タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (82)
食べ飲みした店 (620)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (10)
福岡市博多区 (88)
福岡市中央区 (160)
福岡市南区 (5)
福岡市城南区 (4)
福岡市早良区 (11)
福岡市西区 (1)
福岡県糟屋郡 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (19)
福岡県大牟田市 (19)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (8)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

たまに禁煙の店舗があるが此処は喫煙できる「ウエスト 舞鶴店」福岡市中央区舞鶴

福岡市に住む者には馴染み深い「ウエスト」は、安定と信頼のチェーン展開うどん屋さん。
あちこちにあって、フラっと立ち寄れる。
「ウエスト 舞鶴店」に、夏の暑い日にフラっと。

ウエスト 舞鶴店ウエスト 舞鶴店

安定と信頼と書いたが、たまに禁煙の店舗があるので重度喫煙者の俺には油断できない。
たとえば「ウエスト 天神北店」は確か禁煙だった。
だから入店して席に着く前に、タバコを喫えるか店員さんに確認するようにしている。
ここは大丈夫だった。

ウエスト 舞鶴店

まずビール。
うどん屋だが、うどん目的で利用することはなくて、17時からの居酒屋使いが目当てなのだ。

ウエスト 舞鶴店

ビールのおともに、ちくわ磯辺揚げ。
これが提供される時点でビールは飲み干しかけているので、次の展開を考える。

ウエスト 舞鶴店

日本酒。
そして日本酒のアテを考える。

ウエスト 舞鶴店

旨煮鶏冷ぶっかけ、か。
これの具材をアテに日本酒を飲もう。

ウエスト 舞鶴店

さらっと日本酒を飲み干し、そばをすする。

うん、安定のウエスト。

↓「食べログ」での店舗情報

WEST 舞鶴店うどん / 赤坂駅天神駅大濠公園駅

夜総合点-

関連記事
福岡【そば・うどん】【飲み屋・居酒屋】

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

【もう好きじゃなくなった】素敵に安い立ち飲み屋が新たにオープンしたぜ「立喰そば酒場すじ一」福岡市中央区大名

<追記:2017年08月31日>
初心を取り戻して、椅子を撤去しているのかもしれない。
そう思って店の前まで行って、様子を窺ってみた。

立喰そば酒場すじ一

椅子は、しっかりある。
それどころか、以前の簡易的なプラスティックのものでなく、立派な椅子になっていた。

もう、“立喰そば酒場”って名乗るのやめろよ。

<追記:2017年08月27日>
もう好きじゃなくなった。

ま、予想はしてたが椅子を置きやがった。

立喰そば酒場すじ一

(2017年07月24日撮影)
もはや椅子完備って感じ。

何度でも言うけどな。
立ち飲みだから安いってのを解らず椅子を求める客は民度が低い。
客の求めに応じてコンセプトを変える店は志が低い。

立喰そば酒場すじ一

提灯の”立呑み酒場“って文字が泣くぜ。

<初回投稿:2017年06月21日>
最初に言っておく。
この店、ここ数年ってスパンで、新しくオープンした店の中でトップクラスに俺にとってプライムに大ヒットだ。

「立喰そば酒場すじ一」。
中央区役所の向かい、シャンポール大名の1階に2017年06月19日オープン。

立喰そば酒場すじ一立喰そば酒場すじ一

そば好きだし、なにより酒が好きだし、立ち飲みってのがこれまた好きな俺だよ。
俺にとって嬉しい要素が詰まってる店ってわけだよ。
オープン当日、勇んで駆けつけたね。

立喰そば酒場すじ一

おっと店に入ると、まず食券制だわ。
あらあら企業系飲食店っぽくシステマティックで、ちょっとガッカリかも?
一緒わずかに落胆しかけたが、いやそれは杞憂だった。
食券マシーンでメニューと金額を確認して、品揃えは完全に飲み屋のそれであり、そして、安いぞ。

立喰そば酒場すじ一

とにかく、まずビール。
生ビールはサッポロ黒ラベルだよ、わかってるじゃないか。

ビールで喉を潤して落ち着き、店内を眺める。
品書きの短冊がズラズラと、という俺は好きな光景。

立喰そば酒場すじ一立喰そば酒場すじ一

安い、酒のアテが安いぞ。
そして、ここは天ぷらも出してるのかと気づいた。
そば、酒、天ぷらかよ。
スゲーな、おい。
パラダイスかよ。

さて店の利用法としては、まず食券を買う。
それをカウンター越しにスタッフに手渡すと半券が戻り、品物の用意ができると呼ばれるから半券と引き換えに商品を受け取るというもの。
そして、カウンター傍には俺の好きなショーケース。

