タベノミー

食べたり飲んだりする日々の、あれこれ。
福岡を中心に、関西や関東の飲食店(主に飲み屋)紹介も。ゆるゆると。

エリア別・記事タイトル一覧

福岡県の店
熊本県の店
九州で昼から飲める店
角打ち
関東の店
東海の店
関西の店

【広告】Advertisement


最近書いた記事


カテゴリ

あれやこれや (76)
食べ飲みした店 (530)
東京都北区 (9)
東京都豊島区 (8)
東京都新宿区 (11)
東京都杉並区 (1)
東京都台東区 (13)
東京都葛飾区 (3)
東京都墨田区 (1)
東京都江戸川区 (1)
東京都千代田区 (11)
東京都港区 (6)
東京都品川区 (1)
東京都大田区 (1)
横浜市神奈川区 (2)
横浜市西区 (1)
横浜市中区 (12)
横浜市南区 (6)
神奈川県川崎市 (2)
千葉県船橋市 (3)
栃木県宇都宮市 (2)
名古屋市北区 (3)
名古屋市西区 (1)
名古屋市東区 (1)
名古屋市中村区 (3)
名古屋市中区 (5)
名古屋市熱田区 (1)
大阪市淀川区 (2)
大阪市旭区 (1)
大阪市都島区 (9)
大阪市北区 (16)
大阪市中央区 (7)
大阪市東成区 (3)
大阪市天王寺区 (5)
大阪市浪速区 (3)
大阪市西成区 (12)
大阪府東大阪市 (4)
大阪府堺市 (4)
大阪府岸和田市 (3)
大阪府泉佐野市 (2)
京都市中京区 (2)
北九州市小倉北区 (10)
北九州市八幡西区 (5)
福岡市東区 (4)
福岡市博多区 (73)
福岡市中央区 (107)
福岡市南区 (3)
福岡市城南区 (1)
福岡市早良区 (6)
福岡市西区 (1)
福岡県春日市 (2)
福岡県大野城市 (1)
福岡県筑紫郡 (1)
福岡県久留米市 (16)
福岡県大牟田市 (18)
福岡県朝倉市 (2)
佐賀県 (1)
熊本市中央区 (62)
熊本市西区 (9)
熊本市東区 (7)
熊本県八代市 (3)
熊本県山都町 (1)
各地(チェーンとか多店舗) (16)
買ったり作ったり (71)
見たり読んだり (7)
ヒライ (16)
ジョイフル (6)
記事タイトル一覧 (7)

月別アーカイブ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設

割った鍋


STATEMENT

当ブログはInternet Explorerでの閲覧には対応しておりませんし、対応するつもりもありません。Internet Explorerをご使用の方は、今すぐ考えを改め、他の優れたブラウザをお使いになることを推奨します。自由なクリエイティビティの発展のために、Internet Explorerを使うことをやめましょう。


KEEP CALM AND DRINK ON

割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示

食べたり飲んだり、飲んだり。This is タベノミー。

【広告】Advertisement

太平燕が売りのようだが昼から妙なノリで楽しく飲める「舞ゆ~みん」福岡市博多区冷泉町

ある日、地下鉄祇園駅の辺りを歩いてて、張り紙が目に止まった。

舞ゆ~みん

ほーん、昼から飲めるのか、そりゃいい。
いつか立ち寄ってみよう、そう思ってから意外とすぐに4日ほど過ぎて立ち寄る機会が訪れた。

舞ゆ~みん

「舞ゆ〜みん」という店。
地下鉄の祇園駅至近だが、住所的には冷泉町なのねここ。

ところで、過日に歩いていて張り紙に目が止まったのは、昼から飲めるという内容だったらでもあるが、屋号によるところも大きい。
「舞ゆ〜みん」ってさ、なんかすごく“昭和”なセンスだな、と感じて。
読んでみて“マイユーミン”って響きなのも昭和なら、“舞”は感じで“ゆ〜みん”は平仮名でってのも妙に昭和で。
しかも“ゆ〜みん”って、“ー(音引)”じゃなくって“〜”なのも妙なセンスだなって。
なんかこう、昭和の昔の田舎のスナックみたいなセンスだなってのがツボにはまって、改めて訪れてみたいと思っちゃったんだよね。

店舗は、外観からしてスナック居抜きのようである。
で、内装もスナック然としているのであった。

舞ゆ~みん

そして当然のように、ママさん然とした女性がやっている店なのであった。
フレンドリーなママさんで、昼下がりにスナックっぽくウェルカムに迎えてくれた。

舞ゆ~みん舞ゆ~みん

晩酌セットってのがあって、まだ昼だけで注文できるか訊くとオーケィとのことで、それで。
もっとも店としては太平燕、ちゃんぽんが売りのようなのだが、俺は昼酒を目的として来ているのでスルー。
まずはビール、小鉢にマカロニサラダだったか、それと唐揚げ。

