。
赤身の刺身と、ヅケ。
どちらも380円だが、ヅケのほうが費用対効果が高いな。
しかしまぁ、どちらも盛り付けに色気がないが、まぁそこはご愛嬌。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

店内の様子も、大衆酒場然としていて良い。
もっと小汚ないと嬉しいが、それはこれから経年によって味わいが増すと期待しよう。
テーブル席、壁を向いた席とあって、仲間と飲むにも独りで飲むのにも対応していると言える。

さてビールの次は何を飲もうかと思案した。
まぐろにポン酒を合わせたいとも思ったが、ビールやハイボールは安いほどにはポン酒は安くない。
そこで壁の貼り紙に目が止まった。

まぐろやナポレオン 赤坂店まぐろやナポレオン 赤坂店

ふーむ、スーパーレモンサワーか。
そして店オリジナルのナポレオンか。
どちらも色物っぽいが、まぁ失敗しても280円だ。

まぐろやナポレオン 赤坂店

スーパーレモンサワーを注文した。
飲んでみれば、そんなにスーパーにレモンでもなく、これはこれで悪くないって感じ。

まぐろ関連380円からって印象だが、細かくメニューを見ると冷奴、板わさ180円なんて低価格な品もある。
そういうのをアテにサワーなど飲んでいれば、これはもう東京の上野に立ち並ぶ立ち飲み屋くらいの予算感で飲めるなぁ。
これって、福岡市では貴重だと思うよ。
福岡って、それほど飲み屋が安いって認識がないもん。
この店は、ある種の東京価格だなって俺は思ったね。

昼から飲めて、安く飲める。
それだけでもう、俺はこの店を支持したい。
俺が利用したのは日曜の13時台、日曜にも開いてて昼から飲めるのって、すごく存在価値があるよ。

どうやら北九州発の「気晴れ屋」って店の系列のようだが、このナポレオンのスタイルならどんどん店舗を増やして欲しいな。
ちょっと同系列の他の店舗もチェックしてみたくなった。

↓「食べログ」での店舗情報

まぐろやナポレオン 赤坂店魚介・海鮮料理 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)薬院大通駅

関連記事
福岡【昼酒】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

前の記事«  | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)