立喰そば酒場すじ一

残念ながら自分で手に取るのではなくスタッフが渡してくれるのだが、ショーケースに小鉢なんか並んで鎮座している様子が好きなので、よい。

立喰そば酒場すじ一

最初にビールのお供としたのは、店先の看板でアピールされていた牛すじ煮込み。
看板には“名物”なんて書かれてあったが、オープンしたての店で名物もあったもんじゃねぇなと思いつつも、これ190円かよっていう安さの喜びとともに値段以上の満足も得られる一品だったよ。
牛すじ煮込み190円、これって税込だよ。

立喰そば酒場すじ一

しめさば200円、これまた嬉しい安さ。
そのくせ、卓上に用意された調味料は、そこはかと高級志向。

立喰そば酒場すじ一

卓上と書いたが、それは立ち飲みテーブルのことで、ひとつの島に6人くらい立てそうなものが店内に3つだか。
あと壁に向かった立ち飲みカウンターがある。
壁に向かったほうには、俺としては残念だが椅子が用意されていた。

立喰そば酒場すじ一

椅子を利用していたのは、ジジィたちと、オバハンとオッサンのカップル。
ちっ、しかたねぇなジジィとかオバハンとかオッサンってのはよ、と思ったよ。
立ち飲み屋なんだよ、立って飲めよ。
店も店だよ、椅子なんざ用意すんなよ、とも思った。
が、ジジィとかオバハンが帰ると、フロアのスタッフがそそくさと椅子を片して隅っこに重ねた。
よし、いいぞ。
あくまで立ち飲み屋なんだという基本スタンスを大事にしてるんだよな。

そう、それと店のスタンスとして、ここは喫煙オーケィだ。
全面的に喫煙可だ。

立喰そば酒場すじ一

いいぞ、素晴らしいな。

さてビールを飲んだらポン酒にシフト。
ぜんぜんたいしたことのない紙パック日本酒であると目視確認したが、いいよそれで。
税込280円だし。
気の利いた徳利と猪口で提供してくれるしね。

立喰そば酒場すじ一

ポン酒には和らぎ水が欲しいが、それもマシーンで注ぎ放題だよ。
調子にのって、ポン酒おかわりだ。
よしアテも追加しよう。

立喰そば酒場すじ一

黒板メニューを見ると、刺身もいくつかあるのか。
うむ、それもいいな、それもいいが天ぷらにしよう。
屋号からして、そばが食えるし酒が飲めるというのは予想がついたことだが、天ぷらというファクターはまったく予想外だったので、なんかプラスアルファな要素があって得した気がしたので天ぷら食いたい気持ちになったのだ。

立喰そば酒場すじ一

納豆いなり天120円、出し巻き天100円。
イロモノっぽい二品を注文してみたが、嬉しい裏切りの美味しそうな品。
そして、けっこうなボリューム。
なんかもうこの二品とポン酒だけで、ずっとやっていけそうな頼もしささえ感じた。
で、食ったら想定外に美味しいのよ。
そしてしつこいようだが、120円も100円も税込価格という安さだぞ。
すごくすごい費用対効果。

立喰そば酒場すじ一

オープン初日の店内は、順調な滑り出しと思える賑やかさ。
近所のサラリーマンであろう団体が調子にのって何倍も飲んでいた。
いいぞサラリーマン、この店のために金を落とすんだ。

もうね。
まだ一回しか行ってないけどね。
いい、いいよ「立喰そば酒場すじ一」。
すんごい気にいったよ。
まずなにより、安いよ。
東京の上野の立ち飲みくらい安いよ。
あ、スタッフに推定東南アジア系男子が多いのも上野っぽいかも。

そば、立ち飲み、安さ、天ぷら、と好きな要素ばかりじゃないか。
あ……そば食ってないわ。
うん、そばはな……高かったわ。
酒やアテが安いから、かけそば380円くらいかなって予想したら、なんか高かったわ。
だから食ってないわ、そば。

でもいいよな。
俺は立ち飲み屋として大好きになったよ「立喰そば酒場すじ一」。
また繰り返し言っちゃうけど、ここ数年スパンでの大ヒットだよ。

↓「食べログ」での店舗情報

立喰そば酒場すじ一そば(蕎麦) / 赤坂)