舞ゆ~みん

あ、上の唐揚げ画像は小皿にわけたもので、実際はこんなに少量ではなかったよ。
このとき同行者があったのだが、ママさん交えてクロストークが弾みつつ、ママさんオススメのアテなど注文しつつ。
ポン酒も置いてあるとのことで、玉子焼きとポン酒を楽しむ。

舞ゆ~みん舞ゆ~みん

昼下がりではあるが、先客もあり後客もあり、いずれも酒を飲みに来た常連のオッサン。
まったく昼から(こう言っちゃ失礼だが)場末のスナックの空気で、なかなか楽しい。
なんかこう、まったく気取りのない店だ。

あ、スナックっぽくはあるがカラオケは設置してないようなので、それは騒がしくなくて助かる。

客の酒を相手をしながらも、ママさんは太平燕は自慢のメニューだと推していた。
だから、気分によっては締めに太平燕を食ってもいいかもしれないな、と少し思っていた。
が、意外にもママさんは最終的に、おにぎりを推してきた。
よい米を使ってて、よい水で炊いて、うちのおにぎりは美味しいよ、と。
あら、そうくるか、太平燕はいいのかと思いつつも、おにぎり注文してみた。

舞ゆ~みん

うん、美味しかったよ。
なんも奇をてらったところのない、ただ普通におにぎりだが、確かに美味しかった。

太平燕&ちゃんぽん推しの店で、グビグビと酒を飲み、おにぎりを食った。
楽しく過ごせた。
なんかこう、妙に良い飲み屋だなって思ったよ。

エリア的に普段の行動圏はないので次に立ち寄ることはあるかどうか、ってところではあるが、きっとまたフラっと立ち寄りそうな気がする店だなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

舞ゆ~みんレストラン(その他) / 祇園駅呉服町駅中洲川端駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:昼酒 - ジャンル:グルメ

アルザスのワインと料理とランチはカレーという店だった「ラ シゴーニュ」福岡市中央区平尾

<追記:2017年05月26日>
営業情報の補完。
ランチ営業をしていて昼からビールを飲めるのは土曜だけとのことですわ。
その辺、俺の認識が誤ってたようなので訂正しますわ。

ラ シゴーニュ

今日、店の前を通りすがって、開いてないなぁ昼の営業やめたのかなと思った。
が、この店を教えてくれた友人によると昼やってるのは土曜だけだよ、とのこと。
そうだったのねー。
昼の営業、毎日だと思い込んでた俺のバカ。

<初回投稿:2017年03月08日>
平尾か、ふむふむと場所を調べもせず西鉄平尾駅方面へ歩き出しました。
いや違う、そっちじゃない。
感覚的には西鉄薬院駅から川沿いに歩いてちょっとってロケーションだね、住所的には平尾だし平尾1丁目交差点のとこにあるんだけどね。
ちなみに最寄駅で言えば、地下鉄薬院大通り駅からも西鉄薬院からも西鉄平尾からも、同じくらい歩くって感じ。

ラ シゴーニュ

「ラ シゴーニュ」って店に行ってみたのです。
なんかオサレな屋号で、俺には縁のない店かって感じだが昼から飲める店だと友達に教えてもらったので。

ラ シゴーニュラ シゴーニュ


行ってみると、これはビストロなのかなって佇まいであり表の黒板では料理がアピールされており。
あれ〜、なんか飲めそうな雰囲気じゃねぇなと、たじろぐ。
アルザスワインとアルザス料理、とか書いてあるしなぁ。

ラ シゴーニュ

が、黒板をよく見ると“安心して飲める店”なんて書いてあるよ。
このフレーズ、「酒一番」かよって、ちょっと背中を押されたね。
よし、飲めるんなら突入だ。

空間の印象は個人経営の喫茶店みたいなコンパクトさ。
土曜の昼時、なかなか盛況。

カウンター席の隅に陣取ると、カレーでいいですか、と訊かれた。
へ? カレー……そういや店先に鳥のヌイグルミだかがホワイトボードをぶらさげてカレーを案内してたな。
そして先客はほぼほぼカレー食ってる様子であった。
なるほど昼時はカレーを食いに訪れる客がほとんどということか。

俺は酒を飲みに来たので、生ビールをお願いした。

ラ シゴーニュ

ヒューガルデンの生、ハーフパイント。
レモンのスライスがのってるんだなぁ。

目の前にはプレッツェルとかの入った瓶がいくつか並んでいて、その中のひとつに惹かれた。

ラ シゴーニュラ シゴーニュ

瓶にグラッパって書いてあり、店の人に訊くとグラッパがはいったウイスキーボンボン的なものだと。
ひとつお願いした。
やわらかいチョコの中にグラッパたっぷりで、これはなかなかインパクトがあったな。
酒に強くない人だったら、1個で酔っ払いそうなアルコール濃度って感じ。

