タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (77)
食べ飲みした店 (573)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (9)
福岡市博多区 (77)
福岡市中央区 (131)
福岡市南区 (4)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (8)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

ここが俺の求めていた蕎麦屋かも昼間から蕎麦前を楽しめる「さらしな」福岡市中央区大名

蕎麦屋で昼から酒を飲む……それは男の憧れ。
と、断言してしまうのは、あまりにも主観的で傲慢だよね、別にそんなの興味ないよって男性諸氏も世の中に多数存在するだろう。
俺に限って言えば、蕎麦屋で昼間っから蕎麦前を楽しめる店を、ずっと探していた。
蕎麦文化圏ではない福岡(うどん圏です)では、それはなかなか難しいと感じていた。

が、“青い鳥”はすぐ近くにいたんだよね。

さらしな

大正通り、福岡市営地下鉄空港線赤坂駅の近くにある「さらしな」という蕎麦屋。
ここは勤務先のすぐ傍で、以前から何度も店の前を通っていた。
朝はいつも、出汁を仕込んでいるのであろう良い香りがいつも漂っていた。
ああ、いつか寄ろうと思いつつ、なかなか立ち寄ることがなかった。

勤務先へ向かう朝は、まだ開いてないし。
昼は外食をすることが、ほとんどない。
帰宅時には晩になんており、俺が蕎麦屋に求めるのは昼間からの蕎麦前なので、惹かれない。
そんなこんなで、1年半ほど素通りを繰り返していたんだよね。

が、ある日、ここって昼から飲める店なんだと知った。

さらしな

店先の置き看板に“昼酒でき〼”って書いてあるじゃないか。
そうだったのか。
俺はてっきり、周辺サラリーマンのランチ需要にターゲットを絞った営業スタイルだと想像していて、昼下がりには中休みをするタイプの店だと思い込んでいた。
違ったんだなぁ。

さらしなさらしな

そんなこんなで、勤務のない日に勤務先の近所まで蕎麦飴を楽しむために来た。
店先にはメニューのサンプルが並んでいて、品書きも掲示してある。
よく見ると、酒のアテになるメニューがいっぱいあるし、日本酒もズラリと。

さらしな

店に入ると空いていて、独りだがテーブル席に座らせてもらう。
平日の15時台だから、まさにランチのピーク後でアイドルタイムだ。

さらしな

まずビール。
赤星だよ、なんだこれ、これはもう完全に昼飲み客を意識してくれてるんだなぁと嬉しくなる。
酒飲みを判ってくれてるなぁ。
蕎麦前を楽しむなら、いきなりポン酒いっとけって気もしたが、ビールの銘柄は何を置いてるか訊いたらサッポロラガーがあるとのことだったので思わず注文してしまった。

さらしなさらしな

ビールを飲みながら蕎麦前の品書きをじっくり眺める。
よりどりみどり。

さらしな

あっさりと、辛味大根じゃこおろし、そばみそ。
それぞれ300円、200円という安さが嬉しい。
これはもう日本酒にシフトせねば。

さらしなさらしな

剣菱。
力強く、うまい。

さらしな

フロアは、この時間帯は若い男子が一人で担当しているようだった。
この若者が、ちゃんとした蕎麦職人になるため大将から教えを請うて懸命に頑張ってます、といった真面目さが伝わってくる雰囲気があった。
別に注文以外の会話を交わしたわけではないが、そういう気がした。
なんとなく、そういうのって伝わってくる気がしない?

大将は、客席で蕎麦を手繰っていた。
まかないで、きっと毎日のように食べているんだろうけど、蕎麦好きだから飽きたりしないんだろうなという風に、美味しそうにズズっと蕎麦をすすっていた。
蕎麦馬鹿、という風情であって、いい光景だなと感じた。

さらしなさらしな

さて、蕎麦前を楽しんだので、蕎麦を食おう。
屋号は「さらしな」だが、そこまで蕎麦は白くないね。
俺には十分に美味しい蕎麦だったよ。
……だいたい俺は、そんなに蕎麦にうるさくはないんだよ。
蕎麦前が楽しめるかどうか、ということのほうが俺には大事だ。
だから自分を蕎麦マニアだとは思っていない。

さらしな

ここは昼から酒を飲めるだけでなく、カフェ的な使い方も推奨してるみたいだね。
ま、昔から蕎麦屋は甘味処でもあるって側面があるよね、だから正しいな。

この店、実に良いな。
蕎麦と丼のセットを出す特徴のない店かと見縊っていて、俺は愚かだった。
人が蕎麦屋に求める、あらゆるニーズを満たそうとする店だったんだ。
なにより、蕎麦前と酒の品揃えが充実していて通し営業であるという点が俺にとって素晴らしい。
俺が求めていた理想の蕎麦屋だと思える。

↓「食べログ」での店舗情報

さらしな 赤坂店そば(蕎麦) / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事
福岡【そば・うどん】【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

博多駅DEITOS『ほろよい通り』に新たな店がオープン「ニューコマツ」福岡市博多区博多駅中央街

表題通り、新しくオープンした店があると知って、立ち寄ってみた。
博多駅DEITOS『ほろよい通り』での店舗の入れ替わりは2017年4月に行われたばかりという記憶で、しばらくは動きはないと思ってたから虚をつかれた感があったが、まぁ新しい店は気になる。

