タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店
福岡以外の九州・沖縄の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (712)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (7)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (23)
大阪市中央区 (13)
大阪市浪速区 (8)
大阪市西区 (2)
大阪市此花区 (1)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (6)
大阪市西成区 (13)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (17)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (11)
福岡市博多区 (104)
福岡市中央区 (179)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (18)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (20)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
沖縄県那覇市 (13)
沖縄県浦添市 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)
ウイスキー (0)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

なにはともあれ炒めたキャベツって美味しいよな「中華万来」福岡市赤坂

<追記:2018年08月08日>
今年の夏も「中華万来」で冷やし中華。

中華万来

なんか具材が変わってるな2016年の画像と比べると。
ハムに加えてチャーシューまで乗ってて、豪華になってるな。
そしてキュウリ&キュウリではなくなってる。

相変わらず盛り付けは無骨だが、美味しくいただきました。

<追記:2016年06月14日>
無骨な焼きビーフンをいただいた、この中華料理店。
夏になって冷やし中華がはじまったら、食べてみたいと思っていた。

はじまってました。

店頭の黒板で、本日のオススメとして案内されてたんだよ。
冷やし中華と半チャーハンのセットで900円。
うん、そんなには食べないね、冷やし中華だけでいいね。
つーか、冷やし中華とチャーハンって合うのか?

そんなわけで冷やし中華を単品で注文しました。
待つこと、しばし。

中華万来

これまた、第一印象は無骨だなぁ。
そして、キュウリ&キュウリ!って感じ。

食べてみると、うまい。
酸味、甘味が、力強い。
麺はツールツル。
うん、いいよね、と納得できる冷やし中華650円でした。

<初回投稿:2016年05月06日>
福岡市中央区赤坂は、そこそこオフィス街な感じもあるのでビジネスマンのランチ需要を満たすための飲食店もそこそこあるわけですよ。
そんな店のひとつ、けっこう古くからやってそうな中華料理店「中華万来」を利用してみた。

中華万来

フツーのビジネスマンのランチタイムから大きくズレた16時ちょい前、こんな時間帯にも開けていてくれて助かる。
こんな時間帯なので店内ノーゲスト。
店の前に配達用かなってカブが停めてあるのがステキ、と思ったが観察してみると荷台にカゴを設置してあるんで買い出し用かもしれないし、カブじゃなくてメイトかもしれないしバーディーかもしれない……が、まぁ細けぇことはいいんだよ。

中華万来

店頭の黒板に、今日のおすすめ。
ふーむ、焼きビーフンか。
焼きビーフン……そこそこ長い俺の人生の中で、能動的に食った覚えがあんまりないな、焼きビーフン。
しかしまぁ、なんか野菜が摂取できそうだよね。
炒飯とか食いたい気分ではあったが、それでは炭水化物と脂質しか摂取できない気がする。
焼きビーフン、いいかも。

店内はいってすぐ、カウンターのユニークな形状が楽しい。

中華万来

コーナーが大きくラウンドしていて、昭和オシャレな感じがあるなぁ。
せっかくだから、その湾曲してる辺りに座る。
そしておもむろに焼きビーフンを注文。

オヤッサンが調理してくれる間に、店内を観察。

中華万来

ああ、床材もクラシカル。
奥の、いかつい業務用空調も味わいが。

中華万来

メニュー構成的には、飲める中華料理屋って感じではないな。
あくまでメシを食うための店か。
あ、焼きビーフンできあがった。

中華万来

はい、これね。
第一印象として、これってほぼ炒めたキャベツだよね、っていうインプレッションね。
しかも焦げてるよ、そこかしこのキャベツが。
いやまぁ実際は、キクラゲとかニンジンとかピーマンとか、豚肉もちょっと入ってましたよ。
でも概ねキャベツだね。

と、正直なところ初見で少しガッカリしたのだが、食ったらうまかった。
炒めたキャベツって美味しいものだよね〜!
ラードで炒めたらうまいんだよね、ってことでしょうねこれは中華料理屋だし。
ラードと調味料、たぶん全部の料理に使うんじゃないかなって想像する鶏ベースのスープストック的なもの、それと炒める技量。
そういったものが結実した炒めたキャベツって、美味しいよね。

ところで、主役であるはずのビーフンですが。
茹で上げてあって、炒まってはなかった。
そういう料理だっけ焼きビーフンって。
俺の認識では、具材とともにビーフンも炒めるものだと……いや今までの人生で能動的に焼きビーフンを食った覚えがないので自分の認識に自信はないんだけども。
うーん……まぁキャベツがうまかったから、いいか。