ほどなく友達と合流し、ハイボール飲みつつ談笑。

ラ シゴーニュ

グラスに白州のロゴがあるが、角のハイボールだよ。
友達はチキンとポテトの盛り合わせたの食ってたが、たいそうな物量。
やっぱこう、食いものメインの店なんだねぇ。

ところでこの店、かつて大手門で隠れ家的な店として一部で有名で俺も好きだった某店をやってた人が店長なのだ、という情報を友達から聞いていたのだ……が、そういうことには触れず。
あの頃は、あの頃。

それはそうと、この店は禁煙です。
店先の歩道の植え込みに吸い殻入れが用意されてる。

ラ シゴーニュ

まぁ、俺の求めるタイプの店ではなかった。
それは俺が酒しか求めてないし重度の喫煙者だからであり、店が悪いわけではぜんぜんない。
いやむしろ、ここを知ってると一目置かれるってタイプの店だとも思うよ。
ワインとかカレーとか好きな人は行ってみるといんじゃないかな。

↓「食べログ」での店舗情報

ラ シゴーニュビストロ / 薬院大通駅薬院駅西鉄平尾駅

関連記事
福岡【飲み屋・居酒屋】【昼酒】

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

日本酒好き歓喜の試飲放題イベントに行ってきた「天吹酒造」佐賀県三養基郡

友人にお誘いいただき、佐賀県三養基郡みやき町「天吹酒造」の『春の大試飲会』に行ってきたよ。

天吹酒造天吹酒造

佐賀と久留米の境目あたりは日本酒の酒蔵が密集してるのよね。
そんで城島の蔵開きは、もうけっこうビッグなイベントになってるわな。
それとは違う、ちょっと穴場的なイベントということになるんだよ「天吹酒造」の『春の大試飲会』。

住所的に佐賀県ではあるが、福岡からのアクセスはJR久留米駅からバスで、ってのが便利だろうね。
バスの本数はそう多くないが、所用時間は15分くらいかな、料金は260円くらいだっけ片道。
県道沿いに、いきなり在るという感じで酒蔵が佇んでいる。

天吹酒造天吹酒造

その外観から受ける印象は“佇んでいる”という風情だが、『春の大試飲会』だってんで大勢の人が訪れていた。
この日を楽しみに、各地から酒飲みが集結したって感じね。

天吹酒造天吹酒造

会場に入る前に、ひょっとしたら中は完全禁煙かもしれんと思い人気のないところでタバコを喫って(携帯灰皿常備)戻ったら、なんかけっこう並んでたね。

『春の大試飲会』は午前の部と午後の部にわかれて行われており、午後の部に参加した。
やっぱ、みんな午前から飲むのはいろいろアレだしってんで午後の人出のほうが多かったのかな?

天吹酒造天吹酒造

もちろん目当てはポン酒を飲むことだが、酒蔵を訪れるってのも楽しみだったわけで。
趣がある建物だよなーと思ってたら、有形文化財なんだなー、なるほど納得(浅い感想だな)。

天吹酒造天吹酒造

母屋には物販とか展示があって、中庭を抜けて蔵へと通じる。
中庭と蔵の中が試飲会の会場になる。

天吹酒造天吹酒造

立ち飲みテーブルが、それはもうたくさん用意されており、何組もの酒飲み達が思い思いに酒を飲む。
食べ物の持ち込みは、可というか推奨で、いろんな酒のアテをいろんなグループが用意していた。

天吹酒造天吹酒造

一升瓶でたっぷりの和らぎ水が、蔵から提供された。
水がたっぷりって嬉しいわ。

天吹酒造天吹酒造

中庭、蔵の中の各所に試飲ブースが設営されており、それぞれに5種類ほどのポン酒が振舞われる。
それでトータル30種くらい、味わいの違った酒を飲めたな。
だから、使う米は同じなのに精米具合が違うとこんなに味が変わるのかってのを気付けて楽しい。
そりゃ知識として知ってることだが、実際に飲み比べて実感できるのは面白いよね。

それにしても、いい感じに酔いにまかせて酒蔵の中をうろうろできるって妙な感じだし愉快だ。
貴重な体験。
こういう楽しさ盛りだくさんなイベントなのに、参加費1,000円という破格。
なんて、なんて有難いんだ。

あ、中庭に喫煙スペースがあったので俺的に救われたことも付け加えておこう。

日本酒好きには歓喜のイベントだ。
そして、イベント規模が、まだそこまで大き過ぎないのも快適。
『春の大試飲会』は毎年おこなわれるので、来年もまた行きたいと強く思ったな。

「天吹酒造」佐賀県三養基郡みやき町東尾2894 佐賀【酒蔵】

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

 | ホーム |  »次の記事

【広告】Advertisement


食べ飲みした店の分類

ブログ内検索


最近のコメント


つぶやいてます

【広告】Advertisement





家飲みにはこれ 毎日飲める安さとウマさ!

リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)