ニューコマツニューコマツ

「ニューコマツ」という店。
以前この場所にあった「驛亭」とは全然違う、小綺麗に洒落た店だ。

ニューコマツ

オープンは2017年7月7日、七夕だね。

店先で若い店長さんが通りすがる人に声をかけ、積極的に集客に励んでいた。
俺が立ち寄ったのは月曜の昼時、たいがいの人は酒よりランチを求める時間帯だろうから、『ほろよい通り』自体にそうまで人は多くなかった。
店長さんに案内されカウンター席へ。
こちらは立ち飲みではない。

ニューコマツ

オープン特典として、かち割りスパークリングワイン450円が半額とのことで、それを注文。
半額は7月14日17時までとのこと。

ニューコマツ

しっかり食事もできそうなフードメニューのラインナップだ。
大名と今泉にCOMATSUという店を展開していて、それが博多にも進出したとのことなのだが。
うーんCOMATSUって知らんなぁと思ったが、あとで確認したが大名の店舗ってプラザホテルプルミエ1Fのコマツプルミエのことなんだな。

ニューコマツニューコマツ

うん、それなら知ってるし何度か利用したな。
なるほどそれでバル的なメニュー構成なわけか。

酒メニューも、ひととり揃う。
ハイボールにサントリーオールドすなわち“だるま”使ってるの珍しいな。
“コマチュー”ってなんだ、と思ったがコマツのチューハイってことだな。

ニューコマツニューコマツ

だるまハイボールと、わさび枝豆。
ジョッキにプリントされた変なイラストが妙な味わい。
後客で女性二人組とかカップルが来店し、料理を何品もどかどか注文してたので、なんか枝豆だけで肩身が狭いな。
いや実際に肩身が狭いってことは全然なくて、笑顔の可愛らしい女性スタッフがウェルカムに対応してくれた。

ニューコマツニューコマツ

厨房を細長く取り囲むようにしてカウンターが配置されてるんだな。
テーブル席も少しあり、そちらは立ち飲みのようだ。
カウンターにもテーブルにも、荷物をかけるフックが設置されているし、足元には荷物置きが準備されている。

ニューコマツ

タバコが喫えて有り難い。
そして席に設置されているのは荷物かけのフックだけでなく、コンセントもあって充電どうぞと案内されている。
フック、荷物置き、灰皿、コンセントと、なかなかホスピタリティを感じるなぁ。
あと、トイレが超近くて便利。

今までの『ほろよい通り』とは、ちょっと違う客層を呼び込みそうな予感があるね。
駅ビル的にも、そういう思惑があるのかな。
俺も嫌いじゃないが、若い人たちに人気の店になる気がするよ。

↓「食べログ」での店舗情報

ニューコマツバル・バール / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

【残念ながら閉店】「驛亭」が博多駅DEITOSでのフェイバリット

<追記:2017年07月10日>
残念ながら、撤退してしまった……。
博多駅DEITOS『ほろよい通り』で、一番好きだったんだけどな、ダラっとした空気があって。

この春、2017年4月に『ほろよい通り』で何軒かの入れ替わりがあって、「驛亭」は変わらず健在で良かった、と思っていたのだが。
もうしばらく店舗の入れ替わりはなくて、しばらく安泰だよなと思っていたのだが。

基本的に、同じ店に行ったことを俺はいちいちブログに書かないんだよね。
書かないけど、けっこうしばしば行ってたのよね「驛亭」。

残念だなぁ。

<初回投稿:2014年10月04日>
博多駅でハシゴ酒、3軒目。
JR九州フードサービス株式会社が展開する立ち飲み屋(椅子もある)。
うろ覚えなんだが、昔は駅構内でなく外、郵便局側に吉野家と並んであったような記憶がある…が、定かではない。
まぁ、いい。今に生きる。

DEITOSの『ほろよい通り』にあるの中で、此処がいちばん落ち着くかも。
なんか、いい感じに“うらぶれ感”を楽しめる気がする。
大賑わいの「よかたい」の喧噪も好きだが、此処の“くたびれ感”が楽でいいかも。

DEITOS驛亭:外観

入ってすぐは椅子がある。
だいたい常連とおぼしき高齢の方がキープしてる気がする。
特に座りたくはないし、その辺りは空間的に窮屈なんで、立ち飲む。

DEITOS驛亭:立ち飲み

立ち飲みエリアは壁がなく開放感あり、というかすぐ傍を人が往来する。
此処は喫煙可の店であり遠慮なくタバコを喫うわけだが、マイング「よかたい」の場合は一般の駅利用客が行き来する通路に面しているので通路傍での喫煙をためらうが、此処の場合は『ほろよい通り』であるので、遠慮しない。

酒もアテも、おしなべて安い。

DEITOS驛亭:メニュー

ただビールは好きな銘柄ではないので、此処ではポン酒を飲むことが多い。
花の露370円、徳利と猪口でくるので嬉しいです。

DEITOS驛亭:酒とつまみ

かんぱちのゴマ和え320円也をポン酒のお供に。
うーむ、これだけあればもう満足、な絵面だわ。

10時から開いてて、まったり昼酒できます。
立ち飲みエリアにはテレビがあって、特に興味もない番組を眺めつつ独り昼酒を楽しむのがオススメかと。
どうでもいいが、テレビが据えられた壁の直下のカウンターでテレビを見上げて飲んでる客がしばしばいるのだが、首が痛くなるんじゃないかと要らん心配をしたりする。

閑散とはしていないが盛況ではない、ほどよく落ち着いてボケっと飲める。
けっこうポン酒に合う安いアテが揃う。
トイレへのアクセスが良い(笑)、と使い易い要素が多くてDEITOSでの最近のお気に入りです。

↓「食べログ」での店舗情報

驛亭 博多デイトス店立ち飲み居酒屋・バー / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事
【昼酒】【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】博多駅

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)