この店の調理はグッドだなと感じたので、“冷やし中華はじめました”やってくれるのを待とうと思いました。

↓「食べログ」での店舗情報

中華万来中華料理 / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事
福岡【中華料理】

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

炎天下の西九条で辿り着いて救われた「天春」大阪府大阪市此花区

初めて訪れた西九条は、高架下に魅力的な飲食店が軒を連ねていて昭和の残像かと思わせる素敵な光景だった。
が、日曜の午後、営業している店は限りなく皆無に近かった。

炎天下でダラダラと汗を流しながら彷徨って、味わい深い佇まいの中華料理屋さんに辿り着いた。

天春天春

良い感じに古びた「天春」という店。
ガラガラっと引き戸を開けてすぐの席に、とりあえず座った。
しばらく炎天下を歩き回っていたから、まず空調された屋内で座って落ち着きたかった。

天春天春

俺の好みの感じに古くて雑然としているなぁと店内を眺めて人心地ついたタイミングで、こっちのほうが涼しいですよと別の席を案内してくれた。
この店にベストにマッチしているな、こういう店はこういう人たちがやっていて欲しいなという理想形のような老夫婦が営業なさっている店で、オジイサンが涼しい席を案内する声をかけてくださった。

天春天春

まずはビールと、併せて餃子を注文した。
“ビールは大きいほうでええ? もう開けてもうたけど”とオジイサンがビールを出してくれて、ああ小さいビールもあったんだなと思ったが、いやぜんぜん大きい方でかまわない。
餃子が焼きあがるまでにとツマミを小皿で出してくれた。
餃子は300円と安いのだが、けっこうボリュームがあるもので、美味しかった。

天春

ひととおり注文がさばけると、オジイサンとオバアサンは並んで客席に座って店内のテレビで流れる旅行バラエティ的な安組を眺め始めた。
番組を見ながら“これすごいなぁ”とか“そんなとこまで行きよるんか”とか、仲良く会話をしていた。
そういうのを小耳にはさみながらビールを飲んでいると、外を歩いていて感じていた暑さの辛さも和らいだ。

天春

もう少し飲もうと、今度は小さいビールをと注文した。
ビール瓶を並べると親子ビールの様相で楽しい。

天春

品書きに冷やし中華があったので注文。
今季初の冷やし中華になったな。
彩り良くキレイに盛り付けられていたし、ツユは甘酸っぱくて美味しかった。

とても良い店だなと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

天春中華料理 / 西九条駅千鳥橋駅野田駅(JR)

大阪【中華料理】

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

おおらかな気持ちになる庶民中華料理店「千里」福岡市中央区唐人町

唐人町の商店街から明治通りの方へ入った路地にある中華料理店「千里」。

千里

なんともいかにも“町の中華屋”って風情に惹かれた。
店先のメニュー案内に“冷麺”とあったので、ああ冷やし中華の季節だなぁ食いたいなぁと思った。

しかし餃子にビールってのも良いなと、まずビールは何があるか訊くとアサヒスーパードライとのこと。
じゃあいりません、と注文を断った。
とにかくアサヒスーパードライを好まない客がいるということを、あちこちの店でアピールしていく。
(このブログを放置しまくっていて久々の再開となるが、アサヒスーパードライが嫌いだということは以前の通り執拗にアピールしていく)

キリンが良いと言うと、缶ならあるとのことで注文した。

千里

そしたらビールじゃないものが出てきた。
だが、うん、まぁキリンなのは間違いない……。
キリンがいいという要望を聞いてくれたわけだし、感謝して飲む。
しかしビールと餃子という気分は失せてはしまった。

では冷やし中華を食おう。
冷麺と表記はしてあるが、ここは中華の店だから冷やし中華に違いないだろうと“冷やし中華ください”と注文した。
冷麺と書いてはあっても冷やし中華だったり本当に冷麺だったりと店ごとに“揺らぎ”があるのは経験で知っているので確認の意味を込めて“冷やし中華ください”と注文したわけだ。
しかし、紆余曲折があって、最終的に出てきたものは最初に思い描いたものとは別物だった。

千里

中華焼きそば、的なもの。
ま、いいや。
美味しくいただきました。

“いや、そうじゃなかったんだけど……”というのを連発で食らったわけだが、まったく腹立たしくなんかはない。
お顔立ちから大陸のご出身ですよねという女将が一人で切り盛りしていて、その母上であろう婆様が客席でテレビ番組を眺めていた。
庶民的というか、生活の延長のような気取りのなさもあって、なんかもういろいろ許せる気持ちになる店。

千里

なんかもういろいろ、どうでもいいじゃないかとさえ思えた。

↓「食べログ」での店舗情報

千里中華料理 / 唐人町駅大濠公園駅

関連記事
福岡【中華料理】

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement



家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)