夜総合点-

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【立ち飲み】【そば・うどん】

テーマ:立ち飲み - ジャンル:グルメ

ここが俺の求めていた蕎麦屋かも昼間から蕎麦前を楽しめる「さらしな」福岡市中央区大名

蕎麦屋で昼から酒を飲む……それは男の憧れ。
と、断言してしまうのは、あまりにも主観的で傲慢だよね、別にそんなの興味ないよって男性諸氏も世の中に多数存在するだろう。
俺に限って言えば、蕎麦屋で昼間っから蕎麦前を楽しめる店を、ずっと探していた。
蕎麦文化圏ではない福岡(うどん圏です)では、それはなかなか難しいと感じていた。

が、“青い鳥”はすぐ近くにいたんだよね。

さらしな

大正通り、福岡市営地下鉄空港線赤坂駅の近くにある「さらしな」という蕎麦屋。
ここは勤務先のすぐ傍で、以前から何度も店の前を通っていた。
朝はいつも、出汁を仕込んでいるのであろう良い香りがいつも漂っていた。
ああ、いつか寄ろうと思いつつ、なかなか立ち寄ることがなかった。

勤務先へ向かう朝は、まだ開いてないし。
昼は外食をすることが、ほとんどない。
帰宅時には晩になんており、俺が蕎麦屋に求めるのは昼間からの蕎麦前なので、惹かれない。
そんなこんなで、1年半ほど素通りを繰り返していたんだよね。

が、ある日、ここって昼から飲める店なんだと知った。

さらしな

店先の置き看板に“昼酒でき〼”って書いてあるじゃないか。
そうだったのか。
俺はてっきり、周辺サラリーマンのランチ需要にターゲットを絞った営業スタイルだと想像していて、昼下がりには中休みをするタイプの店だと思い込んでいた。
違ったんだなぁ。

さらしなさらしな

そんなこんなで、勤務のない日に勤務先の近所まで蕎麦飴を楽しむために来た。
店先にはメニューのサンプルが並んでいて、品書きも掲示してある。
よく見ると、酒のアテになるメニューがいっぱいあるし、日本酒もズラリと。

さらしな

店に入ると空いていて、独りだがテーブル席に座らせてもらう。
平日の15時台だから、まさにランチのピーク後でアイドルタイムだ。

さらしな

まずビール。
赤星だよ、なんだこれ、これはもう完全に昼飲み客を意識してくれてるんだなぁと嬉しくなる。
酒飲みを判ってくれてるなぁ。
蕎麦前を楽しむなら、いきなりポン酒いっとけって気もしたが、ビールの銘柄は何を置いてるか訊いたらサッポロラガーがあるとのことだったので思わず注文してしまった。

さらしなさらしな

ビールを飲みながら蕎麦前の品書きをじっくり眺める。
よりどりみどり。

さらしな

あっさりと、辛味大根じゃこおろし、そばみそ。
それぞれ300円、200円という安さが嬉しい。
これはもう日本酒にシフトせねば。

さらしなさらしな

剣菱。
力強く、うまい。

さらしな

フロアは、この時間帯は若い男子が一人で担当しているようだった。
この若者が、ちゃんとした蕎麦職人になるため大将から教えを請うて懸命に頑張ってます、といった真面目さが伝わってくる雰囲気があった。
別に注文以外の会話を交わしたわけではないが、そういう気がした。
なんとなく、そういうのって伝わってくる気がしない?

大将は、客席で蕎麦を手繰っていた。
まかないで、きっと毎日のように食べているんだろうけど、蕎麦好きだから飽きたりしないんだろうなという風に、美味しそうにズズっと蕎麦をすすっていた。
蕎麦馬鹿、という風情であって、いい光景だなと感じた。

さらしなさらしな

さて、蕎麦前を楽しんだので、蕎麦を食おう。
屋号は「さらしな」だが、そこまで蕎麦は白くないね。
俺には十分に美味しい蕎麦だったよ。
……だいたい俺は、そんなに蕎麦にうるさくはないんだよ。
蕎麦前が楽しめるかどうか、ということのほうが俺には大事だ。
だから自分を蕎麦マニアだとは思っていない。

さらしな

ここは昼から酒を飲めるだけでなく、カフェ的な使い方も推奨してるみたいだね。
ま、昔から蕎麦屋は甘味処でもあるって側面があるよね、だから正しいな。

この店、実に良いな。
蕎麦と丼のセットを出す特徴のない店かと見縊っていて、俺は愚かだった。
人が蕎麦屋に求める、あらゆるニーズを満たそうとする店だったんだ。
なにより、蕎麦前と酒の品揃えが充実していて通し営業であるという点が俺にとって素晴らしい。
俺が求めていた理想の蕎麦屋だと思える。

↓「食べログ」での店舗情報

さらしな 赤坂店そば(蕎麦) / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事
福岡【そば・うどん】【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)